夏フェスの服装で注意するところはこれだ!フェス前に必ず準備しておこう!




スポンサードリンク

2017 08 11 16 26 56

夏フェスに初めて行く人は特にみておいて欲しい「夏フェスへの服装」についておすすめをまとめておきます。

「どんな格好していけばいいの?」

と疑問に思っている人がこの記事を読めば、安心できるようにしてあります。

夏フェスに行く時の参考にぜひしてください!


スポンサードリンク

夏フェスに参戦するにあたってのポイント

まずは夏フェスに初めて行く人のために、夏フェスというものがどんなものなのかを説明しておきます。

基本的には屋内型と屋外型の2つのタイプのフェスがあります。

屋内型のフェスといえば4大夏フェスティバルSUMMER SONIC(サマーソニック)などが有名です。

屋内型は直射日光を直接浴びる機会が少ないのでフェス初心者にはおすすめです。しかし、基本的には屋外型の夏フェスというものの方が多いです。

FUJI ROCK FESTIVALROCK IN JAPANRISING SUN・九州ではNUMBER SHOTなどが有名です。

これらは天候にもよりますが、かなり暑いです。

さらに、屋外の場合は砂や土などの埃が舞っているのでかなり汚れます。前日や当日に雨が降ったりすると泥だらけということもあるので、汚れるというところは注意すべきところです。

夏フェスに適した服装!

それでは夏フェスに参戦する上でおすすめの服装をご紹介します!

Tシャツ

当たり前ですが、Tシャツは必須です。

2017 07 17 07 57 10

昼間から参戦予定の人は1枚と言わず何枚か替えを用意しておくことをおすすめします。

というのも夏フェスというものは尋常じゃないくらい汗をかきます。それが夕方になって日が陰ってくるとその汗を吸ったTシャツが冷たくなって風邪を引き起こす可能性があります。

現地でフェスT買うのもいいですが、替えを持参するならネットとかで変える無地Tシャツで十分なのでいくつか持っておくと便利です。

速乾性インナー!涼しく着れる一工夫。

ユニクロ|AIRism(エアリズム)」や「GU DRY(ジーユードライ)」などの速乾性や通気性に優れたインナーはかなり使えます。

Tシャツを何度も変えるのが面倒な人は汗の乾きやすいインナーを着て参戦するのもありです。

Tシャツ単体だとすぐに汗だくになるので持っている方はぜひどうぞ。GUの方は800円ぐらいから買えると思うので、数枚持っていってもコストがあまりかかりません。

アームカバー

半袖のTシャツで行こうと思っている人はぜひアームカバーを検討してみてください。

というのも炎天下のフェスで暑さと同時に注意しなければならないのは日焼けや熱中症です。

一瞬で日焼けするのでそれなりの対策をした方がいいと思います。

熱中症に関しては別記事に熱中症対策グッズのまとめ記事を書いているのでそちらも一緒にご覧ください。

熱中症対策!夏フェスに必ず準備しておきたい便利グッズをまとめた記事!

2017.08.02

長袖パーカー

アームカバーが嫌な人は薄手のパーカーをお勧めします。

「暑いよ!」と思っている人は逆ですよ、長袖にしていた方がすごく楽です。まず前腕部分の日焼けを防げますし、直射日光が避けれるので暑さを軽減できます。

UVカットパーカーなどはユニクロやGUから色々と出ているので比較的薄手で日光から守ってくれるパーカーは安価に購入できます。

Amazonとかでも売ってます。

ジャージっぽいのが特に吸水速乾が効くのでお勧めです。

ハーフパンツ。

ハーフパンツはフェスの定番中の定番ですね。

2017 07 17 07 54 23

僕は「ディッキーズ」のハーフパンツをおすすめします。

コットンだけじゃなくてポリエステルなども入っているので、生地も強くなってます。

フェスは基本的に野外なのでこういう生地の強めのタイプのハーフパンツがおすすめです。

ハーフパンツの下にレギンス

無地ものもありますし、

柄物もあります。かなり派手に見えますが、実際はハーフパンツの膝下以降なので好みのものを見つけてみるといいかもしれません。

これも結局日焼け対策としてハーフパンツの下に着ている人は多いです。

最近は男の人も結構履いています。日焼け止めは必須なのですが、こういうのでカバーしておくと塗る範囲が少なくて済むので楽です。

帽子も必須!

何気に忘れがちなのが帽子。

色々なタイプがありますが、僕は360度守れるアウトドアタイプのハットをおすすめします。

ブランドはいくつかありますが、僕は嫁とお揃いでコロンビアのものを持っています。

探すとおしゃれでカラフルな色合いの帽子も見つかるので自分の好きなものを探してみてください。

靴はスニーカーか軽めのブーツ。

ライブの前の方に行くと必ずもみくちゃになるので、靴は汚れてもいいスニーカーか軽めのブーツが必須です。

たまに夏だからという安直な理由でサンダルで来る人がいますが、ライブのモッシュ以外でもかなり狭いところに密度がすごい状態で人がいますので、靴というのは前提だと思います。

下手すると爪が損傷することもあるので気をつけておきましょう。

雨の日のフェスであれば合成ゴムなどを使ってあるブーツの方がいいかもしれません。

雨は避けたいところですが、天候というものはどうしようもありませんのでこういう準備も必要です。

雨といえばレインコートもお忘れなく。

レインコートはポンチョ型を着ている人が多いと思います。

これは天気予報で雨じゃなくてもバックに忍ばせておいて損はないです。

山場であるフェスなどは天候が変わりやすかったするので、ぜひ一枚は用意しておきましょう。

靴下の替えも忘れずに。

案外忘れがちなのが靴下の替えです。

2017 07 17 07 55 39

靴下も汗まみれになります。こちらはTシャツほど気にする必要もないのかもしれませんが、靴下も替えを持って行くことをおすすめします。

やはり汗だくの衣類って気持ち悪いですからね。

まとめ・最後に言えること。

ということで僕がフェスに行くときに必要だと思う服装のまとめです。

準備を色々と考えると物が多くなります。しかし、備えあれば憂いなし。特に炎天下の中の夏フェスはちゃんと準備をして行くことをおすすめします。

それでは夏フェス参戦予定の方の参考になればと思います。

是非一度お試しあれ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

夏フェス熱中症対策グッズもお忘れなく。

熱中症対策!夏フェスに必ず準備しておきたい便利グッズをまとめた記事!

2017.08.02

ナンバーショット(海の中道)シャトルバスの乗り場・待ち時間について。

2017.07.28

若手ロックバンドの新しい登竜門。SNSで音が拡散するマスオナイトが熱い。

2016.05.04




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter