ケンタッキー2日目を美味しく食べるには「レンチン」「トースター」どちらがいいのか検証してみました!




スポンサードリンク

2017 09 30 13 30 44 2

2日目のフライドチキンをなるべくクオリティ高く食べたいので「レンチン」か「トースター」で温めるという行為に及ぶ人は多いとおもいます。

我が月見家では月末に28日はケンタッキーへ赴いて「とりの日パック」を購入するのですが、夫婦二人だとどうしても食べきれない。そんな時に二日目のフライドチキンを温めることになるです。

そこで、いつも思うのですが「レンチン」と「トースター」ってどっちがおいしく食べれるんでしょうか?

今回は「レンチン」と「トースター」で両方でフライドチキンを温め比べて観たので、比較レビューを行います。


スポンサードリンク

とりの日パックについて

端的にいうと1380円のパックが28日に限り1000円で買えちゃうというものです。

2017 10 01 1719

以前はクリスピーだったのですが、ナゲット5個に切り替わっています。これは僕の中ではナイス変更だと思っています。

クリスピーってオリジナルチキンと味や感じが似ているので組み合わせとしてよくなかったんですよね。

とりの日パックを知らないという人はこちらの記事もどうぞ。「28日「とりの日」はケンタッキーへ!ドライブスルーの待ち時間を検証してみました。」以前ドライブスルーの待ち時間を検証したのですが、案外待たずに帰るので、とりの日パックはおすすめです。

それでは「レンチン」と「トースター」で温めて観ましょう。

今回はオリジナルチキン2個とチキンナゲットを4個をそれぞれの方法で温めていきます。

2017 09 30 13 32 18 2

やはり日が経ったケンタッキーはしっとりとしています。

2017 09 30 13 32 24 2

このベタッとした部分をどちらの温め方の方がより上手くできるのかが今回の比較どころです。

それぞれを皿に分けてレンチンの方はラップで巻いてから温めます。

2017 09 30 13 33 42 2 2017 09 30 13 34 27 2

すでにトースターにかけた方がうまくできそうな予感がプンプンとしてきます。

2017 09 30 13 38 33 1 2

この時点で二つの温め方の違いとしては、トースターの方が油の出方が綺麗です。ちょっとずつ皮の上に鳥の脂が乗っていきます。

レンチンの方も脂がしたたり落ちるのですが、水分と相まってちょっとベチャッとなりました。

それではそれぞれ食べていきます。

左がレンチン、右がトースターで温めたものです。

2017 09 30 13 43 14 2

先ほども話しましたが、レンチンの方がやはりべちゃっとした仕上がりになりました。

2017 09 30 13 43 24 1 2

脂というよりは水分で皮がふやけているような感じです。

反対にトースターの場合は水分が飛んでいい感じなっています。

2017 09 30 13 43 27 1 2

それぞれを食べてみます。

レンチンの方はしっとり感がいい感じ。

食べてみて思うのは外は少しベチャッとしていますが、中身の肉の部分がすごくしっとりとしています。

2017 09 30 13 44 21 1 2

とても食べやすいです。

2017 09 30 13 46 54 2

ナゲットに関しても中がしっとりとしています。ナゲットは皮の部分も全然ベチャベチャではないのでレンチンがかなりいいですね。

カリカリ感は当然トースター。

カリカリ感を望むのならば間違いなくトースターを推します。

2017 09 30 13 44 46 2

画像の見た目からもわかるようにトースターは皮目がかなりカリカリとしています。オリジナルチキンの旨味をしっかりと活かせています。

ただ少し残念なのが中身の肉がパサパサとしてしまうところです。

レンチンは全体的にしっとりとやわらかく食べれるのですが、トースターは中身が少し硬いイメージです。

これはナゲットにも言えることで、外側がパリッとして中身が少しパサっとしています。

パサパサすぎるほどではないですが、しっとり感はレンチンに分がありそうです。

まとめ

結局のところ「レンチン」と「トースター」どちらで温めた方が美味しいかについてですが、僕は以下の結論を出しました。

中身までしっとりと食べたいなら「レンチン」外側をパリパリで食べたいなら「トースター」

同じく温めただけなのですが、温める方法によって全然違いがあります。

あと、温める時間についてですが、レンチンはものの数分で温まりますが、トースターの場合はじっくりと5分〜10分程度の時間がかかります。

サクッと温めたい場合も明らかにレンチンの方がオススメです。

ちなみに僕は今後しっとりと食べたいなと思うので、「レンチン」でやっていこうと思います!

最後に言えること。

こういう比較をやっている人はあまりいないと思うので、ニッチなところですが需要があるのかなと思います。

以前「丸亀製麺のてんぷらお持ち帰り術!ただうどんを食べるだけのお店ではなかった。」当記事で丸亀の天ぷらをトースターで温めたのですが、こちらは油分が綺麗に飛んでカリカリで食べれたので美味しかったです。

基本的にカリカリで食べたい時はトースターだなと思います。

一度お試しあれ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

28日「とりの日」はケンタッキーへ!ドライブスルーの待ち時間を検証してみました。

2015.11.03

丸亀製麺のてんぷらお持ち帰り術!ただうどんを食べるだけのお店ではなかった。

2016.02.06

丸亀製麺の「野菜天」の正しい食べ方を俺が教える。

2016.02.02




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter