論理の破綻した人と辛抱強く付き合っても結局自分が損をするだけだと気付いた。




スポンサードリンク

論理的に物事を考えられない人っていますよね。どこにでも。もうそれはそれはどこの職場でも学校でもどこでもいいのですが、います。

これは人生というか人間生活を送っていれば誰だって遭遇し、それなりに被害を受けている人多いんじゃないでしょうか?


スポンサードリンク

論理の破綻した人に論理を突きつけると感情で言葉を発してくる

これは論理の破綻した事を平気でいう人にはよく見られる現象です。

例えばSという仕事を成立させるためにはA→B→Cという段階を踏まなければならないとします。そんな時に実はB→A→Cの順番でもSという仕事を成立させられることに自分が気付いたとします。しかもちょっと効率が良い。

しかし、論理破綻している人はその新しいプランに対して否定をしてきます。しかもその否定意見にはなんら論理的な意見は含まれていないのです。例えば、「みんなそれでやっているから」とか「そういうもんだよ」等々全く建設的な話し合いはできず違う行動を起こす事をただただ嫌うタイプの人。

こういう人が厄介なのが、他者がそこにどんなに正当で論理的な根拠を持ち込んでもそれ以上の感情で否定してくるところです。

高圧的な態度「じゃあ勝手にすれば」などといった放置な態度。

本当に厄介です。

これに立ち向かう事へのメリット

メリットははっきり言ってないでしょう。

そしてこれに正当な理由を論理的な理由を振りかざして戦ったとして(それがたとえどんなに正義だったとしても)損をするのは自分なんですよね。

だってこのタイプの人間って納得しないんですよ。だって論理ではなく感情でしゃべっていますから。

残念ですが、この手合いを相手にしていると仕事がしづらくなるだけなんです。もし新しく効率の良い仕事の方法を考え出したとして、人間関係上仕事がしづらくなるのでは、結果的に非効率であり生産性は自ずと落ちるでしょう。

体力もつかいますしね。

だからもう無視です

無視って本当にいいですよ。極力関わらないほうがいいです。もうストレスの度合いが全然違います。

大抵論理破綻している人は仕事ができないでしょう。なので出世する可能性も少ない。何かの間違いで出世して権力を握る事もあるでしょうが、そんな人を出世させる会社はそれだけの会社なのです。見切りをつけて辞める事だって視野に入れるべきです。

理論武装でがちがちになるのもダメですが、何も考えていない何も良くしようとせず思考を停止させている人よりもよっぽどマシです。

論理を語る人はどういう形であれ考える力を持っている人だと思います。

しかし、その考える力を論理破綻している人との対立に使うのはもったいないです。そんな事に使うぐらいならドブに捨てたほうがましです。なので無視をおすすめします。

月見的(@tuki_mizu)見解

昔はすごい戦っていたんですよ。(今でもたまに戦いますが)だけどスルー能力がついてからは人間関係の煩わしさはなくなってきました。

スルー能力ってかなり大切。

99%の人は自分の思い通りには動いてくれません。これを理解するだけでかなり人生楽になりますよ。

論理破綻した人とは積極的に距離を取っていきましょう。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter