継続する技術は準備が大事という話。




スポンサードリンク

2016 09 05 21 30 22

書きたくなる衝動にかられる時があるんだけど、この波みたいなものをうまく乗りこなさないと記事は継続して書けないし、リズムに乗れないような気がする。

僕の場合はブログを主体に語るけど、継続させる力ってかなり難しいんだよね。

しかし、これをものにするかどうかは人生をよりよく生きるためにかなり大事なことだと思う。

継続する努力ができない人ってちゃんと考えてないと思うんだよね。

準備がまずできてない。継続するためには技術が必要。


スポンサードリンク

継続させるためには負荷を軽くする。

僕の場合、記事を毎日更新するために必要な準備と言うものをしっかりとやるようにしている。

一番大事なのは負荷を軽くすること。

これかなりお勧めなので読んでほしいのだけど、この著書の中にあるベビーステップというのがかなり使える。

例えば毎日のランニングを習慣化するために最初のステップを軽くするんだけど、その最初のステップを走ることではなく。「ランニングシューズを履く」というところまで負荷を軽くする。

「履くだけ?」とかっておもうんだけど、これが大事。継続に大事なのは成功体験を得ること。

負荷を軽くして成功を手にするのが一番の近道だ。

ブログを書くというところで僕は今1日1〜3記事ぐらい書いているんだけど、最初の一歩っていうのは単語一文字とか行数で1〜2行ぐらいのところから始めた。

いきなり1日1記事は大変。特に慣れてないうちはかなり時間がかかるので、とりあえず一日で何かを書くというところ目標にした。

僕は1日1記事を最初からやり続けて心が折れてしまったことがある。この時の失敗を繰り返すまいとこのベビーステップでやる方法を選んだ。

どんなに小さくても積み重ねることの方が大事。諦めたらその時点で試合終了です。

ストレスを軽減させる。

あとこれに加えて僕が進めるのは、やるための負荷、ストレスを最小限にすることが大事だと思う。

ブログでいうなら書く環境の最適化は重要。

僕の場合はまずソフトウェアを導入。

MarsEditはブロガーとしては必須アプリだと思う。

4800円もするんだけど、機能を知っていれば1万出してもお釣りがくるぐらいの素晴らしいソフト。

これでかなり記事を書く上での負荷が軽減される。

ランニングに例えるなら羽根のように軽いランニングシューズを買うようなものなのかな。やすい運動靴だとすぐに疲れが来るから、走るための負荷、ストレスを軽減させるための準備。

こんなんも買ってみた。これは、ニトリで座ってみてこれだ!と思って購入したんだけど、これはものすごく作業効率が上がる。

足のせや背もたれの角度が絶妙に合わせられるので、体に負荷なくライティングできる。

椅子とか机なんかも下手なものよりこだわってみた方がいい。

ランニングとかでいうなら、走りやすい環境に身を置くということかな。風が気持ちいところや景色がいいところ、自然を感じれるところなど走りやすい環境に自ら赴くことでランニングのやる気をあげる準備が必要ということ。

月見的(@tuki_mizu)見解

継続するための技術として、準備はかなり大事だということ。

特に負荷・ストレスを軽くする努力はいくらやっても、やり過ぎだということはない。削れる努力はいくらでもやるべき。

毎日効率化を意識できない人に、継続することは難しいのだ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。