ふるさと納税でいただいた「いくらの醤油漬け500g」を4日かけて消費してみた!




スポンサードリンク

北海道鹿部町にふるさと納税したのだけど、その返礼品でやって来た有り余るいくらの醤油漬けをどう処理して行くかを真剣に考えてみた。

ただ、食べログをいくら調べようと出てくるのは海鮮丼の類ばかり。

そうならばといくら500gを海鮮丼で強行消費していこうと思う。


スポンサードリンク

いくらの醤油漬けをたっぷり楽しむ丼づくし

とりあえず冷凍してあるいくらを常温に置いて解凍して行く。

2017 02 05 18 54 33

やばいくらいの量だ。これで実質2000円は安すぎる。

夫婦二人なので本当に消費できるのかが心配。さらにこういう生ものは日持ちしないのでスピーディに消費していくことになる。

頑張るしかない。

一日目

とりあえず1日目は刺身の切れ端をスーパーで買って来てオーソドックスな海鮮丼にしてみる。

2017 02 05 18 57 24

いくらをたっぷりかけたので刺身が隠れてしまっているが、

2017 02 05 19 07 33

しっかりと切り身はある。

味付けは醤油とみりんとごま油でこれもまたオーソドックスな感じ。ご飯はそのままの白米を使用。

2017 02 05 19 07 27

いくらをしっかりとキープしつつ白米とかきこもう。

2017 02 05 19 08 02

素晴らしきかな。いくらの醤油漬け。

思ったよりも薄味なので濃い味付けが好きなら作ったタレをいくらの方にぶっかけよう。

ちなみにこれだけ使って(二人分)まだこんなに残っている。

2017 02 05 18 58 16

2、3日は行けそうかな。

二日目

二日目はちょっとだけシンプルに山芋とろろといくらで丼を作ってみた。

2017 02 06 21 00 47

これまたとろろの存在感がなくなっているがちゃんといくらの下にいる。

2017 02 06 21 01 01

味付けはとろろの方にめんつゆを混ぜてあるだけの簡単仕上げ。

2017 02 06 21 05 19

プチプチととろとろが白ご飯と絡み合って最上の喜びを与えてくれる。

3日目

一生の不覚とはこのこと。

料理の写真を撮り忘れてしまったが、三日目は丼だけでは飽きるのでゆずどうふにたっぷりといくら合わせたものを食べた。

これが案外いけて、どんぶりに飽きた人は豆腐と合わせてみるのはオススメ。多分どのタイプの豆腐と合わせてもいけると思う。

この日はさらに普通の白ご飯にものっけて食べたので結構消費できたと思う。

4日目

今日は嫁が生を出してつくってくれた。

やはり嫁が作るのはちょっと手が込んでてうまい。

2017 02 08 18 39 17

まずいつもと違うのはご飯が酢飯。

さらにぶりの味付けがめんつゆと生姜これがシンプルなんだけどめちゃくちゃうまい。

今までで一番うまい丼となったのは言うまでもない。

やはり面倒でも酢飯の方がいくらや刺身とよく合うのだ。

2017 02 08 18 39 23

そしてついに4日目にしていくらの醤油漬けが終了!

最後に言えること。

夫婦二人で積極的に消費していって4日かかってやっと500gのいくらの醤油漬けを堪能することができた。

いくら自体の質が高いのでいっぱい食べられるので全然苦ではないのだが、ゆっくりと食べたい人は小分けにして冷凍する方がいいかな。

しかし、毎日いくら丼でも全然大丈夫だな。

ちなみに今回のいくらの醤油漬けはふるさと納税でゲットしたものだ。

僕はいつもさとふる使ってサクッと納税している。

ふるさと納税はやっといて損はないので是非一度お試しあれ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter