5年10年先の未来など予想できるわけがない。足元から数センチ先を見るぐらいの気持ちでいいのだ。




スポンサードリンク

2016 11 01 19 18 12

自分が15の時なので高校一年になるのかな。

そんな時に自分が25歳の時に何やっているかなど想像できるだろうか?仮に想像していたとして、実際の25歳はその想像と合致しているのならそれは素晴らしいことだけど。

たいていの場合は想像もしてないことをしている、もしくはなりたい自分になれていないことはよくあることだ。

人生というのはそんな単純なものではなくて、まっすぐな道もあれば、回り道もあれば、壁もあって、穴もあって、はしごもあって、もしくは空の方向に進むこともあってと色々な道がある。

なんというか曖昧模糊としたもので、想像するだけ無駄だと思うんだよね。

今日日本にそこそこ大きい隕石が落ちてきたら、日常などは全部吹っ飛ぶわけでそんな未来を想像できる誰かなんて引田天功かエスパー伊東ぐらいだと思う。

まぁそんなレベルの天変地異はなかなか起きないけど、僕の住んでる熊本では震度7の大地震が起こったりして、人生何があるかわからんなと再認識させられたばかりだ。


スポンサードリンク

目標は数ヶ月先に達成できるもので十分。

よく会社や学校で目標を決めてから取り組むべきだなどと言って、意識調査みたいなアンケートがある。

一つの質問に5、10年後に自分がどんな立場になり、何をやっているのかを踏まえ今から何をすべきかを答えなさい。

みたいな質問があるんだけど、こんな無意味な質問に答える意味などないと思っている。

そもそもその仕事を続けているかどうかもわからないし、その会社自体が存続している保証もない。

なのでどうせ未来を意識するなら、ちょっと先の未来ぐらいで良いと思う。

ちょっと先の未来が見通せれば今何をすべきかは目標として立てるべきだし、何より行動につながる。

10年後の未来のための行動なんて今の自分には動き出しようがなかったるするので。

僕の経験上よくて1年先。

僕なんて結局15の時は普通に就職して一生その仕事にしがみついて生きていくんだろうなーという漠然とした気持ちでいたけど、結局、一般企業に就職して一年足らずでやめている。

その後はアパレルで働いたり(しかも3件ぐらいを転々と)ニートのように(というかニートだが。)パチンコばかりしていたり、学生になったり、看護師として働いたり。

ちなみにこの出来事は18〜22歳ぐらいまでの出来事なのですごくめまぐるしい。

たった数年でここまで働く環境や生き方が変わるので、10年先の未来など想像できるはずもない。

ちなみに最初の就職以外一つとしてそんな仕事に就くなどと想像できていなかったのだから。

だから10年後の未来など考える必要はない。できて一年先だと思う。

正直一年先もどうかと思うのだけど。

月見的(@tuki_mizu)見解

未来なんてどうしたってみとうせない。

経済学者などが束になったって日本の今後の景気など言い当てられないのだから、何者でもない僕らが10年先の未来など予見できるわけない。

どうせ先を見るなら足元から少し先ぐらいを見て、転ばないように気をつけるぐらいで良いのだ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\シェアしていただけると助かります。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。