自然の力は偉大なり!生産性が高まる環境の宝庫「公園」で仕事は捗る。




スポンサードリンク

生産性とタイムコーディネートについて日々考えを巡らせています月見水太郎(@tuki_mizu)です。

僕の人生目標はどれだけの有限性のある時間を自分の懐に入れることができるのかというところにあります。

なので、時間を意識した生活と何かを行う時の効率、生産性というところは日々意識しながら生きているのです。

そこで、今回とても生産性の高まる環境を発見したのでご紹介。


スポンサードリンク

公園という生産性の高い場所。

どこの県にでもあると思います。というか市町村の単位であるでしょう公園。この公園がとても生産的に過ごせる場所なんですよ。

ノマドでもサラリーマンでも外で仕事ができる人は公園を過ごすお勧めします。

今回僕がやってきたのは熊本の下江津公園です。

2015 09 13 13 21 11

めちゃくちゃひろい!

熊本市に越してきて5年ぐらいになりますが、江津湖公園に来るのは初めてでして、こんなに広大だとは。

ところで何が生産的なの?

公園のいいところは言わずもがな環境です。

僕の場合はPCで記事を執筆するとこの場として公園が適していると感じました。

さらに僕が生産的な環境に必要なものとして考えているのが、水分補給と雑音です。

ここにはそれがあります。

今の椅子はしっかりしてます

2015 09 13 13 21 43

どうです背もたれ付きの椅子です。

僕はどうにも軟弱な体をしているので背もたれがないと困ります。公園だと背もたれがない横長いタイプの椅子が多いのですが、ここは背もたれが付いているんでポイントが高いです!

さらに注目すべきはこの横のちょっとした机。

2015 09 13 13 43 39

ここにスマホなりバッテリーなりをちょっと起きながら、テザリングでWiFiつなぎながらノマドるわけです。

雑音の質が半端なく良い!

本日執筆しているのはお昼過ぎの15時くらいです。子供連れの家族が多数いますが、これだけ広いとうるさいとまでは感じませんし、いい雑音になるのです。

また木々のせせらぎ、湖の水音、セミ、風、自然の雑音というのは本当に質が高い。やる気や集中力が変わってきます。

邪魔するものが何もない。

邪魔するもの、誘惑系統がものすごく少ないです。集中力、生産性の天敵、テレビもないですし集中して物事に取り組めます。

なにこれ、めちゃくちゃ良い環境じゃないですか。

暑さに関して

(2015年9月13日現在)ちょっと暑さも緩んでくるこの時期ですが、直射日光を受けると正直辛い。

しかし、探すと木陰の下にある椅子や人工的に作った木陰が多数存在します。これはどこの公園でも大抵あるんではないでしょうか?

木陰にこればある程度の風が吹いて実に気持ちが良い。汗ひとつかきません。自然のクーラーですね。

ちょっと悩んだら気晴らしに歩いてみては

PC片手に仕事でくる人は行き詰まったら歩いてみるのも良いと思います。

これは公園の規模にもよりますが、僕が来た江津湖の公園はなにしろ広大!

2015 09 13 13 21 11 2015 09 13 13 22 38 2015 09 13 13 24 38 2015 09 13 13 31 55

歩けど歩けど一周できません。

人間は歩いている時に思考すると集中力が増して生産性が高まります。ちょっと迷ったら歩いてみる。これがすぐできるのも公園の良いところです。

月見的(@tuki_mizu)見解

いやー、初めて外で記事を書いていますが、めちゃくちゃ捗りますよ。

時間帯にもよると思いますが、朝方というか午前中が日差しもゆるくて良いのかも。

そういえば以前、脳科学者の茂木健一郎さんも仕事は公園のベンチでするって聞いたことがあったな。脳科学的にも良いんじゃないんですか?(適当)

なんか気分が良いのでもう1記事書いて帰ろうかなと、それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter