ライブの料金に地方価格差があってもいいじゃない!東名阪ばっかりじゃつまらないですよ。




スポンサードリンク

東京都・地方って地価が全然違うわけですよ。僕は今は熊本に住んでいますが、一時期東京に出稼ぎに出ていたことがあります。(一年ちょっとぐらいですが)その時はラーメンの高さに驚いたものです。

面白い統計があるのでご紹介。

これ見るとラーメン激戦区の福岡はほっといて(福岡は都会なんですけど食に関してはしのぎを削っているのか比較的安価なんですよね。)東京なんかと比べると熊本の方は100円ぐらい価格差があるんですよね。(熊本43位ってすごいな)

地価の問題なのか衣食住の住は特に価格差があって同じクラスの物件だと体感で倍くらい違うんじゃないかなー。ほんとわけわかんないくらい高いんですよ。


スポンサードリンク

バンドのライブって東名阪などの都会に集中している。

正直バンドがライブを行う場合(バンドに限らずだとおもいますが)九州だと福岡止まりということが結構あるんです。これは端的に集客が悪いからだと思います。

800人ぐらい入るキャパのライブを行う場合福岡では満員でも熊本では売れ残っちゃう。こんな現状があるんです。

なので必然的に九州だと福岡まで、なんてことが起こり得るんですよね。

だけどやはり地元でライブが見たい音楽ファンはいる。

やはり県外になると仕事関係とかで見に行けないとか旅費が、、、なんてこともあるんですよ。

ライブの料金にも地域格差があってもいいんじゃない?

ベースを下げれば観客動員数は増えると思うんですよ。単純に料金を下げる。

東京で5000円なら熊本は3500円とか。料金に地域差をつけることで動員数を確保する。バンドに赤字が出るのならやるべきではないんですが、多分満員を確保できればやれると思うんですよね。

やはり音楽はライブ。生の音が絶対的に強いです。地方にもたくさんライブを見に行きたい人はいるんです。でも地元でやってくれないのは痛い。音楽がもっと活性化するためにも都会だけではなく地方から盛り上げる方法が求められていると思います。

多分前例がないと思うんですが、誰かやってくれないかなー。

音楽はもっと盛り上がれると信じてるんですけどね。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter