否定ばかりしてくる人の意見を聞けるようになれば、あなたの人生は成功する。




スポンサードリンク

相手の否定的な意見に真っ向から対抗するのは愚の骨頂です。

なんでも人の意見に否定的な人というのはいますよね。人の意見を自分の中でインプットした時点で反射的に否定の意見が出てくるような人。どこの世界にもいます。

こういう手合いの人をまともに相手にすると無駄です。時間の無駄です。ひいては人生の無駄です。


スポンサードリンク

時間は有限であり1日は24時間である。

時間については以前記事を書きましたが、1日は24時間であり、そのうちのいかにしてい自分のものにするのかは、どれだけ人生を有意義に過ごしたかと同義なのです。つまり、1日を24時間すべて自分の時間に使えればそれは最高の人生ということになります。

そんな時間を先ほど書いたような意味のない人に提供するなんて愚の骨頂だといいたいんです。

否定製造マシーン。

否定をマシーンのように製造しまくる人ってそこに何の論理性も持ち合わせていないことが多いんですよ。

ただ、相手を否定、非難することで自分が悦に入って喜びや快楽を得ているんです。

さらには思考停止しています。人のどんなにいい意見でも「いや、それは、、、」「でもね、」なんておきまりのセリフで切り返しては自分の良い方向に持って行こうとします。

これに対してさらに否定的な意見を言うことでもたらされるのはただの無駄。

この間違った否定に対して、正しく論理的な意見で否定しし返したとしても、そこに残るのはスッっとした気持ちだけです。多分、相手にはイラッとした気持ちと反目の気持ちを植え付けるだけで、その場は良くても結果的に働きづらくなったり足を引っ張られたりするだけなんです。

得が少なすぎるんですよ。

そしてこの少なすぎる得を得るためにある程度時には多大な時間を割くことになるわけですが、それがもう無駄。タイムコストが悪すぎます。

批判、否定、をとりあえず受け入れる。

考える力をつける本の著者轡田氏がめちゃくちゃいいこと言ってます。

批判されて、気分を害しているだけでは損だ「なるほど」とつぶやきながら、批判を肯定的に受け止めれば多少は得した気分になる。

なんでもない特に意味のない否定的な意見も、こう噛み締めれば味が出るんです。

とりあえず自分の中で噛み締めて、「ほう。そんな意見もあるのか」と自分の中で受容し考える方が、先ほどの対立する関係を生み出すよりもどれだけ有意義なのかは理解出来ると思います。

これを損ととるか有意義ととるかは考え方次第です。もし、この対応を「損だ、間違った意見を我慢するなんて損だ」と思う人は否定製造マシーン予備軍です。

否定製造マシーンの人たちはこの思考の人が絶対的に多いからです。

そな一味に加担する必要は全くないのでそんな思考捨て去りましょう。

月見的(@tuki_mizu)見解

否定製造器の人間に相対したらとりあえず投げられたボールは打ち返さずにキャッチしてあげましょう。キャッチしてあげられる余裕があれば人生を何倍も有意義に過ごすことができます。

そして、無駄な時間を過ごすよりも「どうしたらうまくいくかなー」と試行錯誤して仕事の内容を考えたり、時間の使い方を考えたりする方が生産的です。

全ては時間に繋がってきますが、アホな人に時間割くよりももっと自分のために時間を使いましょう。ってとこなんですよね。

反射的に否定する人とはこう関わっていきましょう。

記事内の書籍




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter