水筒はやめてペットボトル飲料をオススメする最大の理由。




スポンサードリンク

水筒洗ってるひとお疲れ様です。

僕はとうとう水筒を生活から切り離すことに成功しました。

洗い物という時間は本当に自分の生活の時間を奪ってしまう悪しきものです。洗い物がストレス解消になる!という奇特な方は覗いて極力洗い物減らしたいと思うのが人間の自然な摂理ですね。

仕事場でのランチを自炊のお弁当にしている方は切っても切れない水筒と洗い物これがお手軽に生活から無くなる方法をご紹介します。


スポンサードリンク

いろはすを買えば済む話でした

取り合えずAmazonでポチってから

2015 09 09 18 00 50

到着です!

かなりの重さなので恐る恐るダンボールを開けてみると、

2015 09 09 18 01 06

4×6=24本!圧巻の24本です!

Amazonで1700円ぐらいだったので、一本あたりは大体70円ぐらいになります。

近くのディスカウントストアだと60円台だと思いますので少々割高になるんですが、ディスカウントストアでまとめ買い→車に乗せる→マンションの自分宅まで運ぶという作業を減らせますので、時間と労力の削減考えると全然アリの選択なんですよね。

時間削減という意識を持ち始めてからコストパフォーマンスばかりを追い求めるのが馬鹿らしくなってきました。前述した労力を削除できるなら100〜200円のコストは大きな出費じゃないと思いませんか?

2015 09 09 18 05 02

ちょっと多いので台所の棚に収まりきらないですw

取り合えず3〜4本は冷蔵庫に入れて、後は常温保存としました。朝からお弁当と一緒に持っていけばそれでOK!

お金では買えない時間の問題。

水筒って洗いにくいし、そもそも洗って乾燥させて、拭いて、お茶を作って入れて。

と一人の人間がその行為に時間を割きはじめるとものすごい時間の無駄になるんですよね。

これ、一年の単位で考えると恐ろしい時間の無駄になる。

なので、コストをかけてでもペットボトル飲料に切り替えるというのは全体的にみてかなり得だと思うわけです。

大切なのは「お金がもったいない」ではなくて「時間がもったいない。」に切り替えれるかなんです。これは人生を生きて行く上でかなり大事な思考なのでおぼえておいたほうがいいと思います。

月見的(@tuki_mizu)見解

なんか「水筒洗うのめんどくさいなー」と思い始めて、仕事場でペットボトルの水を買い始めたんですよね。職場で飲み干せば職場のゴミ箱に捨てれますし、家に持って帰ったとてゴミ箱にポイっです。

コストの面を考えると自販機で買うよりディスカウントショップでまとめ買いをしたんですが、先ほども言ったように労力考えるとAmazonだなー。と今回初めてポチりました。

24本というのが絶妙で職場の出勤日数考えるとちょうど一ヶ月で飲み干してしまうんではないでしょうか?

これでまた一つタイムコーディネートできました。時間は有限です。少しでも自分の時間を増やせるように日常に蔓延る無駄を排除していきましょう!

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

記事内の商品




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

3 件のコメント

  • 500mlペットボトル1本で1日を過ごすのは危険だと思います。
    人間が1日に必要な水の量は1.5リットルです。
    わたしは、仕事が忙しいのを言い訳に水を飲むのを怠り、それが原因で一生お付き合いする腎臓病を患いました。(昼休憩と残業含めて、会社にいる10時間で、500mlしか飲んでいませんでした。そのこと以外は健康そのものでした。)
    家に居る時間だけで、1リットル飲まれるのでしょうか?

    記事の論点とはズレますが、月見様のお身体が心配でしたので、コメントさせていただきました。時短勤務など、労働状況が違った場合、申し訳ありません。

  • 水筒を洗うのを面倒だと感じたことはないです。
    アマゾンでの買い物の方が面倒だと感じてしまい、なんだかつまらなくも感じます。
    ネットショッピングでは味わえない充実感でしょうか。

  • 「時間は金より大事」とのことだが、ペットボトルにかけたコストは、果たしてどのくらいの労働時間に相等するのか……

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
    メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
    twitter facebook follow us in feedly RSS twitter