BIRKENSTOCK「ARIZONA」買ってみた!サンダルのサイズ感等ご紹介!




スポンサードリンク

2017 07 17 07 42 31

真夏のサンダルのド定番といえば「BIRKENSTOCK」です。

インポートものでありながら、買いやすい価格帯とシンプルなデザイン。

そして履きごごちなどを含めると世界でも類を見ないサンダルブランドです。

真夏に履きたいサンダルの候補に上がるのではないでしょうか?そんなBIRKENSTOCKの中でも1万円前後で買えるド定番のサンダルをご紹介します。


スポンサードリンク

BIRKENSTOCKとは?

調べて見たのですが、BIRKENSTOCKってかなり歴史が古いんですね。

公式オンラインショップの記載されている歴史からすれば、1774年ヨハネス・アダム・ビルケンシュトックがドイツの教会の公文書に「臣王の靴職人」と登録されるところから始まります。

王様に認められた靴職人ということで当時かなりの腕のたつ職人さんだったことが伺えます。

その後歴史は受け継がれ、1800年代後半にフランクフルトに2軒の靴屋を開業したという記録が残っているそうです。

フットベッドと呼ばれる足への衝撃を吸収したり、正しい歩き方へと導く効果のある靴底を採用したのもこの時期でそれから近年まで靴を作り続けている会社です。

実はサンダルのイメージが強いBIRKENSTOCKですが、サンダルの歴史というものはここ3,40年ぐらいのものということで最初からサンダルばかりを作る会社ではなかったようです。

これは意外でしたね。

BIRKENSTOCKの3大サンダルスタイル。

BIRKENSTOCKのサンダルには様々な種類がありますが、その中でもオーソドックスでかっこいい3つのサンダルをご紹介します。

BOSTON(ボストン)

これはサンダルと靴の中間ぐらいのイメージのスタイルです。

BIRKENSTOCKの中では定番中の定番で、先端の丸みのあるレザーがかっこいいんです。

サンダルを履くように靴が履けるので、僕もかなり好きです。現行のモデルは持っていないのですが、前はかなり履いていました。

RAMSES(ラムセス)

古代エジプトの国王の名前冠したサンダルなのが「RAMSES(ラムセス)」です。

僕はこれが一番今まで使ってきた形で、好きなんですが、慣れないうちは親指と人差し指の間が痛くなります。

それでもかっこいいので一時期は毎年買っていました。

これもおすすめ。

ARIZONA(アリゾナ)

BIRKENSTOCKの中でも定番中の定番「ARIZONA(アリゾナ)」

Amazonだと1万円切ってますね。

足の甲の部分いベルト装飾の皮が2本入っているタイプです。シンプルでかわいく何にでも、定番の形なのですが、僕は今ままでこのタイプを買ったことがありませんでした。

しかし、こういうシンプルなデザインのサンダルが一つ持っておくと便利ものです。ということで、始めてのARIZONAをOPENレビューします。

ARIZONA(アリゾナ)レビュー。

サイズは42で男の人で大体27.0〜27.5cmのサイズ感だと思います。

2017 07 17 07 42 24

かなりシンプルですけど、ベルトの存在感は秀逸です。近くで見るとシンプルなのが逆にかっこいいと言えます。

2017 07 17 07 42 31

ベルトのはじのソールとくっついているところにBIRKENSTOCKのロゴが印刷されているのがにくいです。

2017 07 17 07 43 07

BIRKENSTOCKってすごく購入なサンダルのイメージがあったのですが、コルクとラテックスの融合されたソールのタイプは比較的安価で購入できます。

オールレザーのタイプは結構値段が高いのですが、サンダルってそんなに長くは持たないので、毎年1個買う感覚で買えるのがこのタイプです。

2017 07 17 07 42 51

裏のラテックスのソールには「Bilk」の文字が可愛いです。

ソールは履いたことがある人ならわかると思うのですが、かなり歩きやすいです。

僕はサンダル好きで夏場はほとんどサンダルで過ごすことが多いのですが、BIRKENSTOCKのものが一番疲れずに1日を過ごせます。

安定化や密着感が靴のそれに近いんですよね。

コルク素材のものは比較的安いのでオススメです。もっと密着感を求めたい人は「RAMSES(ラムセス)」「MAYARIマヤリ」あたりがオススメですね。

BIRKENSTOCKのサイズとcmについて。

BIRKENSTOCKは独特のサイズ表記がされていて、42とか38とか数値で表してあります。

先ほど紹介したように42は普通のスニーカーで27.0〜27.5cmを履いている人に合うようなサイズ感です。

実際にはワイズなどの横幅も関係しているので一概にこれが合っているという絶対的なサイズ感ではないですが、よくオンラインショップなどに書かれているおよそのサイズを書いておきます。

BIRKENSTOCKサイズ スニーカーサイズ(cm)
36 23〜23.5
37 23.5〜24
38 24.5
39 25〜25.5
40 26
41 26.5
42 27〜27.5
43 28

と大体こんな感じです。

何度も言いますがあくまでも目安です。僕は実際にはスニーカー27.5cmを大体履くのですが、BIRKENSTOCKは42でぴったりです。

それ以外のサイズは買ったことがないのでもうサイズ合わせはせずに42で買うことが多いです。

まとめ・最後に言えること。

BIRKENSTOCKのサンダルはそのデザインもさることながら、履きやすさもすごく考えられたサンダルなのです。

サンダルに今から挑戦しようと思っている人も、サンダルを履き慣れている人にでもおすすめしたいサンダルブランドです。

自分の好みのものを選んで素敵な夏を過ごしましょう!

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

月見 水太郎
夏はやっぱりビルケンサンダルですね。

BIRKENSTOCKのサンダルをお探しの方はこちらからどうぞ。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter