ボタン一つで全てのプランを決めてくれる。そんな結婚式があっても良くないですか?




スポンサードリンク

2016 04 03 00 30 00

形式ばったことが極度に苦手だ。

なので式と名のつくもののレール上にいるのが億劫でしょうがない。

結婚式などというのは最たるものでそれの主人公的な位置に立たされる場合(つまり新郎新婦の立場)素晴らしいくらいに逃げ出したくなる。

そもそも結婚式とはなんなのだろうか?

各々こころに決めた人と一緒に暮らして行くという心構えなどはとうに決めている。そして十分に幸せであるのだからいいではないか。

そんなことが脳内を駆け巡る中で僕は結婚式の打ち合わせに出ている。


スポンサードリンク

どうしてもしなきゃいけないことなのか?

僕は結婚式を挙げることに関して非常に否定的だ。

何百万もかけて「結婚」するということを決定しお披露目することに何の意味があるのだろうか。

そんなところに数百万円もかけるのであれば、家族と親戚とに美味しい料理やお酒を振る舞う宴席を一席設けた方が僕には意味があるように思う。

さらに言えば、新郎の立場は絶望的でお人形にのように前に座らされて、巡り巡ってくる人たちにお酒を注がれ、気を遣いすぎて死んでしまいそうである。

ここで誤解を招くといけないので一言断っておくが、僕は結婚にはすごく幸せを感じている。夫婦二人でご飯を食べに行くことや、散歩をすること。

夜寝るときに温もりを感じれることは非常に幸せだと思う。

なので結婚には何の抵抗も異論もない。

しかし、結婚式は別である。あれに意味などあるのだろうか?

結婚式の打ち合わせ

さらに結婚式の打ち合わせはなぜあんなにも事細かに決め事があるのだろうか。

僕らは夫婦揃ってそう言った形式ばった決め事が苦手で、「めんどくさい」と感じざるを得ない。

しかし、プランナーさんは「お二人で作り上げる大切な式」というこれもまた形式ばった幸せを押し付けてくる。

もちろん、結婚式を楽しみで自分の結婚式をオリジナリティ溢れるものにしたい。と考えている夫婦もいると思う。

それはそれで構わないし、そう考えれる人は素晴らしいとさえ思う。しかし、僕のようなその楽しみ方が全くわからない人だっているのだ。

なので提唱したい。ボタン一つで作り上げられる式を。

なので結婚式に関わる仕事についている人に提唱したいのは、ボタン一つである程度の形の決まった式が出来上がるようにしておいて欲しいのだ。

イメージ的には、幾つかのプランがWEB上に用意してあって、飾り立てる花やテーブルクロスの色、進行や流れる音楽があらかじめ決まっていて、それをボタン一つで選択できる仕組みである。

僕らの場合、着る衣装に関しては自分たちで着たいものを選びたいという少々の意欲は持ち合わせていたので、そこは自由プランという形で細かく選択できる。とか。

全ての人が一から結婚式を作り上げたいと思うのは勘違いだ。ある程度はそっちにお任せしたい。そウ思う僕のようなめんどくがりがいるのだから。

あと贅沢を言うと、新郎が何もしゃべらなくて良いプラン。とかを考えてくれるとさらに助かる。基本的には挨拶などは回数が少ないほうが良い。

このプランは新郎が結婚式の最中座っているだけで良いプランです。などというものがあったら僕は感動する。多少お金を払ってでもそのプランにしてしまいそうだ。

月見的(@tuki_mizu)見解

幸せの感じ方は人それぞれで、結婚式というものにあまり魅力を感じない人もいることを忘れないで欲しい。

また、繰り返すが、僕は結婚自体は本当に良いものだと感じている。しあわせなのだ。

「結婚式」というものが嫌いなだけなのだ。

ということで結婚式を生業としている人の目にこの記事がもし触れれば、少しご検討いただきたいと思う。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。