意見の食い違いは情報量の差から生まれるので、蓄積できていない人とは議論しないよ。




スポンサードリンク

2016 11 01 20 46 13

人と議論をする時に圧倒的な情報量の差がある場合はその議論はほとんど食い違うと思う。

そもそも情報のインプット量が違うのに同じ土俵で議論すること自体がおかしいのかも。

例えばLINEに関してまだまだ不信感を抱いていて、アプリをダウンロードすらしていない人が居たとする。その人はもう最初の不信感のままLINEに関する情報はほぼ0だとして、

そんな人と初期の頃からLINEを使っていていろいろな使い方を駆使して情報を蓄積した人との間に生まれるLINEに対する議論に建設的な話し合いが行われるとは思えない。

階段で言えば前者の人は石段の登る前、後者は遥か高みにいるのだから、いくら上の段から叫んだところで石段にすら登って居ない人の心に届く言葉などないのだ。

だから、どちらかがその土俵まで降りてくる必要があるのだけど、それでは議論する意味はあまりなくなるだろうな。

だから、議論をする時は情報量がなるべく同じような人と議論すべきだと思う。

そもそもおもしろくないよね、そんな人と話しても。

でも色々なことをちょっと仕入れた情報でごちゃごちゃいう人って多いんだよね。人を否定するだけの確固たる情報ではなく、どうしようもないうわべだけの情報で議論して、さらに相手は否定することだけを目標として、達成できれば悦に入るどうしようもない輩。

こういう人とは僕は極力距離を置いている。

そんな人に関わっている時間などないから。

意見の食い違いは情報の蓄積の差から生まれるので、そもそもリソースの差があるなら議論はしない方がいいという話でした。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\シェアしていただけると助かります。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。