後悔したくなければ再春館へ!今年絶対に行っとくべき熊本のイルミネーション!




スポンサードリンク

熊本のイルミネーションの代表格「再春館ヒルトップ」ドライブスルーで行けるイルミネーションとして県外からもかなりの人たちが見にくるこのイルミネーション何ですが、なんと今年で最後とのこと。

やばいやん!

これは見に行かなあかんやん!ということで後悔したくなければ皆さんもお早めに!


スポンサードリンク

再春館ヒルトップでイルミネーションを見る時の注意点。

昔はあんまり制約とかなかったんですが、いまはもう一大イベントとなっている再春館ヒルトップのイルミネーション。ドライブスルーでいけるんですが、いく時の注意点を幾つかまとめておきます。

行ける日は車のナンバーで決められているよ!

◆入場規制(その1)
開催期間において、カレンダー日付による入場規制がございます。
カレンダー奇数日:車のナンバープレート末尾1桁が奇数(1,3,5,7,9)の車のみ入場可
カレンダー偶数日:車のナンバープレート末尾1桁が偶数(0,2,4,6,8)の車のみ入場可
(例)12月25日の場合、奇数日にあたるため、ナンバープレート末尾1桁が1,3,5,7,9の車のみ入場可。(0は偶数に含みます)

再春館製薬所

◆入場規制(その2)
11月21日(土)、11月28日(土)、12月5日(土)、12月12日(土)、12月19日(土)~12月25日(金)【日曜は休園】は 渋滞緩和のため、待機、スタート場所はグランメッセ熊本になります。
グランメッセ熊本への直接のお問い合わせはご遠慮ください。
※グランメッセ熊本に集合の際、入場手続き後に退場された場合、入場手続きは無効となりますため、再度お並び頂く必要がございます。

再春館製薬所

ちょっと公式サイトから引っ張ってきました。入場規制の(1)は結構有名ですよね。簡単に説明すると自分の車のナンバーの最後が奇数の人は奇数の日付の日偶数の人は偶数日にしか入場できません。

つまり、ナンバーが「11−12」だった場合最後の数字「2」が偶数なので偶数の日付にしか入れません。お気をつけを。

次の(2)が結構重要でこの日に行く予定の人はよく確認してから行った方がいいと思います。

別に単純なことなんですが、(2)の中に記載されている日に行く方は集合場所が「グランメッセ」になります、ということなんですね。

整列方法

僕もその初日の日11月21日に行ってきました。まずはこんな感じでグランメッセの駐車場に整列します

2015 11 21 16 42 57 2015 11 21 16 43 06 2015 11 21 16 45 22

当日は16:30から並びが始まります。僕はその時間ちょうどぐらいにグランメッセにINしました。並び始めてから30分(17:00)ぐらいには出発しますのでトイレはこのうちにグランメッセ内で済ませてください。案外時間がないので注意!

入場券とリング

この整列中にパンフレットと入場券とリングが配られます。

この入場券とリングが肝でこれがなければ入場できませんので注意してください。

リングはミラーのところに取り付けます。あのよくアイドルとかのライブとか祭りとかで見かけるサイリウムというやつです。

2015 11 21 16 48 56

入場券は車の前面に配置しないといけません。

2015 11 21 17 00 22

開始10分ぐらいでこんだけ車が並びました。

2015 11 21 16 56 15

いざ出発!

指定の時間に並びで出発していきます。

2015 11 21 17 02 30 1 2015 11 21 17 04 37

南口から出発します。

2015 11 21 17 05 02

ここで一つ注意点!

2015 11 21 17 14 02

結構遠回りして行くんですよね。画像で見てもらうとわかるんですが、結構まだ明るいんです。だけど遠回りして30分〜40分ぐらいかけてゆっくり行くので着く頃には暗くなっています。

あと結構信号やら曲がり角やらが多くないにしても幾つかあります。

アルバイトのスタッフさんが要所要所にいるんですが、出発前のパンフレットをじっくりと見てなんとなくイメージを掴んでください!特に県外の方とかは慣れていない道だと思いますので。

2015 11 21 17 49 52

おっ!やっと見えきてきました!

2015 11 21 17 51 56

とうとうヒルトップ内に!ここで入場の料金を支払います。500円玉を握りしめといてください。

1000円でもお釣りがありますが、やはりあるなら500円玉の方が望ましいかと。

いざ最後の再春館イルミネーションへ!

2015 11 21 17 55 18

車が動いているのでなかなか写真を撮るのが難しいのでぶれているのはご容赦ください。

2015 11 21 17 59 49 2015 11 21 18 05 23

ここの海ゾーンはもう秀逸です。本当に素人(再春館の職員さん)がやったことなのかが不思議でならない。

ここは圧巻です。

2015 11 21 18 07 45

うわー、すごいわこれ。

せっかく行かれる人のために写真は一部に止めときます。しかし見事ですよー。

2015 11 21 18 09 25

月見的(@tuki_mizu)見解

入場者が増えるにつれ注意点やシステムが変わってきております再春館ヒルトップのイルミネーションですが、今年で最後とは少し寂しいものがあります。

最後ということもあり、それだけ混雑が予想されます。以上の注意点が参考になればと思います。

それでは良きイルミネーションを、

月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

再春館の場所




スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter