「flier フライヤー」本の要約サービス。本屋で立ち読みしているような感覚で使える素晴らしいコンテンツだ。




スポンサードリンク

年間150冊を読書の目標にしているけどもなかなか読む時間が確保できないときに、本屋で気になる本を立ち読み。

さらさらっとめくって面白ければ後で購入みたいなことをする。

読書ってその本の全てを読まなくてもいいんだよね。自分が面白いと感じる部分を嗅ぎ取って読む。

そうしないと数あるこの世の本の中から本当に自分に必要なものを知識として吸収することはできない。

だけど、「本屋にも行けない!」と嘆く人もいるだろう。

そんな人のために本を要約してサクッと読めるように要約してくれるサービスがある。

それが「本の要約サービスflierフライヤー」だ。

ちょっと使って見てこれいいなと思ったのでご紹介しておく。

本屋さんにふらっと寄って立ち読み。そんな感覚で読める。

flierのいいところはそんなふらっと立ち読みをスマホやPCからできるところ。

まずは会員登録。

会員制なのでまずは新規登録。

新規登録に関してはおきまりのアドレスやらパスワードやらを入力すれば簡単にできるんだけど、最初は必ず無料プランからのスタートになる。

2017 02 04 1704

そして最初の登録時に送られてくるメールのリンクを踏めば、それ以降有料プランへの変更が可能みたい。

まぁとりあえず無料登録だけでも厳選された20冊から読むことができるので、それで要約の感じを掴んで見る方がいいと思う。

実際にどのような感じになっているのか要約を読んで見た。

僕が登録した時の無料20冊。

2017 02 04 1705 1

ベストセラーになったような本も結構あって驚き。

その中から自分が読んだことのある本を選択して感じを掴んで見ることに。

2017 02 04 1716

スタンフォードの自分を変える教室」これ結構面白かったので要約ではなく購入をお勧めするのだけど、こちらの要約はこんな感じ。

2017 02 04 1708

PCだとPDFでダウンロードがWEB上でそのまま読む感じ。

まぁあまり読みにくいので僕はスマホのアプリをダウンロードするのをオススメする。

それはさておき要約だけど、結構いい。本の中でも面白い部分をピックアップしてあるし、画像なども差し込まれていて読みやすくしてくれている。

こんな感じの要約が大体5、6ページぐらいに書かれている。

一応10分で読めると謳ってあるが、読書好きな人なら5、6分で読めちゃう内容。

ちなみにスマホで読むとこんな感じ。

2017 02 04 17 51 12

使い方としては本を購入するための試し読み。

内容は全体数%が要約されているような感じなので、本の全てをそこから読み取ることはできない。

なので本を購入するために中をさらっと試し読みする。そんな感覚で使う感じ。

でも、本屋さんで読む場合はいいけど、amazonなんかで試し読みできるサンプルって冒頭の数ページで内容が全然わかんない時がある。

だからもうそれは題名やレビューで面白そうとかを判断しなきゃならないんだけど、flierを使えば内容をちゃんと読めるので、購入するための情報としてしっかりと判断材料にできる。

しかも読み終わったときにamazon楽天なんかのリンクがくっついてるので自分が買いたいコンテンツを購入できる。

2017 02 04 17 49 07

これはそういうマネタイズしてるのかな。

でも便利だからこれはあり。

最後に言えること。

電子書籍が負けてる部分って購入するプラットフォームでさらっと立ち読みができないところだったんだけど、こういうサービスができれば本当に街の本屋さんは危うい。

無料では20冊からしか選べないけど、有料プランは読み放題のプランもある。

2017 02 04 1729

種類はゴールドとシルバーの2種。まぁ500円払って5冊だけでは立ち読みする量としては少なすぎるので、これはゴールドしかなさそう。

あとは月額2000円という部分を高いと見るかだけど、本好きでたくさんの本の中から良質な本を少ない時間でチョイスしていこうと思えば、このぐらいの投資は全然アリかと。

でも読書に関してこういうサービスが出てきてくれるのは嬉しいな。

それでは気になる方は一度お試しあれ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。