コーヒーのミルク量を的確に調整したいなら瓶タイプ購入した方が良い!/クレマトップ/




スポンサードリンク

コーヒーメーカーを購入してから朝・昼・晩とコーヒーがお供になっています月見水太郎(@tuki_mizu)です。

基本僕は砂糖の類はあまり入れないのですが、やはりブラックだけだと胃の負担がきついと感じ始めました。

ということでミルクぐらいは入れてやろうかなと、よく喫茶店に置いてあるカップのタイプのミルクを使っていたんですが、何か味気ないのでいいのはないかなーと色々と試していました。

今回は僕が直近で試したミルクの中でちょっとお気に入りを発見したのでご紹介しときます。

Krematop(クレマトップ)

2016 03 03 09 24 45

これです!

こういう風に瓶に入ったタイプもあるんですねーと興味を持ったのが始まりでしたが、つかってみて思うのが、すごく量が調整しやすいことです。

僕が使っている「カフェバリエ」は大体一度に4杯分を淹れてくれます。しかし、その日の気分によって一杯の飲む量が違うので、カップタイプのミルクだと少なかったり、多かったりと適切な量が選択できなかったのです。

しかし、この瓶タイプだと自分が飲みたい量ミルクを投入できるので、いつでも適切な量でコーヒーを味わうことができます。

これが瓶タイプのいいところ。

さらにこのクレマトップはミルクの味もうまいっす。

2016 03 03 09 36 38 1

コーヒーの味を丸くしてくれるので、胃にも優しいわけです。

ちょっと注意点

初めて瓶タイプのミルクを買う予定の方に一つだけ注意点。

このクレマトップなんですが、最初は開けるのに栓抜きが必要です!

2016 03 03 09 25 23

栓抜きなんてあんまり使わないよーという方は注意してください。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

記事内の商品




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter