イケダハヤト氏の変容ぶりがおもしろい!「年収150万で」の人がいまや年商2000万。




スポンサードリンク

人の変わりっぷりっておもしろいですねー。下手な映画や小説読むよりも人の人生追っていったほうが全然おもしろい。

ぼくがブログを始めるきっかけになった本があります。それがこれなんですが、

ブログ界では超がつくほどの有名人でプロブロガーの「イケダハヤト」氏の著作です。これめちゃくちゃおもしろいんでとりあえず読むのはおすすめします。


スポンサードリンク

年収150万で僕らは自由に生きて行く

著作の「年収150万で、、、」を読んでいると、お金いらないなー。って確かに実感できるんですよ。

本書からちょろっと引用させてもらいますが、

年収150万でも幸せに生きることが可能になってきているのです。年収と幸せは比例しません。お金の呪縛を解きましょう。

たしかに今ってめちゃくちゃ仕事に打ち込んだからって右肩上がりのどんどん年収が増える時代ではないですよね。

僕も看護師しているんですが、看護師って初期の給料高いんですが、伸び率だったり最終的なベースでもらえる給料ってそんなに高くないんですよね。特に毎年ガンガン上がっていくわけでもないですし、残業も多い。

残業代つけれるところは少しでも給料をあげようと頑張って時間単位で働いてもらえる給料を高くしようと考えている人もいます。時間を削ってまで年収をあげようとするのです。

こんなもんはナンセンスだとイケダ氏は言っているのです。

イケダ氏の変容ぶり

この著作を書かれている当時のイケダ氏のブログのPV数は30万前後。でもブログ・書籍・コンサル・講演などマネタイズが色々とあって年収500万程度だったそうです。

これ以上働いて年収をあげたいとは思っていません。その気になれば1000万は稼げると思っていますが(鼻につく表現で恐縮です)、そこまで頑張りたくはありません。稼ぐとその分、税金もたかいですし・・・・・。

と本書に記載あり、しかし今では。

運営報告(2015/10):286万PV、売上213万円。ページビュー数過去最高です! : まだ東京で消耗してるの?

ブログのみの収益ではないですが年商2500万ペースで稼ぎまくっておられます。

てか個人でここまで稼げるんだなー。ブログの可能性ってまだまだありますね。

なぜこんな稼ぐようになったのか

移住がかなりブログのPV数や売り上げに影響を与えているみたいですね。

大都会・東京から、ど田舎・高知に移住して1年。事業規模が3倍になりました。はい、ご唱和ください。「まだ東京で消耗してるの?」 : まだ東京で消耗してるの?

この辺の記事を読んでみると分かりますが、高知に移住して一年でPV数3倍!この変わりっぷりすごいですねー。

書いている記事の内容とかもそうですが、コンテンツの幅が広がっているのは如実に分かります。

ここがフリーランスと兼業ブロガーとの違いでもあるんでしょうね。単純におもしろい。

人間どんどんかわるんですよ。

よくインディーズバンドがメジャーになってから変わったのでなんか聴く気が無くなったとか、売れるような音楽を作っていくようになったとか。ミーハーになったとか聞きますけど、人って簡単に考え変わりますよ?って言いたいですね。

テレビに全然出なかったバンドが10年経ってテレビに出始めたということはよくあります。

CDの売り上げのためかもしれませんし、自分の音楽をもっといろんな人に知ってもらいたいからかもしれませんし、単純に気が向いただけかもしれませんけど人は変わりますし、むしろそこがおもしろいとこなんですけどね。

「この前と言ってることが全然ちがうじゃん」なんて非難する人がいますが、それ無意味だなと。

根っこの信念みたいな、核となる部分はあってそこから多種多様な考えが生まれて人は形成されているんですよ。むしろ10年、20年考えが全く変わらない人のほうが怖いですね。(変わらないことが逆におもしろいこともありますが)

イケダ氏も稼げるようになって考えが変わったと言っています。

年商2,000万円稼げるようになって、考え方が変わりました。 : まだ東京で消耗してるの?

高知にブロガー天国を作りたいので人を雇って色々画策されているみたいですね。将来は温泉を掘りたいとも言っています。

たしか昔に記事に人を雇うのが苦手だとか、下手だとか書かれていたと思いますが、今では高知に人を呼び寄せています。

環境でも人は変わるんですね。いちいちおもしろいなと。

月見的(@tuki_mizu)見解

人って本当おもしろい。イケダハヤト氏のようにどんどん変化を求めている人はほんと1年後には全く別人のように変わっていることもあります。

そして、変わるって悪いことじゃないんですよね。「あの人はコロコロと意見がかわる、、、」なんて言ってないでむしろ意見がかわるぐらい考えているんですよその人は。むしろ変わらないあなたたちの思考停止ぶりのほうが厄介です。

イケダ氏の今後の動向に期待ですね。

記事内の書籍




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter