「時間がない」をやめれば見えてくる未来がある。時間に関するもののみかた。




スポンサードリンク

「時間がない。」という言葉は非常に便利で誰にでも使いやすい言い訳であるがゆえに、誰もが使い。「しょうがない。」と諦めるきっかけになっている。

もうこれやめたほうがいいですよ。

実際に時間がない人は時間を作る努力をすべきだし、時間がないと思っている人はそもそも時間に関する「もののみかた」が間違っていることがほとんどです。


スポンサードリンク

いらない残業していませんか?

日本人は残って仕事をすることを美徳と考えている面がありますが、欧米では逆に仕事ができないというレッテルを貼られることをご存知でしょうか?

日本人は努力という言葉が非常に好きです。「残って仕事をしている」=「頑張っている」というまるで愚の骨頂を褒め称える矛盾がそこに存在しています。「残って仕事をする」ということは時間内に仕事を終わらせれない。という事実だと認識するべきです。まずもののみかたが間違ってるんですよね。

そして残業をやっている人はその残業が本当に必要かどうかを考えてみるべきです。

たまに「先輩が残っているのに先に帰ることはできない。」という人を見かけることがあります。定時を過ぎたのにウロウロと仕事場に残りなにかやっている振りをする。無駄です。さっさと帰って本の一つでも読んでください。

もし先輩より早く帰って「あいつ帰るの早すぎるよな」なんて愚痴や嫌味が溢れるような職場であれば、それはもう職場が腐っています。そういう環境はもうやめるべきだと思います。

テレビ見てません?

「時間がない。」という人に限ってテレビをダラダラとつけて1時間も2時間も時間を食いつぶすように観ている人もいます。

斯くいう私もそうでした。僕は看護師という仕事柄不規則な時間帯に帰ることが多いです。しかし、どんなに夜遅くに帰っても必ずテレビをつけ、なんとなくソファの上でごろり。気付けばなんの生産性もないまま帰宅してからの時間潰し、朝また仕事に行く。

これの繰り返しでした。

そこである日ピタッとテレビをみるのをやめてみたのです。

きっかけは小飼弾さんの著書でもあるこの辺を読んだことも大きいですね。

この中で小飼さんは情報強者でありたければ、自分で情報を選べないプッシュ型の情報を一度捨ててみるという方法が紹介されています。ここら辺の詳しい情報を実際によんで見てください。小飼氏の言葉は重いですよー。

話をもどしますが、やめてみると劇的に何かをやる時間が増えます。はっきり言っときます。「劇的」に増えます。

こんなにテレビに時間を取られていたのか?というぐらいに時間に余裕ができます。

「時間ができない」と叫ぶ人の多くにこういった当たり前の時間節約・変換を怠っている人は多いでしょう。

とりあえず1時間早く寝て1時間早く起きる。

睡眠時間はあまり削るべきではないと僕は思っています。しかし、夜更かししている時になにかやってもグズグズで生産効率の悪いことしかできないでしょう。

そんなことするぐらいなら1時間早く寝ましょう。

自分は夜型という人もいますが、本来人間は朝方にできています。なので朝の時間の方が生産性が高いはずです。

1時間朝の時間を確保すると時間に対する「もののみかた」が変わりますよ。1時間本を読むでもいい、日記を書くでもいい、映画をみるでもいい。なにか行動を起こして見てください。

今までの自分が馬鹿らしくなるほど時間を有効活用できますよ。

どうしても削れない時間は思考を変える。

僕はもともと調理をする時間が無駄だと考えていました。なのでコンビニ弁当だったりスーパーのお惣菜だったりを買ってきて調理時間を削り自分の時間を確保していました。

しかし、そればかりだとどうしても栄養が偏ってしまいますし健康に悪いです。パフォーマンスが下がれば仕事も非効率的ですし、コンディションを整える意味でも自炊を完全になくすのはどうかと思って普通に料理をすることもあります。

しかし、その時の自分ってどうにも無駄に思えてしょうがないんですよね。面倒ですし。なので僕は料理を作った時になにか意味を加えるようにしました。

最近よくやっているのが「ダイエット飯」です。

僕はあんまりダイエットするほど太ってはいないので、代わりに嫁を使ってダイエット飯を作っています。嫁がダイエットをしたいと言っていたので、どうせなら考えながらダイエットに関する料理を作ってブログで発信していこうと思ったんです。

こうすることによって僕の中でただの無駄な時間だった料理が意味のある時間に生まれ変わったのです。

無駄だけど省けない時間には意味をプラスする。これが非常に大事です。

月見的(@tuki_mizu)見解

さらっとですが時間に関して僕が思っていることを書いて見ました。僕はこの世は時間だと思っています。時間さえ自分の中でコントロールできれば、その人生はいい人生だったと言える気がしているのです。

逆に時間をコントロールできない暮らしは自分の人生ではなかったと言わざるを得ないかもしれません。

とりあえず何でもいいので時間に関するものの見方を変えてみましょう。人生観変わりますよ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

記事内の書籍




スポンサードリンク

\シェアしていただけると助かります。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。