函館ロープウェイからの夜景は一生もの。駐車場などの注意点をご紹介。




スポンサードリンク

函館といえば夜景。

本当に北海道は夜景の綺麗なところだと思う。函館もしかりに札幌もしかり、ビルや家から発せられる小さな光が集まって一つの芸術作品のような夜景を生み出すのだからびっくりする。

今回僕らの旅行では1日目を函館で過ごした。

その中で「ジェノバ」という函館ロープウェイにのった先にあるレストランからみた夜景はとても価値あるものだった。

今回は函館ロープウェイに行く際の注意点と夜景をご紹介。


スポンサードリンク

函館ロープウェイ関して

ロープウェイに関しての一番の注意点は駐車場。ロープウェイ乗り場の周りに無料・有料の駐車場が幾つかあるのだが、明らかにキャパが足りない。

なのでピーク時の時間帯に行くととてもじゃないけど駐車できない。そのため公共の交通機関やタクシーを使うことになる。

2016 09 11 18 43 51

僕らの場合は幸いホテルを近くにとっていたのでそこに停めてから、タクシーで乗り場まで向かった。

ラビスタ函館ベイ」というホテルに泊まったんだけど、ここからなら歩いて行けそうな距離だったんだけど、レストランの予約の時間もあったのでタクシーに乗った。

2016 09 11 18 52 47

ものの5分で到着。

2016 09 11 18 53 09 2

5分間隔でひっきりなしにロープウェイは動いているので行く時間はそんなに気にしなくていいのかと。

2016 09 18 2229

料金はこんな感じ。10時以降だとロープウェイ使わずに車で乗り入れできるみたい。それ以外はタクシーだと行けるとのこと。(ちなみにジェノバの夜景の見える席のコース料理を予約するとチケット付きなので受付で名前を言うとチケットをもらえる。)

片道料金があるのもこの関係だと思う。

せっかくならロープウェイを使うほうが断然いいと思うけど。

2016 09 11 18 54 51

日曜日だったんだけど、並びは多くて1、2本待ってから乗れた。

乗り込む時は、

2016 09 11 18 54 03

チケットについているQRコードを

2016 09 11 18 56 40

「ピッ」としてから入場。

2016 09 11 18 57 05 2016 09 11 18 57 21 2016 09 11 18 57 44

ロープウェイのゴンドラ内は見ての通り混雑する。さらに窓側のいい場所を取るには並びが前になった人から入っていく人が有利なのでこの辺は運も絡んでくる。

それでもよほど背が低くない限りゴンドラ内からは夜景がみれると思う。

2016 09 11 19 02 02

僕らはあまりいい位置を取れなかったので少し後ろから写してみた。揺れたり人がいたりでブレブレになってしまったのだけど、参考程度にはなるかな。

はっきり行って直接みたほうがいい。

展望台からはさすがの眺め。

2016 09 11 20 23 22 2016 09 11 20 25 27

これはやばい。

あの函館のくびれがきっちりと映る。これ以上の夜景って存在するのかな。

ちなみに展望台スペースは2段の構造になっていて、上の写真が上階から下の写真は下階からの写真。

人を写したくなければ下の階から撮るほうが綺麗に写る。雲も入ってこれは僕の中ではベストショットです。

しかし、夜景って初めて撮ったけどめちゃくちゃ撮るのが難しい。

月見的(@tuki_mizu)見解

ということで函館ロープウェイの注意点についてちょっとまとめてみた。

とりあえず夜景がみれる時間帯にいくのがいい。函館に行ったらば絶対にいくべき。

一度お試しアレ。

ちなみにロープウェイと併設されているレストラン「ジェノバ」も夜景が綺麗にみれる。ディナーでの特別コースを食べて来たのでその記事は次回書きたいと思う。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

お店の場所




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter