服ってHPがあるんですよ?なのでどうでもいい時にお気に入りの服を着ない。




スポンサードリンク

30を迎え服に無頓着になっていくのかと思っていたのですが、急にファッションへの憧れが強くなっています月見水太郎(@tuki_mizu)です。

こういうのをピーターパン症候群というのでしょうか(絶対に違う)。最近服に執着するようになりました。

そこで僕が昔から抱いている服にはHPがあるということをここで語っておきたいと思います。

服にはHPがある

服にはHPがあるんです。HPって?と思う人がもしかしたらいるかもしれませんのでご紹介しとくとあのドラゴンクエストなんかでよく言うヒットポイントのことです。

ゲームによってはライフポイントなんて言い方もあると思いますが、僕が言いたいHPとはそれのことです。

HPは着ると減っていく

HPがあるのですから何かをすると減っていくわけです。服のHPは着るたびに減っていきます。

例えばニットのセーターを買ったとします。着るに連れてその回数が増える事に変化していることに気づくと思います。それはほつれかもしれませんし、毛ばたちや毛玉となって如実に現れるわけですが、それが僕の中でのHP減少な訳です。

つまり着ることはスライムから一撃食らうのと一緒なわけです。

服は着れば着るほどHPが減っていくわけですから。着ればスライムから一撃もらうのです。

耐久度に近いかもしれませんね。

HP0とはどういう状態

そんなわけですから僕は仕事に行くときの服と休みのときに着る服を明確に分けています。だって仕事に行くときにお気に入りの服を着てしまうとダメージを受けてしまうわけですから。

いざ休みの日に着ようと思ってそのときの服がHP0なんてシャレになりません。

ちなみにHPが0になるということは、もちろん服としての機能は果たしているのですが、気持ち良く着れない状態になっているというわけです。

またしてもセーターで例えるなら。飽きた、ほつれが気になる。毛羽立ちすぎて何か気持ち悪い。みたいない感情を服を着ていて感じるときのことです。

そんな感情で過ごす服はHP0という扱いになります。

なので着る服は時と場所を選びます

先ほどを書きましたが、仕事と遊びの時は服が違います。ある意味で仕事の時に着ていく服はHP0でも構わない服となるかもしれません。

一般的に一軍、二軍と分けている物の二軍にあたる服です。

仕事の時に着る服はファッション性の薄い服が多いです。どちらかというと機能的というか着やすい服というかHPが低いんですけど着れちゃう服という感じ。

これがすごいあいまいな表現になるのですが、回数多く着れる服というのが一番しっくりくるように思います。

とりあえず服のHPには気をつけろ!

HPって意外と早く減るんですよ。もちろんHPや防御力の高い服はあるんですが、いつの間にかHPが減っていてある日急に「0やん!」って気づく時があります。

なので仕事の時やちょっとした買い物なんかにお気に入りの服にダメージを受けるのはもったいないです。

いついかなる時も袖を通せばダメージを受けます。

HPをなるべく減らさないような努力が必要になります。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。