1日1.5食!体と頭のパフォーマンスを劇的に上げてくれる食事術。




スポンサードリンク

飯は食わない方がパフォーマンス上がります。

以前紹介しましたが、それの応用です。僕は1日の食事を1.5食に抑えています。これがめちゃくちゃ効率が良いのでご紹介します。

食事をすると眠くなる

これ誰しも経験することだと思いますが、食べることで一番無駄なのが消化にエネルギーを取られることなんです。

これが非常にもったい無い。食べると眠くなったり、考えがまとまらなかったり、体がだるくなったりしますよね。それって単純に食べた食物を体が消化するためにエネルギーを大量に消費しているからなんです。

なのでお昼休憩にたらふくんご飯を食べると、午後一番から「眠い」「だるい」となるわけなんです。

だから僕は1.5食を推奨したい

そもそも僕のやっている1.5食とは朝(0)昼(0.5)夜(1)の割合でご飯を食べることなんです。

朝はとってもいいんですが、ご飯なんかをがっつり食べるとやはり体がだるくなります。あまり知られてませんが、お米なんかの糖質類は消化にかなり時間がかかります。

ただ、水分は摂った方がいいので常温の水を500mlぐらい摂取するようにしています。僕の朝は大体これだけです。

お昼の0.5というのは食べ過ぎ無いというところにあります。

僕の場合はスープだけやサンドイッチを少量取ったり、サラダだけ、フルーツだけで済ませることが多いです。

1日を過ごす上でこのお昼をどう過ごすかというのが一番大事だと感じます。水分は十分に摂取しつつ食べ過ぎないというところを目標にしてください。

お昼をしっかり食べないと力が出ない、という方がいますが、これは僕は勘違いだとおもいます。普通に一食取った方が間違いなく、思考能力の低下、体のだるさ、眠さに見舞われることが多いです。

一度試してみてください。お昼からの仕事の動き出しに大きな違いを感じるとおもいます。

1.5食にすると夜ご飯に感謝できる。

夜ご飯は普通に一食摂っても良いです。(もちろん食べ過ぎはあまり良くないですが)

朝・昼を粗食にするとこの夜ご飯が何より楽しく感じます。僕の場合は自炊することが多いのですが、ちょっとした調理にも気合が入ります。

この一食をなるべく美味しく食べようという気概が生まれるのです。

ご飯の一粒一粒に感謝して食が進むのでただの夕食なのに感謝が生まれます。この感覚ってしっかりと3食摂っていると生まれませんよ。

そして、本当に食事が美味しく感じます。

月見的(@tuki_mizu)見解

多分日本人は豊かになって平気で朝・昼・夜と多すぎるぐらいの食事を摂っています。それに慣れてしまって感じないんでしょうが、少々食物を摂りすぎなんだとおもいます。

僕は1日1.5食にしてから体の動き、思考のパフォーマンスがグンと良くなったと感じます。

もちろんご飯はしっかり食べたいと感じる人もいるかとおもいますが、是非一度試してみてください。

やみつきになるかもしれませんよ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter