BUMPの音に新しさが!やはり進化を続けるバンドは違いますね。Butterflyを聴いてみました。




スポンサードリンク

2016 01 27 0742

BUMPの2月10日発売が決定しているニューアルバル「Butterflies」からButterflyというアルバムタイトルを冠した一曲がyoutubeで先行配信されております。

BUMPのアルバム久しぶりやでー。というかこのスパンでのアルバムの発売にはBUMPファンとしては早いぐらい感じるかもしれませんね。

早速「Butterfly」聞いてみたんですがこれがめっちゃいいんですよ。

image by BUMP OF CHICKEN

エレクトロサウンドを取り入れた新しい感覚のBUMP

エレクトロダンスの要素が入った曲展開に驚きを隠せない人、「裏切られた」「変わった」というコメントをしている人が結構多かったのですが、僕としてはBUMPの当然の帰結だとおもっています。

このぐらいの驚きや変化、進化は当然のようにやってきたBUMPOFCHICKENですからね。

しかし、ライブでノリのいい曲ができてよかったです。

アルバム発売の次の日から20周年記念のライブがあり、その後からバント初となるスタジアムツアー。(筆者もチケットをすでにゲット済み)楽しみで仕方がありませんね。

変わりすぎるBUMP

去年の初の紅白出場などからメディアへの露出に抵抗感を無くしつつあるBUMPですが、本当人って変化し続けないとダメだなーと思いますね。

音楽に関しては昔のファンの中には昔らしさ、初期衝動で作られた初期の音から遠ざかるにつれて「昔とは変わった」という表現でバンドを評価する事がありますが、それでいいんですよ。

変化、ステップアップしない音楽は衰退するしかないです。というか面白みがない。

僕は個人的な見解として一曲一曲、アルバム一枚一枚変化していって欲しいと思っています。特に昨今のバンドは音楽で飯を食うという事が難しくなっているので挑戦的な音を作るのが難しくなっていると思いますが、変わらないと生き残れないと思っています。

月見的(@tuki_mizu)見解

ちょっと話は逸れましたが、ライブに期待できる一曲となっております「Butterfly発売日まで待てないというBUMPフリークには嬉しいMVですね。

さて、今年もBUMPにとっては飛躍の年になると思います。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

関連の音源




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter