博多名代「吉塚うなぎ屋」のうな丼とうな重の違い!値段、メニュー、駐車場情報もご紹介します。




スポンサードリンク

お店の看板

博多でうなぎといえば知らない人はいないくらい有名店である博多名代「吉塚うなぎ屋

観光客も多く

博多名代「吉塚うなぎ屋」の場所、アクセス、駐車場

博多区中洲にお店あり!電車のアクセスは中洲川端駅

駐車場は無し!車でのアクセスはコインパーキングを。

専用の駐車場はないので、車で行く場合は近くのコインパーキング利用しましょう。

おすすめはこちら。「三井のリパーク中洲2丁目

駐車場の看板 コインパーキング

ゆったりと駐車できるので大きな車でも停めやすいです!

博多名代「吉塚うなぎ屋」のお店の雰囲気(内観・外観)

雰囲気がよく風格漂うお店。

鰻屋さんの入り口

お店はすごく綺麗です。

老舗ということもあって、佇まいに風格が漂っています。

一見入りづらいという雰囲気があるのですが、観光客の人も多く入ってみるとわかりますが、かしこまる感じではないです。

入り口の看板

看板カッコ良い!

1階は待合所、2階がお店。

待合所みたいなスペースになっていて、ちょっとした椅子とテレビが置いてあり、吉塚うなぎの歴史ある映像が流れております。

テレビ

ここでじっくりと吉塚うなぎの良さを堪能したら、エレベーターか階段で上に向かいます。

階段 エレベータのスイッチ

2階の受付用紙に名前を記入!順番を待つ。

すごいスピードでお客さんが入ったり出たりしていますが、きちんと受付用紙に記入すれば順番で席に通してくれます。

受付用紙

お店は3階まであって、今回はお店の厚意で個室の席を案内してくれました。

多分、空いているところに入れてくれると思うのですが、それがたまたま個室だったというわけです。

個室の部屋

通常は個室は別料金がかかるらしいのですが、今回はお店の都合なので無料です。

つまりラッキーです。

博多名代「吉塚うなぎ屋」のうな重・うな丼メニュー、料金。

吉塚うなぎのメニュー

うなぎメニュー
うなぎメニュー

・うなぎ丼(並):1900円
・うなぎ丼(上):2500円
・うなぎ丼(特):3100円
・うな重(並):3100円
・うな重(上):3700円
・うな重(特):3100円
・蒲焼き(上):4700円
・素焼き:4800円

よく頼まれるメニューを抜粋しています。

そのほかにはうなぎ懐石などのコース料理もあります。

特別な日などには良いですね。

ドリンクメニュー

こちらがドリンクメニューです。

ドリンクメニュー

さすが老舗の鰻屋さんですね。

ビールを始め、焼酎や日本酒、果ては洋酒まで数多くラインナップされています。

博多名代「吉塚うなぎ屋」は美味しい!うな丼とうな重の違い!

うなぎ屋さんに行ってきになるのがうな重とうな丼の違いですよね。

今回は、どちらも上ランクでうな丼とうな重を食べ比べしてみました。

うなぎの食べ方の違い!

簡単に説明するとうな重はご飯とは別にやってきて、タレを別につけて食べます。

うな重

こんな感じでたれば別になっています。

うなぎのタレ

なのでかなり上品な感じですね。

タレに使ったうなぎ

反対にうな丼は、ご飯の上にタレがかかった状態でやってきます。

うな丼

どちらが良いというのもないのですが、やはりご飯にしみたご飯と一緒に食べる方が僕が好みです。

うなぎの枚数は?

うな丼の方が安いので、もちろんうなぎの枚数に違いがあります。

こちらがうな丼です。

うな丼 うな重

やはりうな重の方が豪華ですね。

うなぎは美味しい?博多名代「吉塚うなぎ屋」のうなぎの美味しさ。

橋で掴んだうなぎ

まずはじめ言っておくと、うなぎはめちゃくちゃうまいです。

僕は家で、ふるさと納税でいただきた高級うなぎを食べたことがあるのですが、それとは全然違います。

こちらもチェック!

1万円のふるさと納税で食べれるコスパ最強うなぎまとめ。食べ方も一緒にご紹介します。 | つきみず書庫

ふっくら感とうなぎの厚み。そして甘いタレにマッチした風味。

お店で食べるだけの価値がある一品となっています。

多分自宅での焼き方にも違いがあると思うのですが、味が全然違います。

博多名代「吉塚うなぎ屋」の営業時間、電話番号などの基本情報。

店舗基本情報
店名 博多名代「吉塚うなぎ屋」
営業時間 11:00〜20:30
定休日 水曜日
電話 092-271-0700
住所 〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲2丁目8−27
駐車場 近くのコインパーキング:三井のリパーク中洲2丁目
クレジットカード 不可
電源 なし
Wi-Fi 未確認

博多名代「吉塚うなぎ屋」のうなぎは絶品!

もう一度行きたくなるお店って、そんなに多くはないんですよね。

特にうなぎとかになると、どこも同じような味に感じることもあるのですが、ここ「吉塚うなぎ」は別の美味しさがあります。

福岡に行った際はぜひ一度足を運んでみて欲しいお店です。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

ブログ運営者「月見 水太郎」をチェック!

熊本のプロブロガー月見 水太郎です!<>

看護師でありながら、ブログ運営で副業月収50万達成!さらに、フリーランスとなり、看護師とブロガーの2つの顔も持っている。

さらに初心者向けブロガーサロン(「凡人ブロガーサロン」)を運営中!

個人向け企業向けのコンサルも行なっています。熊本のブロガーや小売のお店でブログで集客したいと考えている方は、ぜひご相談ください!

Twitterでも情報発信していますのでぜひフォローもお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter