「有頂天家族」タヌキをここまで面白くかける小説家は森見登美彦をおいて他にはいない!




スポンサードリンク

2015 11 07 19 27 53

タヌキをここまであほらしく描き切る作者は森見登美彦氏をおいて他にはいないであろう。

そしてここまで楽しくタヌキを描き切る作者も森見登美彦氏をおいて他にはいないであろう。

森見登美彦氏のタヌキドタバタアクション「有頂天家族」の2作目を読みました。森見氏の作品は本当にこのようなタヌキがいるのではないかというほど自然に人間界で生活するタヌキが描かれています。

そして皆アホーであり、それは阿保の血のしからしむところであると言っています。

阿呆の道よりほかに、我を生かす道なし。――待ちに待った「毛玉物語」再び!

TVアニメ化され、累計32万部突破した大ベストセラー『有頂天家族』。
森見史上、最も壮大で、最も愛の溢れる”あの物語”の第二幕。

天狗や人間にちょっかいを出しては狸界で顰蹙を買っている、京都下鴨家の三男狸・矢三郎は、まあまあ愉快に暮らしている。ところが、老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎである“二代目”が英国より帰朝すると、平和な街の気配が一変。天狗親子は大喧嘩、狸たちは覇権争い、狸を喰う人間たちは悪巧み、あちこちで多発する片思い……と、京都の街は混迷を極める。
矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ! 一族の誇りをかけて、尊敬する師、愛する者たち、そして毛深き命を守れ!
愛おしさと切なさで落涙必至の感動巨編。

by Amazon 有頂天家族 二代目の帰朝

タヌキ達の見所は?

毛深きタヌキ達のあほらしいアクションは健在で下鴨矢三郎の相変わらずの生き方もそのままであります。

3部作と言われているこの有頂天家族の第2部として刊行された今作の見所は、やはり師匠天狗赤玉先生の息子が街に帰ってくるところと、それ付随して起こる親子ゲンカ、そして赤玉先生が溺愛する天狗の弟子である弁天と2代目の戦い。

にある。あの妖艶で絶対的な力を持った弁天が2代目の帰朝によりその地位・力を脅かされるのである。

また、下鴨家と恵比寿毛の因縁の対決が決着!?最後の章を読み進める時はもうページをめくる手が止まりません。

有頂天家族の一部でもそうだったんですが、最後の怒涛のように進んでいくストーリー展開は「次は?次は?」と読者の読欲をどんどん引き出していきます。

今回はサスペンス要素も入っていて、なるほどー。「こういうことか」と最後に気づかされる部分もあってただのアクションで終わってないところがいいですね。

詳しい部分は読んでからのお楽しみで。

一部は絶対読んだ方がいいと思います。物語自体は単発ですが、キャラクターの関係性やつながりはやはり一部から読むことをお勧めします。

記事内の書籍

こちらが一部!↓




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 医療・看護師関連の未来の働き方についてなどについても情報発信しています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter