9ヶ月で14万2000円。ぼくがおすすめする500円貯金の理由。




スポンサードリンク

地道な努力。塵も積もれば山となる。継続は力なり。幾千のもの時を超えて現代まで残っている言葉。

「努力した者が全て報われるとは限らん。 しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる。」といったのは鴨川源二ですが、いつの時代も継続すること、努力することは重要視されてきました。

それならばぼくも努力を!と今日も二度寝をしながら考えています月見水太郎(@tuki_mizu)です。

先日

関連記事:500円玉貯金を初めて9ヶ月。なんか貯金箱がいっぱいになったので開封の儀を行うよ。

という記事をエントリーしましたが、そうです、ぼくは500円貯金を成功させたのです!

つまり、端的にいうとぼくは人生の成功者というわけです。

そんな僕が人生の成功者として(上からですいません)、500円玉貯金を継続させるコツ、またはその有益性について解説していきます!


スポンサードリンク

500円玉貯金行うことで購買欲、浪費癖が抑えられる。

ものを買いたくなる意欲はなかなか抑えられません。ミスタードーナッツが100円の日にはストロベリーカスタードフレンチが食べたくなるものです。

それは人間の性であり抑えられない衝動であるのです!

しかし、この500円貯金。やり始めればわかるのですが、ハマって集めてしまうと現実的なお金が減ってしまいます。

つまり、預金通帳などに入っている直接的なお金が目に見えて減っていきます。そうすることで、浪費に抑制がかかるのです。いつもギリギリの生活をしていると錯覚してしまいます。

お金を数字で見るなら家計簿を見ればいんじゃないの?という意見もあるでしょう。

家計簿は時に悪い面があります。それは、自分でお金をコントロールできていると錯覚することにあります。

つまり、家計簿をつけているから大丈夫という自信が浪費につながることがあるのです。次の月にやりくりすればいいや、と。

私はその典型でよく付きの終わりに浪費をしてしまうことがありました。

とりあえず現金がなければ買いたいものも買えないんです。単純なことでした。

ということで500円貯金のおすすめです。

継続するコツ

500円貯金を続ける時には幾つかのコツがあります。

その一つとして

2015 06 10 21 49 42

これ、貯金箱です。これ一面からしか撮っていないですが、全面なんの記載もありません。最初についてるシールにさえいくらたまるとかの記載がないのです。

つまり、ワクワク感が違う。これいま半分ぐらいたまってるけど、いくらぐらいになってるんだろう?

という具合に期待が膨らみ継続させる意欲になります。

次に、どんどん周りに吹聴しましょう。「僕いま500円玉貯金やってるんです!」と、この効果は絶大です!

まず、人に言って回ることで、いまどうなってるとか、500円いっぱいあるけど両替しようか?などと声をかけてもらえることがあります。その度に貯金しなきゃ!って気持ちが震え上がるのです!

持続するやる気がブースターを周りからもらっているようなものです。これはとてもはかどりますよ。

しかし結構貯まってくると人によっては、「貯金溜まったら何をおごってくれるの?」とか「俺いま◯○がほしい」などという大して面白くもないボケを放り込まれるという副作用的なものがありますが、これは通行料として払っておきましょう。

500円玉の確保

これです。これが一番困るのですが、500円玉の確保問題。これは普通に生活してたら500円玉なんてそうそう溜まっていきません。たまたま出た500円玉を貯金してたら、そこそこ恰幅のいいおじいさんになってしまいます。

なので、能動的に500玉を確保するしかないんです!

ということで、いまクレジットで支払いをしている人はなるべく現金で支払いをしていきましょう。

僕も基本はクレジットで買い物をします。大体ポイントのためなんですが、500円玉貯金にそんなもの無用です。

どうしてもクレジットのポイントが気になる人はコンビニだけは現金とか本を買うときは現金とか決めてやってもいいでしょう。

現金で買うときの注意点です。

300円のものを買って1000円を出すというのは当たり前のことなんですが、1800円なんかの中途半端な金額のときににも

2300円出したりなどなるべく500円をお釣りでもらえるように努力します。

休日の日などに外に遊びに行くと結構現金を使うチャンスは訪れます。そのチャンスを逃さずなるべく500円玉でお釣りが出るように頑張ってください。

ちなみに、2746円などの中途半端な金額の清算する場合は、3250円や3300円など多めに出して500円をもらいます。

計算が難しいといわれる方には簡単な計算方法があります。

とりあえず下3桁の数字から500円を差し引いた額以上の金額を上乗せして払えばいいです。

例えば、

支払い金額 4760円だったとします下3桁760円から500円を引きます。

すると、260円という数字が出てきます。

なので、普通紙幣だけでの清算の場合は5000円を出しますが、その金額に260円以上の金額を上乗せします。

例えば、5300円

すると、5300円引く4760円で540円のお釣りがもらえ一回の買い物で最低でも一枚の500円玉がもらえます。

最初は戸惑いますが、慣れるとどこでもこんな感じで清算していきます。

コンビニなんか特にこんな感じで小銭を少なく支払うお客は多いです。なので別段店員も気にするそぶりなどみせません。

気にせずどんどん500円を確保していきましょう。

おわりに

2015 06 10 22 09 35

こんな感じで500円玉貯金のすばらしさ、そして継続する方法について書いていきました。

ほんと達成感のある貯金法ですよ。

こんなうず高く積まれた500円玉にこころはウキウキです!

さぁ考える前に、始めましょう。達成したときの高揚感は保証します。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

関連商品




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter