会社はたった3種類の人間で形成されている。あなたはどこに属しますか?




スポンサードリンク

2017 05 17 20 38 24

仕事をしていると一人一人の人間の本質が見えてきます。

人って働き方が全然違うんですよね。しかし、大別すると会社で働いている人というのは3つに分類されることに最近気づきました。

・8割の給料のためだけに働いている人

・1割の会社の為に最大限の利益出す人

・1割の正義感だけで会社に尽くす人

全てを足し合わせると10割になって、それで会社はバランスをとれている(正確には無理をしているところがありますが。)ここに気づいている人は少ないです。

このどれに所属するかで人生の質というのは決まっていきますが、これらの違いについて少し話したいと思います。


スポンサードリンク

8割の給料のためだけに働いている人。

ほとんどの人間がこういう雰囲気で働いていると思います。お金のために仕事してますって感じの人達ですね。

正確にはこの中に真面目人、不真面目人がいるのですが、とりあえず給料をもらっているのでもらったぶんは働きましょうという人です。

この8割の人たちの中には考えて働こうという人は少数で、ルーチンの与えられた仕事を坦々とこなす人が多いです。

生産性の高い人と低い人が混在しています。

1割の会社の為に最大限の利益出す人

僕は色々な職場での経験があります。1000人規模の会社から、10人以下の従業員しかないない小さな職場まで色々です。

どこの仕事場でもそうですが、この最大限の利益を生みだすために日々を最適化していく人というのは少数です。

感覚的にですが、いて1割以下。

200人ぐらいに中小企業でしたら20人居ないということになります。

しかし、この20人というのがすごく大事で会社というものはこの20人の能力で運営力に差が出てきます。

この1割に属する人たちは上からの指令がなくても仕事をどんどん作っていき、自分の出来る範囲で毎日を最適化していきます。

さらに生産性も高いので会社の利益を最大限に出そうとします。

考えて仕事をするということを本質的に理解して仕事を進めていきます。

こういう人は大体が管理職で仕事を支持していく人に多いですね。

1割の正義感だけで会社に尽くす人

僕はこの手の人が苦手です。

仕事の生産性はそこそこで真面目なのですが、考えて仕事をしないので、上からや会社からの命令をそのまま解釈して無理をしてでも達成しようとしてしまいます。

つまり、サービス残業などが多くて、いつまでも残って仕事をしているタイプの人ですね。

先ほど述べた1割の最大限に利益を出す人との違いは仕事に対して修正や変換が出来ない人が多いです。

しかし、正義感が強いので無理に仕事をこなそうとして先ほども言ったようにサービス残業などが増えて結果的に生産性を下げます。

見た目すごく仕事を頑張っているようにも見えますが、「考えて」仕事ができて居ないのでトライ&エラーで最適化して行こうという仕事の仕方ができません。

属するならどれに属しますか?

もちろんどこに属しても仕事をしてもいいです。

仕事なんて100%自分の人生をかけるなんて馬鹿らしいという考えの人もいれば、人生かけて仕事します!という人もいるでしょう。

僕の場合ですが、8割に属しながら自分の周りの仕事最適化していく。これがベストだと考えています。

僕の場合は人を管理するということにリソースを割きたくないので、本業の方でも管理職などの打診があっても断り続けています。

人を管理するって得手不得手がありますし、そこに時間を割くと仕事の生産性が下がるんですよね。

だから、一般的な業務をこなしながら、日々最適化を考えていく。仕事の余裕があれば、新しい仕事を生み出していく。と言った感じ。

ただし、自分の能力の超える範囲でこなすことが大前提です。やりすぎて消耗する必要はどこにもないので。

まとめ・最後に言えること。

会社で働く中で思うのは管理職って損が多いなということ。給料が劇的に上がるわけでもないので負担はかなり増えるので、コスパが悪いんです。

給料を増やそうと思ったら副業した方がサクッと年収がUPすると思います。

僕の場合ブログで副収入を得ているので本業での働き方は先ほど言った通りです。

自分の出来る範囲で最大限の利益を出しています。どれに属して働きますか?

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 医療・看護師関連の未来の働き方についてなどについても情報発信しています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter