イライラはちょいとだけ思考を変えれば消え失せる。渋滞だって少し思考をずらせば有意義な時間になります。




スポンサードリンク

本当に考え語って大事だなと、ちょっとものの見方を買えるだけで同じ人生でもどれだけ違う道筋になるのかということを最近学びました。

とってもいい気づきだったのでご共有。


スポンサードリンク

渋滞の時間も有意義になることだってある

渋滞って何よりも無駄な時間だと思っていたんですよね。排気ガスはモクモクとでるし、愚痴は出るし、小刻みに踏むブレーキやアクセルで足がつりそうになるし、眠くなるしといいところが何にもなかったんですよね。

ところが先日、天草(熊本の海の旅処です)に行った帰り道、天草から熊本市内へ向かう途中だったのですが、それは訪れました。

大渋滞

これは恒例のというか、休日の天草ー熊本間は大抵この渋滞に遭遇するものなですが、わかってはいてもイライラとするものなのです。

しかし、ふと運転中の嫁から「横を見て」と一言(自分で運転していないんかい!)

広がっていたのが、

2015 10 18 17 11 13

これです。

御輿来海岸(おこしきかいがん)という夕日に照らされると綺麗な波のような干潟が見える観光スポット、これがまたきれいなんですよね。

熊本に20年以上住んでいますがこの景色見たことなかったんですよね。

これがほんと美しい。思わず窓を開けてパシャりました。

思考の変換

この景色ってただ車で通るだけでは多分気づかなかったでしょう。

しかし、これは渋滞によって生まれたある種の奇跡です。これは言い過ぎかもしれませんが、渋滞がもたらしたことは事実なのです。

それで今までただイライラしていた時間は綺麗な風景を見る美しい時間に変化しました。でもこれって変化したのは風景ではないんです。何が変わったのかというと実は「自分の思考」が変わっています。

今までの渋滞を忌み嫌う思考「風景をゆっくりと見れるいい時間」と思える思考に切り替わったのです。

月見的(@tuki_mizu)見解

これは何も美しい風景だけを見る時間にとどまるわけではありません。時として風景が全くない渋滞も存在するでしょうから、しかし、ただいたずらにイライラするだけではもったりありません。

なので、考え事でもいいですし、逆に何も考え無い良い時間と考えてもいいです。実際僕なんかはその渋滞をネタにこの記事を書いているわけですから。今では意義のある時間だと感じています。

その時間を良し悪しと捉えるのも結局は自分の思考なんですよね。渋滞に限らず自分が無駄だなーと感じている時間も結局自分の思考がそうさせているのです。

つまり、自分の思考を意義のある方向に持っていくことで今まで勿体無い・無駄だと感じていた時間は途端に意義のある貴重な時間になりうるのです。

今回は渋滞からそんなことを学べました。

やはり思考を柔軟にすることは人生を豊かにしますね。

それでは「渋滞も有意義な時間となりうる」という話でした。




スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter