30代の僕はネットで服を買う。ここ10年で服の購入方法は変わってきているんですね。




スポンサードリンク

奥さんから「君は服を買ったらどうだい?」と言われました。

服はまともにこの8年ぐらい買っておりません。理由は服に浪費するより本にお金を割いてきたためです。基本的に僕は月の給料のうち生活費、貯金、交際費を除くと本・漫画に大半のお金を使用しています。

それは自分の投資になるためと思っております。その当然の帰結として服に割くお金がもったいないと思った次第です。

そんな僕ですが別にファッションに興味がないわけではないのです。自己紹介にも載せておりますが、僕は以前アパレルのお店で働いておりました。僕は服を愛していた時期があるのです。

しかし、いつしかその愛が書籍の方向に向いただけで、(その傾き方は極端ではありましたが。)服<本という関係になったに過ぎません。

つまり何が言いたいかというと、服ってどうやって買うんだっけ?と少々狼狽しているだけなのです。


スポンサードリンク

服はどこで買う?いまのファッション流通事情。

僕のいままでのファッション履歴として一番購入回数、金額と高かったのは20台前半でしょう。この時はショップ店員として働いていた時期でもあります。

だいたい一月に5万〜10万ぐらい服に使っていたと思います。

そしてもちろん購入するのは店舗です。自分のお店を中心に福岡などの別会社の店舗でも購入しておりました。ちなみに僕は熊本なので、大体県外で服を買うとしたら福岡になっちゃいます。

どこで買うとしても小売の店舗で買っていました。

でも今やこのネット社会。たぶんネット通販などで買い物している人が多いんではなかろうか?と感じているわけでちょっと調べてみました。

ネットで通販している人は30台だと9割を超え。

2015 11 22 1449

image by デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社・株式会社スパイア

スパイアという企業が2012年出している統計なんですが、これ見るとびっくりしますね。ほとんどの年代でインターネットで服を買ったことがない人はほぼいないという結果なんですね。

30代男性なんて3.4%しかいないんですから、そこかしこを見渡して目に入る男子はみんなインターネットで服を買ったことがある人達ばかりなんです。

ちなみに僕はありません。

ブログも運営し、毎日ネット閲覧を欠かさない僕ですが一度たりともありません。ネットどころか通販もありません。

しかし、これ見ると今やネットで服買うのが当たりまえになっているんですね。

驚きですね。

このグラフ見ているとわかると思いますが、一ヶ月に一回以上ネットで買い物している人の3人に1人ぐらいはいるってことですよね。

女性は特に多くて半月に一回です。びっくりですね。

ネットで服を買う場合どこがいいんでしょうか?

ネットで服を買うというのが当たり前になってきていること、そして何より人と顔を合わせなくて済む利点を考えると、ネットで服買ってみよう!

これが僕の結論になりました。

ところでネット通販やってるコンテンツってどんなとこがあんだろうと思って調べていると。

こんな感じの堀江氏のツイートが、情報感度が素晴らしい堀江氏が言っているのでさらにZOZOTOWNについて調べてみるとココ勢いすごいなーと、会員1000万人越えらしいです。

これファッション界のAmazon的な存在です。翌日に服が到着するらしいです。

すごいなー。ここまでファストなファッションコンテンツってたぶんなかったんじゃないのかなー?僕自体ネットで服が買ったことないのでわかりませんが、翌日に届くってすごいことですよね。

決めました!僕はZOZOTOWNで服を買うことにします!

月見的(@tuki_mizu)見解

奥様からの「服買いなよ」の一言からここまできましたが、調べてみると服を買うっていう行為も10年ぐらいで大きく変わってきていますね。

30代の僕は服を買うという行為に臆病になっている人もいるんですよね。特に家族を持っちゃうとそっちにお金が割けなかったりする人もいるでしょうから。

でも調べてみるとおもしろいし、とりあえずネットで服を買ってみよう!何事も経験ですから。近いうちに記事をあげたいと思います。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter