年間50軒のお店に足を運ぶ僕がカフェに求める3つの事。




スポンサードリンク

2015 09 09 12 00 32

週一でカフェどころか暇さえあれば仕事の後でもカフェに入り浸っている月見水太郎(@tuki_mizu)です。

カフェって落ち着くじゃないですか。最高の環境だとおもいますよ、時にご飯を食べ、時にはドリンクを飲み、時にはスイーツを食べる。そこには一人一人のカスタマーの世界はがあるのです。

とはいえ、やはりいいお店悪いお店というものは存在します。それはカフェがこの世にある事と同じぐらい厳然たる事実であります。

今回週一カフェラーの僕がカフェに求める点を述べていきたいとおもいます!

今から新規開店されるカフェ経営人の一助になればとおもいます。

Tatsuo Yamashita


スポンサードリンク

カフェに求めるもの3カ条

カフェとは落ち着きある空間であり、ドリンクとお腹を満たすランチ。時には夕食だって食べれるんだからという多様性を秘めている飲食場であり、大切なお店なのです。

駐車場がある

これは僕が熊本という世紀末な場所に住んでいるからという部分もありますが、駐車場の有無は地方にとって大きなポイントなんです。

熊本県民なんてコンビニ徒歩5分のところでも余裕で車を使う猛者がいます。コーヒー一杯、タバコ一箱買うのに車です。なんといっても車社会です。

そんな世界で駐車場が無いという店舗は「正気の沙汰ですか!」と叫びたくなります。しかし結構多いんですよねー。これはご注意です。

あと、駐車場が店のどの辺に位置しているのかの位置関係がわかる張り紙なり看板なりをしっかりと明記しておく必要があります。車で通りかかった時にどこに駐車場があるのかわかれば入ったのにというお店は多数存在します。必ずお客さんにわかるように明記しておいたほうが良いとおもいます。

メニュー看板がお店の外にある

ちょっとランチの食べ歩きに慣れているランチャー(ランチを頻繁に食べに行く人(そんな人をランチャーと呼ぶかは私は知らない。))になれば前情報もなしに行き当たりばったりでお店に入ることもあります。

僕なんかはお店の名前だけで決めて入る時もあるくらいです。

そんな時に入り口付近に立て看板あるのはいいですね。こんなの。

2015 05 16 13 05 51

まずこれの利点は立ち止まって店内の様子を伺える。これにあるとおもいます。ランチャー初心者の人はやっぱり入りづらいんですよ。

そういう意味でも看板を立て、お店の前に立ち止まりやすくする必要があります。さらにメニューが書いてあるわけですからそのお店の特色も伝えやすいですしね。

そしてこれは結構こまめにスタイルチェンジ、メニューチェンジしていくことをお勧めします。2、3回きたことがある人は覚えているものです。リピーターを作りたければ日々変化していくことを恐れてはいけません。新作メニューも入れつつ日々進化していってください。

ご飯もののランチメーニューも少しは入れる。

行ったらランチはパスタメニューだけ。これは非常にがっかりします。

もちろんパスタが無性に食べたいランチもあるんですよ。そんな時は何の疑問も持たないわけですが、ちょっとご飯とチキンみたいなちょっと盛りっとしたランチを食べたい時にパスタオンリーランチは避けてしまいますねー。一個でいいんですよ。本日の肉料理ランチみたいな感じで、米とハンバーグみたいな。

これは二人組の場合一人でもご飯が食べたい人がいればそのお店は選択肢から外されてしまいます。

5人ならさらに高い確率で除外されるでしょ。これはもったい無い。

ライス関連メニューも絶対必要です。

できれば電源・WiFiを

ランチタイムを過ぎたカフェはドリンク主体に成るでしょう。そうするとノマドワーカーたちがわらわらと電源を求めてやってきます

長く居座られるとこまる!なんて意見もあるでしょう。

しかし、何も電源を使うのはノマドワーカーだけではありませんよ。今の時代小学生から大人までみんなスマホを持っています。なので電源があるカフェで充電ついでにドリンク飲もうなんて人がいるとおもいます。

そして余程のことがない限り店が満杯いになることはないでしょう。

なので少しでも集客、売上に繫げるためにも電源・WiFiは是非導入していただきたい。

特に電源ですね。特に熊本は電源カフェは非常に少ない。ドトールやスタバなどのチェーン店はまだしも、個人で出店しているカフェなんかはほとんどついてない状況。だからノマドワーカーはスタバに行っちゃうんですよ。

熊本で出店している個人経営カフェの皆様電源を設置してみて、さらに外の立て看板などに表記してみてください。必ずやノマドワーカーやスマホ充電層のお客が増えるとおもいます。

なんだったら、充電器の貸し出しまでやっていいと思います。

ノマドに限らず仕事でPCもった普通のサラリーマンも今はたくさんいます。そんな人たちのオアシス的なカフェを作ってみてください。必ず成功すると思います。

月見的(@tuki_mizu)見解

簡単にですが、僕が最近のカフェ事情で嘆いてきた部分を3か条として上げされてもらいました。

どれもこれも当たり前で単純なことなんですが、できていないお店たくさんあります。折角おしゃれで落ち着くお店なのに近くに駐車場がなければ行く頻度は極端に少なくなるでしょう。

そしてあまりにもおしゃれさを求めすぎて入りにくくなっているカフェありません?考えるべきはお客さんですよ。

他にも語り作れないほど憤りを感じていることはあるのですが、僕はカフェが大好きなのです。ブログを始める以前よりカフェが大好きなのです。

そのためカフェがもっと良いものになれるよう情報提供や考えについて発信していきたいと思います。

それではそれでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\シェアしていただけると助かります。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。