森見登美彦作品聖地巡礼の旅。下鴨神社、糺ノ森、鴨川デルタに一気にいけるコース!




スポンサードリンク

森見作品が好きすぎて、文庫で先読みしちゃった作品もハードカバーで買い直ししてしまうほどのファンである。

どうも月見水太郎(@tuki_mizu)です。

森見作品はそのほとんどが京都を舞台にしており、風景描写などから作品を読むたびに一度訪れたいとおもっていました。

先日嫁のプランでUSJへの旅行がきまり、3泊の予定で1日は京都に言ってみようと提案して実現しました。

しかし、しっかりと動けるのはUSJからの移動を含めると半日程度、であればと厳選して3つの聖地を巡礼してきました。

それぞれが比較的近くにあり歩いて行ける距離。オススメコースをご紹介しておこう。


スポンサードリンク

下鴨神社

森見登美彦作品では登場頻度の高い下鴨神社。

恋は短し歩けよ乙女や四畳半神話体系や有頂天家族などの作品に登場する神社。

ここを通らずして森見作品は語れません。

【アクセス】下鴨神社前という素晴らしいバス停がある。

下鴨神社前というわかりやすいバス停がある。

京都駅からも一本で行けるのでアクセスしやすい。

実際に下鴨神社を散策してみる。

参道は広く気が生い茂っている。

2017 03 18 11 51 12

まずは身を清めよう。

2017 03 18 11 54 06

鳥居をくぐると広い境内がやってくる。

2017 03 18 11 56 08

京都では一番古い神社の部類に入るらしく軽く1000年は越す歴史があるらしく。建物の一つ一つが古めかしくそれでいて荘厳だ。

2017 03 18 11 59 02

日陰に佇む下鴨家3男の「下鴨矢三郎」思わずシャッターを切りました。

なんかこれだけ格式の高い神社にアニメのキャラがいるとそのギャップが何か嬉しくなる。

水みくじ

色々とみるところもあるのだけど、水みくじなるものがあったのでやってみることに。

2017 03 18 12 01 09

おみくじの売ってある売店の目の前に小川が流れているのでそこでおみくじを水にさらす。

2017 03 18 12 02 22 2017 03 18 12 06 04 2017 03 18 12 06 26

中吉ながら結構手厳しいことが書かれているので結んでおくことにした。

2017 03 18 12 07 02

そこそこ結びづらいです。

2017 03 18 12 08 52

続いて糺ノ森。

鴨川を下っていく方に足を向けるとそこが糺ノ森だ。

こちらもかなり道幅が広く森だけに木ばかり。

2017 03 18 12 17 13

妙に澄んでいて英気が養われるような感じがする。

2017 03 18 12 22 26 2017 03 18 12 23 45

自然を感じながら歩いていくとあっという間に出口に出てしまうので噛み締めながら歩くことをお勧めします。。

パワースポットのよな雰囲気。

最後に鴨川デルタ。

糺ノ森を抜け、賀茂川を下っていく。

2017 03 18 12 46 39

ここは少しばかり歩きますが、そんなに遠くはないので大丈夫かと思います。

2017 03 18 14 07 05

高野川と賀茂川の合流点が三角州になっていて、ここが通称賀茂川デルタと呼ばれている。

思わずロケット花火を向けたい衝動に駆られますが、手持ちのロケットを切らしていたのでどうにもならない。

対岸へ石を渡って行けるのでせっかくなので嫁と渡ることに。

2017 03 18 14 01 09

女の人や子供でもガンガン渡っていたので、よほど小さなこどもじゃない限りは渡れると思います。

最後にデルタを間近で見てみます。

2017 03 18 14 03 26

かなりデルタデルタしていて、良かったです。

最後に言えること。

ここまで普通に歩けば1時間ぐらいで回れると思います。ゆっくりと見ながら回って2.3時間じゃないかと。

それぞれの場所がかなり近いので森見登美彦氏の作品の風景を感じるにはいい巡礼ルートです。
森見登美彦氏の聖地巡礼を考えている人は一度お試しあれ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。