1日1記事以上ブログを書くためにやるべき2つのこと。僕はこうして15万PVブログを作りました。




スポンサードリンク

2017 04 17 21 19 30

ブログの記事を書くのって時間がかかりますよね。

特にブログを始めた時は何をどのように書いていいのか全くわからないので、1記事書くのに数時間下手すると数日かかることだってあります。

本ブログ「つきみず書庫」は月間15万PV読まれるブログに成長しましたが、そこまでブログが成長できたのは愚直に記事を更新し続けてきたからだと思います。

そんなつきみず書庫を2年ほど運営してきた僕が、記事を量産するため、フットワーク軽く書くためにやってきたことをノウハウとしてご紹介します。


スポンサードリンク

1日1記事以上ブログを書くための環境づくり。

僕はブログを始めて2年ほどが経ちます。700件近くの記事をあげていていて、日に換算すると1日1記事以上書いています。(2017年4月16日現在)

特に最初のころは寝る間を惜しんで記事を量産していて、一月に90件ほど日で3記事ずつ更新していた時期もあります。

僕は現役の看護師で、つまり一般的には兼業ブロガーだとかサラリーマンブロガーだとか言われる類の者ですが、兼業でも一日3記事かけるんですよね。

時間も大事ですが少しコツがいる、僕が書くために行ってきた環境作りをまずご紹介します。

書くためのハードは重要です。

環境というのはまず書くためのハードとソフトになりますが、これがかなり重要です。

まずはMacBookです。PC一個から買う?という疑問は重々わかります。

僕は一度4ヶ月でブログを一つ潰していますその時に感じていたのは書くストレスを無くすって大事だなということ。だからこそ地盤を固めて今回のブログは運営をスタートさせました。

一度失敗した僕が言います。PC環境はMacBookをおすすめします。

僕は以前FC2ブログ+Windows環境で運営していたのですが、MacBookを使い始めて2年あまり、やばいぐらいMacBookの方が使いやすいです。

特にブロガーの人はMacBook使いが多いので、ブログ関連の調べ物をするときもMacBook前提の答えが多かったりします。そういう意味でもMacBookはおすすめです。

とりあえずストレスを減らすというのは大事なことですが、MacBookの場合このトラックパッドこれがめちゃくちゃ使いやすいんですよね。

2015 09 07 19 37 22

image by MacBook Pro Retinaディスプレイモデル – 特長 – Apple(日本)

Windows機にも付いているものがあるのですが、MacBookのトラックパッドとは似て非なるものです。

MacBookの場合マウスが全く必要なくなるので本当にどこでも記事が書けます。

そして、このどこでも書けるというのが大切なんですよね。

どこでも書けるようにしておくと、家でも出先でも、会社の昼休みにでもどこでも書けるようになります。ブログは隙間時間を利用して書き始めると驚くほど書けます。

僕はこの隙間時間を利用して多い時で日に3つ記事を更新します。本業の仕事日でもです。

ちなみにMacBookはなんでもいいです。僕の場合ブログを書き始めた時にまだ、AirとProしかなく、Retinaディスプレイの解像度が高いものがProしかなかったのでこちらにしただけです。

今はMacBookの12-inchとかのもっと安価で持ち運びしやすいものもあるので、これは自分の予算や好みで考えるといいと思います。

ここは妥協しない方がいいと僕は思います。

記事を効率よく書くために入れておきたいアプリ

これは「ブログを始めるときに入れたいアプリケーション5選」というタイトルの記事があれば必ず入っているであろう2個をご紹介します。

MarsEdit

MarsEditこれを無くして効率よく記事は書けませんし、引いてはブログは始めれません!(別に始められるんですけどね。それだけ大事ということです。)

MarsEditがもたらしてくれるのは、記事を書くためのストレスの排除と執筆速度の劇的な向上です。

僕も最初の数ヶ月はワードプレスのエディタを使って書いていたのですが、MarsEditを導入してからはう戻れません!体感で記事を書く時間が半分ぐらいになった感覚があります。

一番気に入っているのが、HTMLのタグを自分でショートカット登録できるところですね。このシステムは重宝してます。

アプリケーションの価格が5000円と高めですが、まず間違いなく元は取ります。

3ヶ月で120記事ぐらい書いていれば記事の内容にもよりますが広告収入でペイすると思いますので、とりあえず導入するべきだと思います。

TextExpander

次に紹介したいのがText Expanderです。

【公式サイト】Text Expander | Smile Software

TextExpander、これも有無を言わず購入するべき素晴らしいアプリです。

MarsEditがまだ敷居が高いのなら、とりあえずこちらだけは先に入れておくのも手です。

注意
TextExpanderApp Storeからは購入できませんので、海外のサイトからダウンロードすることになります。

特に難しい部分はないのですが、一応購入方法を記しておきます。

これも詳しい話はググれば腐るほど出てきますので省略します。登録してある文字列を打つと自分が指定している言葉やタグがサクッと入力されます。

定型文とかをタイピングしながら呼び出せるアプリケーションです。辞書登録のストレスフリー版で普通にタイピングしながらどんどん呼び出せる神アプリです。

こちらも安いアプリケーションではないですが、必ずやあなたの助けとなってくれます。

PhotoBluk

次に欲しいのが画像の圧縮、リネームなどの編集アプリです。

PhotoBlukです。

ブログを書いていく上で画像を添付することはもはや避けて通れないかと思います。特にカフェ記事や食レポ、レビュー記事を書く場合否が応でも画像は入れることになると思います。

そこで画像のリサイズ、圧縮、リネームをすることになると思いますが、その作業を一気にやってくれるアプリケーションです。

上記3つをそれぞれのアプリケーションで行うと3回作業が必要になりますが、PhotoBlukは一気にそれをやってくれます。しかも速い!

つまり、3回の手間が1回で済むようになり、時間短縮、ストレス改善につながります!

価格も600円で良心的。こちらも600円以上の価値があります。

1日1記事以上ブログを書くための時間作り。

環境が整えばかなり記事は書きやすくなりますが、次に大事なのが時間を作ることです。

まず「時間がない!」と叫ぶ兼業ブロガーは本当に時間を作る努力をしているのか、という疑問を持つべきです。

まず僕は時間という概念を「ある」「なし」では考えることをやめ、時間は「作る」「作らない」ということで考えるようにしました。

700記事書いてきた僕が、ブログを書くためにやってきたことをいくつかご紹介します。

脱テレビ人生!

例えば仕事から帰って家についてホッと一息「テレビでも見よう!」となっている人いませんか?

斯く言う僕も帰ったらテレビマン人生を送ってきました。しかし、テレビって時間食い虫なんですよ。

面白い番組に当たれば1時間など簡単に浪費してしまいます。そして受動的な情報の撮り方ではブログのネタにもなりません。

なのでテレビを見る習慣がある人はまずキッパリと辞めましょう。どうしても見たいテレビがある人はHDDにでも撮りためて休日などを使ってみてください。

テレビを見る時間がある人は「ブログを書く時間がない。」とは言えません。

ブログを始めてから僕は極端にテレビを見ることがなくなりました。そしてその時間をブログへと向けることで記事を量産できます。

テレビを見ながらでも作業ができるという考えも捨てた方がいいです。かなりの確率で作業効率が下がっていると思います。

脱テレビ。これだけで自分の時間というものはかなり増えますので、テレビを見る習慣がある人の時間作りには有効です。

隙間時間で記事を書く!

隙間時間をどれだけ使えるかというのは、記事の生産性を上げる重要な技術です。ポイントは普段隙間だと思っていない時間でもブログは書けることを認識することです。

ぼくの隙間時間の代表例を話すと、仕事時の昼休みです。

僕の愛機MacBook Proですがもちろんラップトップなのでどこにでも持ち運べます。

僕は毎日仕事場にMacBookを持っていきます。

まず毎日持っていくための環境づくりも大事です。僕は持ち運ぶためバックも購入しました

そして昼休みでも中休みでも5分時間があればPCを開いて記事を書きます。

僕の場合MarsEditは開きっぱなしか最小化させていつでも記事を書く途中状態にしています。MacBookのいい点は待機状態でずっと使えるので液晶を開くと3秒で書ける状態に持っていけます。

最初はたかが5分だからとなかなかPCを開いてまで記事を書かないんですが、これが習慣化すると1分でも時間があると開いて書いています。息を吸うように記事を書く感覚これを覚えることが大事です。

そして感覚とリズムができれば自ずと記事を量産していけます。

ほとんどの人が、少しでも時間があったらスマホいじるじゃないですか?そんな感覚でPC開いて記事を書く。習慣化すれば必ずできます。

何度も言いますがMacBook購入を強くおすすめします。MacBookなら開いたときのレスポンスが早いのでスマホを取り出した感覚で使えます。そういう意味でもMacBookはいいんですよね。

朝の30分は何よりも集中できる時間。

仕事から帰り、ご飯を食べ、雑務をすませるとお風呂に入り、やっと記事を書こうかと思えば10時、12時なんてことありますよね。

明日仕事あるからなーなんて思っていると、眠気まなこで気乗りのしない状態での執筆はとても非生産的です。

そんな時間に書くぐらいなら思い切って寝ましょう!眠ってしまって30分早起きするのです!

夜の1時間より朝の30分の方が僕は貴重だと考えています。

僕が記事を休まず更新し始めたときに目標として5時半おきを目指しました。だいたい仕事に向かうのが7時20分ぐらいなので、準備の時間を考えると7時までの90分これがかなり有意義な時間になります。(早い時は4時起きです。)

それまでは出勤する直前まで寝ていたのでとても朝からの時間は記事を書いている暇がありませんでした。しかし、記事を書くために早起きをし始めると爆発的に記事を書けるようなったのです!

まず朝は頭がすっきりしていてガンガン筆が進みます!「朝って逆に眠くて生産性落ちないの?」という疑問あるかもしれませんが、そんなことはなく朝は絶対的に筆が進みます。

まず夜の時間より朝の時間というのは誘惑が少ないです、テレビにしてもやはり夜の時間は面白いものが多く、そういうのを見ながら記事を書くのは生産性が低くなります。

朝が苦手という人でも習慣化することであまりきつくはなくなってきます。短い記事ならそれこそ2記事ぐらいは書けちゃうので朝早起きでの記事執筆はおすすめです。

今まで紹介してきた中で一番効果があると感じるのはのはこの早起きの執筆です。それだけにハードルは高いのですが、習慣化もコツなので為せば成るです。

最後に言えること。

僕はブログを始める前と始めた後の初期の段階でここまで環境を整えてから記事を執筆することにしました。

以前4ヶ月で辞めたことを考えると嘘のように記事を書くことができました。形から入るのは良くないと言いますが、環境を整えることは非常に大事です。

全てを揃えようとするとお金もかかるし生活スタイルも変わりますが、そういう代償を払うことでブログは継続できるし、記事を量産できるわけです。

ブログは書けば書くほど成長し、どんどん自分の考えや環境を変化させてくれます。

この2年を振り返りながら、やはりブログって楽しいなーと思います。

それでは記事を量産できない誰かのために、是非一度お試しあれ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

2 件のコメント

  • ブログを始めたいと思ってるのですが
    パソコンとタブレットとスマホ、
    どれでやるのか迷っています。
    それぞれの利点と欠点などを教えて頂きたいです。

    • どうも月見です。

      ブログを始めたいということですが、ブログの内容はお決まりでしょうか?

      僕の場合画像を使った記事が多いので画像の編集や処理をする関係もあり、そもそもスマホなどで文字を打つのが苦手なので最初からPC一択でした。

      明らかにブログの記事を書くのはPCの方が楽です。

      タブレットもキーボードをつければラップトップっぽくできるのもありますが、PCには敵わないと思います。
      記事にも書いていますが、ブログはめんどくさいを極力排除した方が継続できるのでPCをお勧めします。

      ただ、今はスマホで記事を書くのに有用なアプリもたくさん出ていますし、スマホで始める場合敷居がすごく低いのでフットワーク軽く始めるにはスマホでもいいとは思います。特にブログサイト使う場合などは導入作業も少ないので。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。