ZWILLING(ツヴィリング)は切れ味が良過ぎて手放せない包丁。トマトが切れすぎて困る。




スポンサードリンク

最近キッチン周りの強化に余念がない月見水太郎(@tuki_mizu)です。

僕の愛用のマイ包丁は

最近では珍しくも無くなったけどセラミックの包丁はよく切れるし、軽いしで結構重宝した。

これで4000円ぐらいだったと思う。

でもセラミックの包丁というはどうも切れ味が悪くなると研ぐのが難しい。それでめんどくさがっていたら、トマトが切れなくなった。

2015 08 16 18 20 55

ダイヤモンドシャープナーで研いで見たのだけど断念。でも3年ぐらい使えたのでもとは取れたのかなーと。

そして今回次なる包丁として目をつけたのが、、、

2015 08 16 18 02 55

Zwilling Sense 三徳包丁 18cm


スポンサードリンク

ツヴィリングとは

ZWILLING J.A. HENCKELSという会社の代表的なブランド包丁。

モコズキッチンでも使われていることで有名だ。あのもこみちさんが使っているのだから間違いないだろうという単純な理由から選んだ。(僕は基本的にミーハーなのだ。)

ZWILLING(ツヴィリング)はドイツ語で双子を意味します。双子のロゴの呼び名がそのままブランド名になっています。
『最高のものを持つ歓び』をカンパニースローガンのもと、一つ一つの商品に熟練した職人の技術と最新機械のテクノロジーを駆使し、何世代にも渡って使っていただける商品を手がけています。
こちらのブランドはTWIN(ツイン)という呼び名でも呼ばれております。

ZWILLING(ツヴィリング)

ZWILLING J.A. HENCKELSでは大きく分けて二つのブランドが存在します。

一つはヘンケルスこれは低価格でより一般的に作られ包丁なのですが、ネットでは切れ味は良いとの噂を聞く。(これはよくスーパーとかでシールを集めてとかで買える包丁だね。)

そしてその上位機種として位置付けのツヴィリング。これが今回僕が購入した包丁だ。

早速開封レビューだぜ!

2015 08 16 18 15 19

持つところの滑り止め部以外は全て金属で出来ていて非常にカッコ良いフォルム。購入に至った理由の一つとしてこのスマートなフォルムがかっこよかったからだ。

2015 08 16 18 15 42

滑り止め部分は最初黒がはまっているが、このように残り4色あり付け替えも可能。

しかし僕はそんなことはしません。

だって黒がかっこいいんだもの!

※追記2016年10月10日現在
現在はフルーツナイフのような大きさの包丁を買い足し、青をはめている。こういう風に色々な種類の包丁を買い足す時に色分けできるようになっているのだなと。

2015 08 16 18 15 54

二つを並べて。

2015 08 16 18 20 16

大きさは若干ツヴィリングの方が大きい。重さはもちろんツヴィリングの方が重たいので、セラミックに慣れている人は最初違和感があるかも。(追記※これもすぐ慣れて今ではその重量感に心地よさすらある。)

それでは切れ味はいかほどか、

2015 08 16 18 21 26

持ち手の部分に注目して欲しいのだが、この持ち方だとトマトに包丁の重みだけが加わっているのがわかるかと思う。

その状態で前後するだけで、、、

2015 08 16 18 22 33

トマトが真っ二つ!

ちょっと切れている途中の画が撮れていないがスパッと切れる。

この切り方はyoutuberでも有名なカズさんの動画を真似てみたので切れ味はこちらも参考にしてみてく欲しい。正直この動画をみて購入を決意した。

そのほかキャベツも、

2015 08 16 18 26 41

サクサク!

がんもも、

2015 08 16 18 38 06

サクサク!

やばいぐらいの切れ味!

2015 08 16 18 45 05

ネギもこれもんだ。僕そんなに料理上手ではないんですがめちゃくちゃ料理が上手くなった気になれる。(あくまでも気になれるだけ)

すばらしい切れ味だ「ツヴィリング」。

月見的(@tuki_mizu)見解

正直セラミック包丁の時も切れ味に驚いていたのだが、今回はその驚きを軽く上回ってきた。

ツヴィリングすごすぎる!

なにこれ、包丁ってこんなに切れ味違うのもんなのってなるよ。

ただご購入を検討されている方には一つだけ注意点が、こういう高級な(といっても一万しないぐらいなんですが)「包丁は研ぎをしっかりしてください。」と店員さんから砥石を勧められたのだが、僕は研ぎ石で研げる自身がなかったので、同じメーカーから簡易で研げるシャープナーが出ていたので購入した。

研ぎ方は別記事を書いているのでこちらをどうぞ。

店員さんの話だとこれが楽そうだったので砥石よりは割高なのだがこちらに決めた。正直2、3週間に1回程度の研ぎでほぼほぼ切れ味が戻るのでかなり良い。

素晴らしい包丁だ。

この切れ味包丁下手な人でも綺麗に切れちゃう感じがある。。

そして、切れ味がいいということは料理の時間の短縮、ストレスも軽減してくれるしタイムパフォーマンスも良いと言える。

是非一度お試しアレ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

記事内の商品




スポンサードリンク

\シェアしていただけると助かります。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。