自由に生きたいなら「仕事時間を自分でコントロール」できるようにすることが大切。




スポンサードリンク

2017 10 15 20 45 33

自由になりたいと考えている人へ。

僕は人生で自分の時間が一番大切だと思っています。これは結婚する前と後でも特に変わっておらず、むしろ結婚してからの方が「自分の時間」を意識するようになりました。

これは僕だけでなく、現代に生きている人は今「お金よりも時間」を大切にする人が増えてきています。

その時間を自由にできることは「自由に生きる」ということにつながってきます。そのためには仕事の時間コントロールを自分で行えるようにすることが大切なのです。


スポンサードリンク

本当にワークライフバランス取れていますか?

ワークライフバランス」という言葉を最近よく耳にするようになりました。これは仕事と生活の調和と訳され、仕事と生活のバランスを取ることで、仕事にも私生活にも充実した時間を、という意味合いです。

仕事に偏りすぎるとストレスから健康を害します。これはもう何年も前から言われてきたことですが、残業などの悪しき慣習は未だに多くの会社で働く人はやっています。

ある調査では、一日仕事がある日の自分時間と残業時間では平均すると、自分時間が3時間程度残業時間が2時間程度だと回答があったそうです。

自分の時間が3時間、これを多いと思いますか?少ないと思いますか?

一日は24時間です。朝起きてから一日が始まるとして、朝から自分のために本を読んだり、映画を見たりする時間を確保している人は少ないでしょう。

ほとんどの人が仕事のための準備をし、そのまま出社します。そのあとは定時の18時くらいまでは仕事をして、それから残業が2時間。

仕事が終わるのが20時、それから家に着くのが21時くらいでしょうか。ご飯を食べ、お風呂に入って22時ぐらいから自分の時間。そして深夜1、2時に就寝。そうすると自分時間を3時間も確保できれば御の字という感じがします。

しかし、僕はこの3時間はかなり少ないと思っています。

1日3時間だと映画を1本見れば終わりです。本も1冊読めるでしょうか。テレビもバラエティ番組を2、3本見れば終わりです。

自分の人生を自分時間だけで生きるとすると、24時間中3時間、つまり約12%しか自分の時間を生きれていないのです。

僕らの世代は年金や退職金などに期待があまり持てないでしょうから、死ぬ直前まで働き続ける人が多いでしょう。この12%は会社で働き続ける限り起こりうる可能性があります。自分の人生の8割以上は自分の時間としてではなく過ごしていかないといけないんです。

ほとんど他人の時間の中で生きている。

と考えると、自分の人生ってほとんど自分ではない誰かのために時間を使っているんだということがわかります。

これってめちゃくちゃ嫌だなー。と僕は思うんです。

できれば、2〜3倍に増やしたいとこですよね。

寝る時間が7時間、仕事が定時で9時間だとすると残る時間が8時間。ご飯を食べたり、お風呂に入ったりする時間。さらに通勤時間などを加味するとどうしても無理が出てきてしまいます。

つまりこの自分時間を劇的に伸ばすには、サラリーマンでは無理ゲーだということがわかります。サラリーマンというより正社員という雇用形態では無理。

正社員ではなくパートになることのメリットを考えてみました。」でも書いていますが、お金も時間給での仕事にし、色々な種類の仕事をした方が増えます。

仕事は分割することで時間もお金も増えます。

すでに僕は「看護師」「ブログ」「ライター」としての三つの仕事をこなしていて、本業の残業はできる限り抑えて、バランスを取ってきました。

今は比率的に、本業とその他の仕事の収益の関係が=になっています。

つまり、年収がおよそ倍になる計算になります。働いている時間は間違いなく本業の方が長いですが、それはボーナスや仕事の出来不出来に関わらず一定の金額がもらえるメリットもあるので簡単に「安い」とは言えません。

しかし、今後の展望として、本業の仕事時間を減らし、副業にリソースを割いて収益を伸ばすことが重要だと思っています。そうすることで、収益と自分時間が今以上に確保できると思います。

理想は本業4時間あとはその他の仕事で、稼ぐのが理想です。

そう考えるとやはり正社員というところにメリットを感じないんですよね。最終的にはフリーランスとして働くのが理想だと僕は思っています。

仕事時間をコントロールしやすいのは、やはりフリーランス。

ブロガーやライターのフリーランスとして働くことのメリットは、時間の自由がきくことにあります。特に昼の時間帯を自分で仕事を振り分けることができるのが、素晴らしいメリットです。

例えば、定時というものが無いので、朝4時間仕事をして、昼間は自分の好きなことをする、間で2時間働いて、寝る前に2時間働くなど一日の全体で8時間働くことを割り振りができます。

極端な話、今日は4時間働いて、翌日に10時間、翌々日に10時間という風に時間配分だって可能です。これは働き方の理想ですよね。

自分時間を確保するためにはまず、仕事時間を自由にコントロールできることが大切です。そのためには「正社員」という働き方では無理なんです。

さらに極論は言えばお金を自分で生み出すことで、時間もコントロールできるようになります。「自分でお金を生み出すってことをやると人生は開けてくる。」こちらの記事でも書いていますが、自分でお金を産めるようになることも、自由に生きるということには大切なことです。

結論としては正社員の働き方はやめて、フリーとして働けるようにいかに働き方を考えていくのかが大切だということです。

自分時間を確保するために今、本気で働き方を考えていきませんか?

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

仕事の評価は「お金」ではなく「時間」で還元する方が今のニーズに合っていると思いません?

2017.09.30

ブログを始めて2年。毎日を最適化していく中で僕がお金を時間に変えた4つのこと。

2017.04.20

お金で時間を買うのか、時間でお金を買うのか。

2016.09.03




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter