熊本・西区役所にて時間外、土・日・祝日でも婚姻届を入手する方法。




スポンサードリンク

婚姻届とは

婚姻届(こんいんとどけ)は、正式には婚姻届書(こんいんとどけしょ)といい、法務省の地方支分部局である法務局の戸籍課が管轄する行政機関への書類である。

婚姻届 – Wikipedia

結婚契約書とでもいいましょうか、これだけ愛のあるものでもwikiの手にかかれば味気のないものに変わってしまいます。

日本ではこれを書かないと結婚できないということらしいのですが、僕は土・日・祝日休みの仕事なのでなかなぁ役所に取りに行くことができません。

しかし、どうやら婚姻届なるものはそんな人のために時間外でも土・日・祝日でも、大雨の日でも、ちょっと頭がおもい朝でも、飲みすぎた次の日でも、24時間365日いつでも取りに行けるというのです。

時には融通の利かないお役所も結婚に関してはなぜか寛容という部分に疑問を感じつつも、日曜日にやってきました

2015 06 20 11 59 07

西区役所


スポンサードリンク

スポンサードリンク

婚姻届がもらうためには夜間受付へ

これは知っている人も多いと思いますが、婚姻届の提出も24時間365日いつでも受け付けています。どうやらその夜間受付にて婚姻届がいただけるみたいなんですね。

てか、西区役所おしゃれやな!

西区役所の瀟洒な外観はデニムの後ろポケットにでも入れといて、一応正面玄関に果敢にも向かいます。

2015 06 20 11 55 58

あ、開かない。

当然です。この日は日曜日開いているはずもありません。

2015 06 20 11 55 43

な、なんと、受付時間の欄に注目。

24時間ではない。

あとあと調べたのですが、一部の出張所などでは24時間対応していないところもあるみたいです。西区役所がどういう位置付けなのかはわかりませんが、24時間対応ではないみたいですね。

提出の時はそれぞれの場所の受付時間を調べていくことをおすすめします。

ということで本題に戻りますが、張り紙によると警備員室なるところに行けとのこと。

正面の玄関にむかって左に回り込んだところにあるのですが、

2015 06 20 11 58 33

受付感ゼロ

これはわかりにくいですね。

もともとは警備員室なのでしょうがないとは思いますが、もうすこし張り紙なりしてもらわないと肝っ玉の座り場所が全く定まっていない僕は右往左往してしまいました。

と思っていると申し訳なさそうに

2015 06 20 11 58 24

張り紙がありました。

もう少し主張しようよ!

と心のなかで叫びながら入り口に向かうと、中から職員の方が出てきてくださいました。

私の右往左往ぶりにしびれを切らしたのだと思います。

2015 06 20 11 58 18

多分正常な入り方はインターホンを使うのだと思います。

2015 06 20 11 57 04

中に入るとこんな感じで本当に警備員室で婚姻届をいただくことができました。

とりあえず、本懐は達成できましたのでめでたしめでたしです。

おわりに

結構わかりづらかったのですが、場所さえわかればすぐに目的は達成できます。

婚姻届は2通もらったほうがいいと思います。間違える可能性がありますし。

結構各項目多いですし2通は必須です!

それでは、時間外で婚姻届をもらいに行かれる方は参考していただけると嬉しいです。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter