「coincheck(コインチェック)」で1000円だけ簡単にビットコイン(仮想通貨)は購入する方法!




スポンサードリンク

ビットコインを始めとする仮想通貨への注目が集まりつつあります。

僕も色々と勉強を始めているのですが、仮想通貨って何か怖い。買い方がわからない。という人は多いと思います。

もちろんまだまだ未開拓の分野で今後どうなるのかはわかりませんが、2016年から2017年の間では価値や市場規模がグングンと伸びております。

特に2017年頭から今にかけては約3、4倍に価値が上がっています。

すごい世界ですね。

そんな波にに少しでも乗っておこうと思って僕も恐る恐る仮想通貨を買ってみたのですが、これが意外にも簡単に買うことができたのでその方法をご紹介しておきます。


スポンサードリンク

ビットコイン(仮想通貨)は1000円からでも買える。

正確にいうと1円から買えるのですが、あまりにも低いと値動きしてもあまりわからないのと感覚をつかむことができないので1000円としています。また、取引所によっても買える金額が変わってきます。

僕がよく使っている取引所の「coincheck」は500円が最低条件のラインになっています。

つまり500円から買えるということです。

先ほども言ったように取引所(ビットコインなどの仮想通貨を売り買いするところ)によって最低購入金額に違いがあるのですが、大抵1000円以上で買えます。

お試しでとりあえず買ってみたいという人は1000円ぐらいからの少額の投資で試してみるといいと思います。

取引所に登録して入金しよう!

とりあえずビットコイン(仮想通貨)を買うには取引所に登録する必要があります。

そのときに登録の手続きを行わないといけないのですが、ほとんどのことがネットでできてしまいます。スマホ一個あれば取引所に自分の口座と売り買いできる権利が与えられるわけです。

僕は「coincheck」と「bitFlyer」をメインに取引を行なっています。

どちらも使いやすいですが、サイトのUIなどが多少違うので好みの方でいいと思います。

リンク先からとりあえず自分の名前や住所などを登録してアカウントを作ります。

アカウントの作成方法は普通のネットサービスの登録方法とほとんど変わりません。名前や住所、電話番号などの個人情報とメールアドレスを登録すれば簡単に終わります。

身分証で個人情報の確認が必要となる。

アカウント作るときには大抵身分証での確認が必要になります。

やはりマネーロンダリングなど悪用される可能性もあるので、取引所が個人の情報を確認しておかなければならないためです。

コインチェックの場合は

2017 08 12 15 20 43

こんな感じで免許証の裏表の写真とその写真と一緒に自分の顔などを写して送らなければなりません。

モザイクをかけているのでまるで警察に捕まった感満載の写真となっておりますがw、必要な手続きですのでしっかりとやりましょう!

この確認はオンラインでやるので、通常1時間もしないうちに確認が取れて取引ができるようになります。

取引所にお金を入金する。

さてそれではビットコインを買うために取引所にお金を入金します。

通常の流れとしては取引所にお金を入金→仮想通貨買う→仮想通貨を売る→取引所から自分の銀行口座へ出金という形になります。

それぞれに手数料がかかりますので(一部かからない。)特に出金、入金はなるべくこまめにやらないほうがいいと思います。

将来的には仮想通貨が普通のお金のように使えるようになるのでわざわざ円に買える必要もなくなってくるのかもしれませんが、今はまだ投資して得た利益を円に買えて使うことの方が多いと思います。

僕の場合は余裕資金でしか買っていないので基本的には出金(自分の銀行口座に振り込む)ことはやっていません。

入金する方法にはいくつか方法があります。

2017 08 12 1540

とりあえずトップ画面の左側にあるメニューから【日本円/USドルを入金】を選びましょう。

Pay-easyでクイック入金

面倒臭がりな僕はこれが一番おすすめします。

Pay-easyというのは365日24時間いつでも銀行口座から支払いが行えるシステムのことで、ATMやネットバンキングから簡単に行えます。

ネット環境さえあればいつでもどこでも入金が可能というのがメリットでクイックというだけあって手続きが済めば即時取引所に入金されます。

クイック入金のタブを押して以下のように必要事項を入力する画面が表示されるのでそれに沿って入力するだけです。

2017 08 12 1540 1

入金額50000円で手数料が1000円です。もちろんこの1000円は手数料ですので入金されず支払うことになります。

こういう風に手数料がかかるのでお金を入金するときは細く分けないほうがお得です。

あとは自分の持っている金融機関ごとにPay-easyやり方が違うのでそれぞれの方法でPay-easy決済を行います。

大抵はATMかネットバンキングサービスでお客様番号、確認番号、収納機関番号などを入力すればいいだけなので簡単だと思います。

コンビニ入金

Pay-easyが使えない人はこちらがおすすめです。

2017 08 12 1604

先ほど同様必要事項を記入して手続きすると、決済コンビニを指定するように言ってくるので自分の好きなコンビニを選択して決済番号の取得しましょう。

あとはそれぞれのコンビニに行って端末で決済を行います。

ファミリマート場合はファミポートを使って決済するためのチケットを発行してコンビニのレジで支払いを行います。

ライブなどのチケットを取るときと一緒ですね。

ただし、コンビニ入金の場合は一回299000円までしか入金できないので高い金額を入金する場合はちょっとめんどくさいことになります。

クイック入金の場合は1億までは一気に入れれるので便利です。

銀行振込

こちらはコインチェックからのハガキが家に届き受け取ることでの本人確認が済んだ人しかできないのですが、銀行に振込での入金も可能です。

2017 08 12 17 16 00

【銀行振込】のタブをクリックすると振込口座が指定されているのでそこに振込を行います。

りそな銀行としたの方にスクロールするとSBI銀行と二つ口座があります。

どちらでもいいので指定の口座に振込を行い、コインチェック側の確認が取れれば入金が反映されます。

つまり確認が取れるまで入金に反映されないのでタイムラグがあります。

楽天銀行」とか「住信SBIネット銀行」とかのネット銀行を登録しておくと便利です。

地方の銀行とかだとインターネットバンキングがすごく煩雑だったり使いにくかったりでこういう用の口座を一個持っておくと便利です。

それではビットコイン(仮想通貨)を買ってみましょう!

coincheck」でビットコインを買う方法は大きく分けて2つあります。

一つが「現物取引」一つが「コインを買う」という方法です。

現物取引:取引所でのビットコインの売買。

というのはユーザー同士が板(売り買いのための掲示板みたいなもの)を使ってビットコインを「どのぐらいのレート」で、「どのぐらい買う」というのを指定して買う方法です。

例えば1BTCを100円で買います!という内容を板に表記してそれに対して1BTCを100円で売ります!という人とで売買します。

と行っても基本的にはシステムが勝手に売買をやってくれますので、やることは値段付けと購買量を決めるだけなので簡単です。

これが板というものです。

赤文字=売り板 青文字=買い板

2017 08 12 1500 1

買いと売りの間にいくほどレートが寄って行きます。この中心部からどんどんと売買が進んで行っている感じです。

この画像だと404799で買いを入れている人が一番高額でビットコインの買いを入れている人です。

つまりこの価格よりも少し高い価格で買いを出すと取引されやすいということです。

2017 08 12 1505

その場合はレートに40500円と入れて、注文量を買いたい分だけ入れます。

そして【決済申請】を押せばそれだけであとは勝手に売買をやってくれます。

もちろん、レートを低く設定したり、注文量がものすごく多い場合だとすぐには売買が成立しないため買うことができません。板の場合は売られる量も限定的ということを覚えておきましょう。

すぐに売買を成立させたい場合は次の方法が便利です。

それと現時点でcoincheckではビットコインのみ取引所が使え、それ以外のオルトコインは販売所でのみの取引になります。(2017年8月13日現在)

コインを買う:販売所で即時にビットコインを入手。

トップページの仮想通貨の現在価格が一覧になったアイコンのビットコインをクリックします。

アプリだとメニューバーから【コインを買う】をタップして、販売画面に進みます。

2017 08 13 0936

販売画面にはすでにレートが決められていて、購入量を入力するだけで円換算でいくらかかるのかが合計に出てきます。

2017 08 13 09 34 52
この販売所ではオルトコインも変えてしまうので必ず自分の買いたい仮想通貨が選択されていることを確認しましょう!

「これ販売所の方が簡単じゃないですか?」と思う方もいると思いますが、販売所で購入する場合は板で買うときよりも手数料が乗ってくるので購入価格が相場よりも高くなります。

ちなみに画像のレートは436470のレートの時の板の相場は435400ぐらいでした。

つまり1BTC購入するときに販売所で買う場合は1000円ぐらい高くなることになります。

ちなみにこれは仮想通貨の種類は時期によって変わってくるのでなんとも言えませんが、【コインを買う】で買った方が割高になります。

その代わり販売量にとらわれず、さらに即時にビットコインを売買できます。メリットはあるので使い分けが重要でしょう。

とにかく早く売買したい!というときは販売所でのやり取りの方が速くて便利なわけです。

ビットコイン(仮想通貨)を購入する時のまとめ

ちょっとだけ記事が長くなったので要点をまとめておきます。

・ビットコインを購入するには取引所へのアカウントの登録が必要。
・アカウントの登録には身分証明書での本人確認が必要。
・ビットコイン(仮想通貨)を買うときは取引所の自分の口座へ入金が必要。
・購入方法には「現物取引」か「コインを買う」の2パターンがある。
・現時点で「現物取引」はビットコインのみでオルトコインは販売所でしか売買できない。
・「コインを買う」(販売所)での取引は即時に売買できる一方手数料がかかってしまう。

という感じです。

最後に言えること。

とりあえずビットコイン(仮想通貨)を購入するのはすごく簡単です。

うまくいけばアカウント登録から購入まで1時間かかりません。

それだけ簡単に買えますし、少額から購入できるので気になっている方はお試しください。

仮想通貨は期待が持てる新しい通貨の概念ですが、今後どのようになるのかわかりません。もちろん自己責任で投資にチャレンジしてください。

ただすごく面白い分野なので今から勉強しておくことは個人的におすすめできます。

今回は「coincheck」を使ってビットコインを購入する方法のご紹介でした。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

仮想通貨に関して色々な情報を発信されている方で僕が参考にしている人たちをまとめていますので、興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

ビットコイン(仮想通貨)で参考にしたいサイトやユーザーをまとめてみました。

2017.07.21




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter