Bluetoothイヤフォンのすごさ!もう有線には戻れない。




スポンサードリンク

イヤフォンに関して突き詰めればもちろん有線の方が音質はいいので無線に関しては懐疑的で避けて来たぼくですが、PLANTRONICS「BackBeat GO2」を購入してからイメージが大きく変わり、むしろBluetoothのイヤフォン無しでは生きられなくなりました。

Bluetoothのイヤフォンは生活を変えますよ。

ぼくの生活を変えてくれたBluetoothイヤフォンについての購入して良かった点をご紹介。

縦横無尽に家を動ける

これが一番の利点ですねー。紐からの解放は自分を自由にしてくれます。

ぼくは家ではApplemusicで音楽を聴くことを主としておりますが、いつもはブログを書きながら有線のイヤフォンで音楽を聴いていました。

有線の場合は何か「飲み物を飲みたい!」という欲求に駆られたときに、キーボードから手を降ろす→イヤフォンを外す→冷蔵庫に走る→お茶をつぐ→飲むというプロセスを踏むわけですが、その間にどうしても音楽がぼくの中で途切れてしまうわけです。

そう、イヤフォンを外すという行為がありますからね。

この行為がまるっとなくなるわけです。

つまり、ブログ記事を書いている→そのまま立ち上がれる→冷蔵庫を開ける→牛乳を飲む!

という感じでなれるわけです。

これが革命的です。

お掃除が楽しくなる!

なぜお掃除が!?という疑問もあるでしょうが、これが超絶掃除が楽しくなります。

掃除機というものはその性質上どうしても音が発生してしまいます。なので、スピーカーで音楽を再生していると掃除機と見事にミックスしてとてもいい感じに不協和音を奏でます。

その不協和音を解消してくれるのがまたしてもBluetoothイヤフォンなのですよ!

ぼくの場合はポッケのiPhoneとコネクトさせてApplemusicを垂れ流し、掃除機をかけながらも良質な音学が楽しめるわけです。

別にポッケなら有線でもいいんじゃない?と思うでしょうが、やはり線がない方が自分の動作によるテンションのかかり具合がないですし(ぽろっと外れたりね)、何より動きやすいです。またスマホからではなくMacなんかからでも2LDKぐらいの範囲であれば全然届きます。

ノリノリでお掃除できるわけです。

お料理もノリノリである

料理ももちろんノリノリである。料理の時間って手の込んだものを突き詰めるもほど時間がかかるものです。料理に集中しているときはいいんですが、どうせやっているときに手は話せないけどちょっと暇を余している時間てありますよね。

そんなときに音楽でも、というときにBluetoothイヤフォンがいい感じなんですよね。

料理もまた掃除と同じように火を使っているとこは音がうるさいんですよね。

ここでもApplemusicを使います。料理をしている一時間ぐらいは快適に音楽を聴けます。iPhoneと接続しておけば電話がかかってきても大丈夫ですし、Bluetoothイヤフォンの種類によってはそのまま電話できるものもありますし、至れり尽くせりです。

月見的(@tuki_mizu)見解

さくっとぼくのBluetoothイヤフォンの使い方を書きましたが、これだけでも十分買う価値があります。音楽が身近になりますしより自分の生活に音楽を溶け込ませることができます。

やすいものは2〜3000円代からありますし、とりあえずお試しで買ってみるのもいいかもしれません。

ぼくは少し音質もいいものを選びました。ニコ生やyoutube,ラジオなんかを聞く場合はそこまで音質を求めなくてもいいとは思いますが、最後にぼくのおすすめのイヤフォンを紹介しておきます。

僕のおすすめのBluetoothイヤフォン




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter