等しい教育や研修が必ずしも必要ではない。仕事場で行われる意味のない研修について。




スポンサードリンク

2017 02 27 18 53 50

会社で行われる研修において、社員全員に一斉に行われる研修があると思うんだけど、これって必要なのかなと思う。

研修の内容がどうというわけではないんだけど、同じ環境で等しい教育が必要なのかと問いたい。


スポンサードリンク

学びは等しく平等である意味はない。

会社全体に行われる研修で下手すると入社3年目の社員と入社20年目の社員が全く同じ研修を全く同じ環境で受けることだってあると思うんだけど、明らかに経験値に差がある2人がその研修を受けていないという理由だけで盲目的に同じ環境にいれられて勉強することにすごく違和感を覚える。

なんのためにやっているのか全くわからない。

もしどちらかに学びがあったとしても多分偏りが出るし、すごく能率が悪いと思う。

というより、入社3年目と20年目に必要な研修が同じであるわけがない。

もしその20年目の人に入社3年目に必要な研修が必要であるということはその個人に問題があるだろうし、そんな問題がある人がその研修を受けても生産的な結果を生み出すことは難しいと思う。

選択式ならまだしも、押し付けられる研修をやっている会社はセンスがない。

10個のうちから自分が学びたいと思うものを選択する研修であれば、経験年数などは別に関係なく意味がある。そこには能動的に選んだという事実があるから。

しかし、会社全体に押し付けのように行われる研修に意味があることなどほとんどない。

もしそこで結果が出せる人は、そもそも自頭がいいか能力の高い人なので自ずとそういう人は力をつけていく。

むしろ、そういう人は自分で選んで学びを深めていくのでそちらの方がすごく効率的に能力アップしていけるだろう。

最後に言えること。

研修というものは自分で選びとってやれる人じゃないとほとんどの意味で成果を出さない。

そんなことするよりもそのリソースを割いて本を読ませた方が何10倍も効果的だと思う。

嫌々研修を受けさせるよりも、会社のお金で一冊の本を本人に能動的に選ばせて読んでもらう方がその辺のくだらない研修よりも充実している。

それでも会社はやってしまうんだよね。無駄なお金を割いて勉強会や研修をもちろん意義のあるものもあるけど、数%じゃないかな。

企業のよくやっている新人研修なんかもひどいものが多い。

言えるのは同じ箱に目的の違う人たちをとりあえず詰め込んで行われる研修は何も意味がない。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。