モス「クリームチーズバーガー」なぜ今までテリヤキとチーズの組み合わせがなかったのか、一つの答えを見つけました。




スポンサードリンク

そもそもハンバーガーの照り焼きにチーズがなぜ入っていないのか僕の中では疑問でした。

照り焼きとマヨネーズの関係性をチーズが裏切るわけがない。というのが僕の見解なのですが、なかなかそれをやってくれるハンバーガー企業はありませんでした。

しかし、モスバーガーがとうとうやってくれましたよ。

それでは、モスバーガーの「クリームチーズテリヤキバーガー」食べて来ました。


スポンサードリンク

カロリーや価格などの基本情報。

カロリーは410kcalです。

通常の照り焼きバーガーが365kcalなのでクリームチーズ分なのか気持ちカロリーは高いですね。

それに伴って価格も少し高い390円。通常の照り焼きは360円です。

オニポテセット440円を足すと大台の800円です。

実食しましょう!

パサっと袋を開けた第一印象はレタスの量!

2017 03 31 17 43 35

そもそもモスバーガーというものは食べやすさというものを度外視した見た目のインパクトと綺麗さが売りですが(勝手な僕の考えです。)これもまたそういうべき一品です。

2017 03 31 17 43 49

クリームチーズがよくわからなかったのでちょっとだけ横を向けるといました。

2017 03 31 17 43 53

見た目マヨネーズなので、これはもしかしたらただのテリヤキバーガーと勘違いされている可能性を拭えないまま。

とりあえずパティをに目を移します。

2017 03 31 17 43 55

少し薄いような気がするのですが多分パティやテリヤキソース自体は一緒だと思います。

やはりマクドナルドと比べるとバンズがものすごくきれい。

あのよくある潰れた感じがないです。

とりあえず食べてみました。

2017 03 31 17 45 23

一口噛んで味わったら、僕の今まで「なぜテリヤキバーガーにはチーズ入りがないのだろうか?」という疑問の答えがわかりました。

テリヤキソースは醤油と砂糖のあの甘さが特徴的ですが、そのあまーいソースに対して通常のチーズというものがちょっと味の邪魔をするんだと思います。

しかし、今回のクリームチーズはチーズ自体少し甘い感じします。

なので、テリヤキソースとうまいこと共存。

そしてこの素晴らしい味を生み出しています。

テリヤキソースと通常のチーズがなぜ発売されてこなかったのかの答えを知るために、この「クリームチーズテリヤキバーガー」は生まれて来たのでしょう。

最後に言えること。

ちょっと訳のわからない感想になりましたが、ほんのり甘いクリームチーズがテリヤキソースにうまくあって、素晴らしい共存を果たしています。

しかし、一つだけ苦言を呈するなら、レタスのボリュームとソースとの関係でツルツル滑るため、先にレタスが口の中に飛び出し一人残らずいなくなることです。

2017 03 31 17 46 21

最終的にバンズ、パティ、クリームチーズというシンプルな組み合わせでフィニッシュする形になります。

いやまぁ、それもうまいんですけどね。

一度お試しあれ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。