タダでは転ばない!運の悪い1日もブログに書けば1、2も得を生みます。




スポンサードリンク

ついていない1日、ついていない一瞬って誰しもあります。

タンスの角に小指をぶつけたとか、二日酔いで頭がいたいとか、パソコンが壊れたとか。なんでもいいんですが、ついていない1日ははできるだけ避けて生きたいと願うものです。

しかし、僕はブログを始めることでそんなついていない1日に意味を持たせ、また愛することができるようになったのです。ついていない事や運の悪い1日を愛する事が出来たなら、この先の人生もう良き日ばかりになるはずなんですよね。

そんなついていない1日に意味を持たせる方法をご紹介します。


スポンサードリンク

ついていない事には裏返すと困っている人たちが沢山いる事に気づく

運の悪い事に僕は買ったばかりのMacBookが壊れてしまいました。壊れたというかある動作が少しもたつくようになりストレスが溜まるようになった、というのが正確なところなのですが。

通常簡単にスパッと行える動作が、のろのろともたつく時間がかかってしまう事でイライラは募りますよね。

これは非常についていません。しかし、この状況って実は自分以外にも結構起こっている事だったりするんです。

特にPC関連の不具合に対する質問やその不具合に関しての解決法なんかはネットに沢山転がっています。つまり、それだけ困っている人は多い事に気付いたんです。

あれ?これって自分のブログで解決法までの道のりを記事として書けばいいんじゃ?

ということで僕はこのMacBookに関する不具合を記事にすることにしました。

解決方法としては、不具合発覚→ネットで検索→あまりいい記事、解決法が見つからない→アップルケアを利用しカスタマーセンターへお問い合わせ→サポートセンターで問題解決。

となりました。

今までの僕は問題が起こる→問題解決。というこの間の時間がまるまる無駄だったんですよね。しかし、問題解説のプロセスを記事にすることによっていろいろなことを得れることに気付いたんです。

自分が行ったことの備忘録

ネットで解決法の見つからないことは自分で解決方法を模索するしかないんですけど、その結果を僕はいつも忘れてしまうんですよね。しかし、備忘録的に記事にしておけば振り返りができます。また同じ症状が起きても対応できるんです。

これはいいですね。また、ネットにアウトプットすることによって自分記憶にも定着しやすいと思います。

記事が人から見られることによっての収益

ブログは人に見られれば見られるほど収益は高くなります。(もちろん収益化している人限定ですが)自分が困ったことに裏には必ず誰かも同じことで困った人がいます。その人たちに読まれることによってこのブログの収益につながるわけです。

今までの僕は問題が起こる→問題解決の方法を探す→解決という問題を解決するという益しか得ていなかったのですが、これにさらにお金がプラスされることになります。

この時点で僕の付いていない1日、運の悪い1日はお金に姿を変えたのです。

これってすごいことですよね。

タダでは転ばない精神が愛する1日を生みます。

悪いことは必ずしもマイナスだけを生むわけではありません。

それに気づいたときに僕は付いてないことが起こったときに、あっこれブログのネタにしよう!という気持ちの変換を生むことができるようになりました。

単純にお金だけを得ることが目的ではありませんが、モチベーションの一つになっている部分もあります。

僕はブログを書くようになってから、悪いこともいろいろな視点で見ること、また変換することで自分にとってとても有意義な経験になることがわかりました。これも一つの「もののみかた」なんですが、ついてない1日をただ「ついていない」という言葉で終わらせるのは非常にもったいないです。

もったいないと少しでも思ったら、ブログひとつ書いてみませんか?

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter