有給休暇を取るのに理由なんているか?休みたいときに休めばいいさ。




スポンサードリンク

2017 03 07 20 50 42

休みに理由はいらない。

どこの会社でも取れるかとれないかは別として有給休暇というものがある。

そんな有給休暇なのだが、これって仕事をしている人に当然にある権利。

だけどそんな権利が行使できない会社というものはこの世にたくさん存在する。もし使える状況にあっても理由を細かく聞かれたり、取り方に文句を言われたり気持ちよく休みを取ることができないことも多い。

でもね、それは間違っている。

そもそも休みに理由が必要だろうか。ただの平日に何の理由もなく休んだっていいじゃんとおもう。正直疲れたから今日休むって感じでも僕は問題ないと思っている。

むしろ「だるい」という感覚があって仕事をする状態はすごく能率が悪いと思う。邪魔。それならちゃんと寝てスッキリとした状態で働く方がいいだろう。

休みに理由がいる理由。

なんで休みに理由がいるのだろうか。もちろん仕事場に多大な迷惑をかけてしまう状況にあるなら、それは会社として理由をちゃんと聞く必要があるだろうが、人が一人仕事を休んだところで大したことではない。

もし一人休んで仕事が回らなくなるような大変な状況にある環境ならその環境を生み出している会社が悪いだけなのだ。まぁたいていの場合は一人休んだところで普通に仕事は回るんだけどね。

自分一人の力っていくらでも変えが聞くから、まぁ何も気にせず休めばいい。

有給や休みが取りづらいと感じている人は気のせいだから取るべきだと思う。

多分、申請できないという雰囲気や環境が出来上がっているから取れないと勘違いしているだけで、実際に適切に申請すれば休みをとらせざるを得ないのが会社。

そんな雰囲気を顧みず取れるゆうきがあるならやるべき。

もしそれが嫌なら会社をやめればいいし。病休とかでもいいからむりやり休めばいい。

休みに理由がいるのは、休みが取れない人が休みを取ろうとしている人に嫌味的な意味で聞いているだけだろうし、休みに理由なんていらないんだから「理由は言いたくない」「理由はない」とでも言っておけばいい。

休みの理由を聞かれるのはプライペードを覗かれるのに等しくて、そこまで会社が関与していい部分ではないし、ちゃんと有給休暇というシステムがあるのなら休みを許可するしかないだろう。

ということで、理由がなくても有給休暇は取るべし。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter