イケダハヤトさんの本を読んで3年。いつのまにか副収入で月に10万稼げるようになっていた。




スポンサードリンク

2017 04 01 16 58 41

年収150万円で僕らは自由に生きていく。」3年ほど前にこの本に出会ってから、僕の年収は1.5倍になって収益ベースで10万程度月収が上がりました。

なぜこうなったか。端的にいうと、頭を勝ち割れたんです。

イケダハヤトさんに。(物理的な意味ではなく。)


スポンサードリンク

ブログで暮らしている人がいる。

今ではYouTuberとかブロガーという人が世間的にも認知されて来ていて、特殊な働き方で生計を立てている人がいるんだなというのが認識されましたよね。

でも3年前ってYouTuberとかって言葉もまだ浸透してなかったんですよ。

ブロガーって言葉がありましたけど、プロブロガーと言ってブログのみで生計を立てている人がいるってことを僕は全く知らなかったんですね。

でそんな時に僕は出会うんです。熊本は3年坂のTUTAYAの一階の新書コーナーしかも棚差しです。w

当時僕は仕事に疲れていて、何か別の職を探そうかとか、今の現状を変えたいだとか散々頭の中で愚痴っていて、何も行動に移せなかった僕が偶然にも出会うんです。

今考えると題名が良かったんですよね。「年収150万円で僕らは自由に生きていく。

何だろうスカッとするような感覚。まだ読んでもいないのに心が晴れたんですよね。

今思うとさすがイケダハヤトさん。ピックアップしたくなるようにな題名に引き寄せられたんでしょう。

本の内容に関しては割愛しますが、ブログで生計を立てている人がいる。という事実だけで衝撃でしたね。

本は是非読んでみてほしいですね。僕は見事に頭かち割られたような衝撃でした。

それからはイケダハヤトさんのブログをはじめ色々な方のブログをみる機会が増えていきました。

一度ブログを始めて辞める。

それから最初FC2ブログを使って情報発信を始めます。

最初はカッコつけて本の書評を書いたり、「生き方」「働き方」とか興味もあまりないジャンルを必死に書いていました。

好きこそ物の上手なれとはよく言ったもので、興味のないものは長続きしません。

1、2ヶ月ぐらいでサクッと更新が滞り、いつのまにかやめてしまいました。多分その時の月間PVは1000もいってなかったと思います。

読まれない、儲からないと甘いものではないとわかっていながらも継続ができませんでした。

いや、この時は何もわかっていなかったんです。

そしてもう一度かち割られる。

ブログをやめたときは仕事もうまくいっていたのですが、それも長く続かず人間関係や仕事に嫌気がさしてくる時期がまたやってきました。

何も考えずに仕事やっているとこうなります。

だけど正社員で働いていていきなり辞めるのは怖かったです。いきなり収入0、今思えば独り身でしたし、バイトでもなんでもやってしがみついていけば辞めれたのですが、その一歩が出なかったんですね。

そんな時に久しぶりにイケダハヤトさんのブログをのぞいてみると。

まだ東京で消耗しているの?」挑発的なブログタイトルに変わり、何と高知に移住。お金を払って書生を囲ったり、なんか土地開拓したり、道作ったり、アフィリエイトに力を入れて売り上げが数千万になってたり、とにかく色々すごいことになっていましたw

以前の「イケハヤ書店」からすると根本的な考え方は変わっていないのですが、生活が激変していたのにびっくりして「こんな働き方あり?」とここで2度目の頭をかち割られます。

さらに移住してからブログの記事がまた面白くなっている。

それでなんか気づいたんですよね。あぁこのままではダメだ。動かないと人生は変えれない。自分は変われない。と妙に納得しちゃったんです。

そこで独自ドメイン+レンタルサーバー+ワードプレスで新しいブログを立ち上げることにしました。

以前のブログサービスに依存するのではなくて、自分で一からブログ運営を始めたいと思ったこと、また一定の支払いを発生させることでブログへ意識を集中させたかったという思い強く、ワードプレスでブログ運営をしてやろうと決意しました。

それからはひたすら記事を更新。

全てが毎日更新ではないですが、興味のあることだけをとりあえずどんどん記事にUPしていきました。

本ブログは雑多ブログです。僕の中で「何を書いてもいい。」「どういう書き方をしてもいい。」そして「書ける時間は全てブログに捧げる。」

というルールのもとひたすらに記事をUPしていきました。

実際には全てをブログには捧げていませんが、朝、昼、夜。隙間時間を使って日々記事を更新し続けました。

最初の半年はアクセスUPもクソもありません。一日数PV〜数10PVで収益も数円からよくて数百円です。

でも今回はやめませんでした。今振り返ってみると、知っているのが大きかったんですね。

数ヶ月毎日更新しても何も変わらない。

人生は簡単には動かない。

生半可な継続では何も変化しない。

ということを。

失敗は成功の母と言いますが、僕の以前のFC2ブログでの失敗からアクセスが少ないことは何のダメージにもなりませんでした。

超ドMになっていた僕はどんなことがあっても揺るぎませんでした。

アクセスが上がって一喜一憂することもありません。熊本地震があって更新が滞っても、1ヶ月2ヶ月ずーっとアクセスが横ばいでも僕の心は揺るぎませんでした。

そしてふと見上げると2年前とは違った景色の世界が見えていました。

そして、ふと今を見上げると月間アクセスが15万PVを超え、収益も10万近くまで行くようになっていました。

看護師関連の記事を書くこともあって、看護学生や現役の看護師さんで勉強の仕方や仕事の仕方に悩んでいる人からの多くの応援メールや相談のメールをもらい交流や時には相談に応えることもあります。

さらに仕事もブログ以外でのライティングの仕事や企業案件などのお話ももらえるようになってきました。

今までは看護師という仕事ひとつしかやれて来なかった僕が、今では色々な働き方をしています。

思い返せば「イケダハヤトさん」の一冊の著書に始まり、3年前とは全然違う景色をみることができています。

最後に言えること。

頭かち割られたのは大きかったなー。

こういう出会いって貴重です。僕の場合は本屋のコーナーポツンとあった棚差しの一冊。

偶然です。まぁ、本を読むことは昔からやっていて、それがきっかけの一つではありましたが。

この本を見つけたのはただの偶然です。

でもこの一冊で僕は人生というか生き方の概念をガラッと変えられました。

収益が増えてきてフリーランスになるか、そこを目標とするか?ということは色々な仕事に現時点では何も考えていません。ただいまと同じ働き方をずーっとは続けないだろうという漠然とした目標みたいなものがあるだけです。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

お仕事の連絡はこちらからお願いします。面白ければ何でもやります!よろしくお願いします。

【Twitter】@tuki_mizu

【メール】:tukimimizutarou@gmail.com




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter