城彩苑「夢あかり」で馬肉麺を食べる。熊本城近くの美味い店。




スポンサードリンク

2015 12 13 12 16 23

熊本城は「城彩苑桜の小路」で麺を食べるのならば夢明かりですよー。熊本風の中華麺が食べれるのはここだけじゃないでしょうか。

日本三大名城の一つ熊本城ですが、そこの城下町をイメージした「城彩苑桜の小路」は熊本に旅行で訪れるなら必ず寄ってほしいところです。

その中で馬肉を使ったちょっと変わった中華麺を食べれるのがここ「夢あかり」なのです!


スポンサードリンク

肥後めしや「夢あかり」

2015 12 13 12 16 07

瓦屋根の雰囲気がいいお店構えです。

店内は少し中華風といった様相を呈しています。土日のお昼間でしたので店内は入れ替わり立ち代りで結構賑わっておりました。

2015 12 13 12 20 23

メニューがこちらです。

2015 12 13 12 17 51

あか牛ハヤシライスも気になったのですが、僕はこちらをチョイス。

2015 12 13 12 18 26

彩りもきれいですし、馬肉を使った中華麺を食べてみたかったのでこちらを選んでみました。馬肉麺と書いて「マーローメン」と読むみたいですね。

2015 12 13 12 18 51

さらに高菜めしを一緒にチョイス!熊本の味を堪能してみます!

馬肉麺を食す。

2015 12 13 12 23 51

写真でもそうだったんですが、実物もめちゃくちゃ彩りがきれいです。

2015 12 13 12 24 06

これが馬肉。

スープは醤油ベースのあっさりした味で関東風のラーメンといった感じです。

2015 12 13 12 24 39

熊本のラーメンはコテコテの豚骨が一般的なんですが、それと比べるとスッキリしていてスルスルと麺が入ります。

2015 12 13 12 26 05

馬肉は歯ごたえを残しながららもよく煮込まれていて。スープによく合っています。

仕上げは高菜ご飯♪

これは絶対頼んで損のない一品ですよ!

2015 12 13 12 29 14

高菜ご飯はそのままの高菜を混ぜてあるものもあるのですが、こちらは油炒めした高菜を混ぜ込んであります。僕はこちらの方が好みで、バクバク食っちゃいました。

最終的にはスープと絡めて、ちょっとした雑炊を楽しむのもオツなものですよ。

2015 12 13 12 36 12

月見的(@tuki_mizu)見解

熊本のあの甘みのあるコテコテ豚骨とは違った味わいでありながら、馬肉を組み合わせた熊本の食も味わえるということで、熊本内・外どちらの方でも楽しめる一品だとおもいます。

特に高菜めしとの組み合わせは絶品ですので一度ご賞味あれ。

城彩苑はとにかくいろいろとご飯やさんやスイーツ食べるところもあるのでオススメです。

県外から旅行や遊びで来る人は是非行ってみてください。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

お店の場所

素敵なお店見つけるおすすめアプリ!

シンクロライフ」というアプリで、素敵なランチやディナーのお店を見つけられます!今はどこに言ってもお店が多くて、実際にどんなお店に言っていいのかわからないですよね。

そんな時に、現在地や地名で美味しいお店を簡単に見つけることができるのが「シンクロライフ」です。

実際の口コミ情報なども載っているので、お店選びに迷う時に使いたいアプリです。

ダウンロードも利用も無料なのでぜひ一度使ってみてください!

\無料でシンクロライフを使う!/




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

ブログ運営者「月見 水太郎」をチェック!

熊本のプロブロガー月見 水太郎です!<>

看護師でありながら、ブログ運営で副業月収50万達成!さらに、フリーランスとなり、看護師とブロガーの2つの顔も持っている。

さらに初心者向けブロガーサロン(「凡人ブロガーサロン」)を運営中!

個人向け企業向けのコンサルも行なっています。熊本のブロガーや小売のお店でブログで集客したいと考えている方は、ぜひご相談ください!

Twitterでも情報発信していますのでぜひフォローもお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter