家電の有料保証の必要性について家電購入から5年経った今考えてみた。




スポンサードリンク

2017 09 10 22 50 26

家電量販店やネットで家電を購入し場合の保証について、本当に必要あるのか?という疑問を持ちつつ少々の負担で泣く泣く5年保証などに入っている人が多いと思います。

今回その疑問に終止符を打つために僕が一人暮らしを始めたときに揃えた家電が5年でどうなったのかを語りたいと思います。

結論から話すと5年保証いらねーんじゃねぇ?という一つの答えに結びついたので、今から家電を購入検討しようとしている人で5年保証について迷っている人の参考になればと思います。


スポンサードリンク

各社5年保証について。

家電量販店の売り上げ上位3社の5年補償について少し調べてみました。

家電有料保証量販店別比較
保証価格 保証年数 故障の種類
ヤマダ電機 商品金額の5% 3年・5年 自然故障
ビックカメラ 商品金額の5%(ポイントOK) 3年・5年・10年 自然故障
ヨドバシカメラ 商品金額の5%(ポイントOK) 5年 自然故障

以外に知らなかったのですが、売上で調べるとヤマダ電機がダントツで1位なんですね。店舗数がやはり多いからでしょうね。ビックカメラとかヨドバシとか地方には少ないイメージなんですよね。

それはさておき、保証価格や種類についてはほとんど変わりはないようです。

ビックカメラが製品の種類によって保証対応年数が違いますが、基本的に料金は家電の価格の5%というのが相場のようですね。つまり本体価格が高ければ相対的に保証にかかる費用も高くなるということです。

本体価格が安いものに関しては、一律1080円などの固定料金になっているところが多いです。

僕が5年前に買った家電達。

ということでまずは僕が一人暮らしを始めるにあたって買った家電達です。

正確な金額は覚えていないので、なんとなくの金額でまとめておきます。

電子レンジ

電子レンジはパナソニックのオーブンレンジです。

当時のものはAmazonでも探したのですが、見つからずスチーム付きで30000円ぐらいの値段でした。

冷蔵庫

アクアのブラックの冷蔵庫、右びらきの2ドアでシンプルな作りの冷蔵庫です。

一人暮らし用には大きいかなと思ったのですが、思い切り自炊する予定だったのでこのサイズにしました。

自炊する方でお一人暮らしだったりオススメできる冷蔵庫です。

当時量販店で70000円で購入したと思います。

トースター

見た目のかっこよさとこんなにコンパクトありながら、2枚同時にパンが焼けるという機能性も兼ね備えた一品です。

一人暮らしには場所も取らずにお勧めできます。当時は5000円ぐらいだったと記憶しています。

電子ジャー

電子ジャーはこだわりたかったのですが、予算の関係でこのタイプのものを買いました。

多分これの前型のものを持っていると思うのですが、上蓋が分解式になってて洗うところが多かったので、面倒だったんですよね。

今はすっかりと土鍋炊きに変わってしまたのでここ1年使ぐらいは使ってません。しかし、4年フル稼働で壊れなかったのは事実です。

20000円ぐらいで買ったと記憶してます。

ドライヤー

これは強力なドライヤーですよ。とりあえず早く髪を乾かしたいという人にはお勧めです。

これは5000円しなかったと思いますが、計算しやすいので5000円とします。

掃除機

10000円で一番吸引力の強い掃除機をください!」と言ったらこれがきました。

ルンバが来るまではバリバリ働いてくれていました。5年間全く壊れることはなかったなー。

もちろん今でも使っていますし、ガンガン吸引してくれます。

1万円切る掃除機ではよく吸ってくれる掃除機だと思います。

洗濯機

洗濯機は全く一致するものが検索できなかったので金額だけ載せておきます。

10kgの大容量で機能的には最低限のものがついていて5万円程度の物です。

一人暮らし用には大きかったのですが、溜め込みそうだったので大きめをチョイスしました。

全ての家電の保証料金

それでは全ての家電の保証料金についてですが、安い家電もあるので全てが5%対象ではないと思いますが、とりあえず計算しやすいように5%で計算してみます。

オーブンレンジ:30000円
冷蔵庫:70000円
トースター:5000円
電子ジャー:20000円
ドライヤー:5000円
掃除機:10000円
洗濯機:50000円

全てを合計すると190000円これの5%なので9500円です。

つまりこの約10000円を支払う価値があるかどうかこの保証がいるかどうかの争点になります。

5年保証の価値について5年経った僕が思うこと。

5年間何も故障しなかった場合は無駄だったと簡単に言えるのですが、この保証に関して問題なのは家電好きな人からすると数年経って故障した場合に新しいものに買い換えたい欲が出てくることです。

僕の場合、例えば購入して4年ぐらいで故障したものがトースターだった場合、4年後のちょっと質の良い新しいものに買い換えたいと思うんですよね。

となると僕が保証期間として考えるべきは最初のメーカー保証の1年を除いた2年以降から4年未満ぐらいということになります。

その2年間の間に家電が壊れる確率などを考慮して保証に入るべきなのですが、家電ってなかなか壊れないんですよね。

そもそも僕は生まれてこのかた家電が壊れて修理に出した記憶がない。今回の引っ越しでは購入していますせんが、テレビやゲーム機、HDDレコーダーなど今まで買ってきた家電は合計すると100万近くになると思います。

何れにしても5年以内に壊れて修理が必要になった事例はありません。今までの保証金は5万円ぐらいになってんじゃないかと思うと、お金払ってまで家電は保証に入らなくても良いじゃないかという結論に達しました。

僕の結論は保証はいらない。

家電はなかなか壊れないですし、いずれ1個ぐらい修理する事例が出て来るかもしれませんが、その時の修理費用ぐらいだったら今までの保証費で賄えるんじゃないかなと思います。

家電量販店によってですが、年数に応じた修理上限金額があるのでその金額以上は手出しになるわけでお金が一切かからないわけではないです。

唯一気になるのが冷蔵庫のようにかなり長いスパンで使用することを想定したものは別かもしれないです。そもそも家族用とかになると金額も高くなりますし、10年単位で使うものは自然故障の可能性も否定できませんので。

まぁそれでも思いつくのは冷蔵庫と冷暖房、PC関連ぐらいだと思います。

それ以外は入る価値があまりないかなー。という結論です。

まとめ・最後に言えること。

あくまでも個人的な見解ですので、もちろん保証に入るか入らないかは自己判断でお願いします。

しかし、なんとなく進められたら保証に入ってしまうのが日本人の感覚としてあるんですよね。しかし、ちゃんと客観的にみて本当に必要かどうかというのは考えた方がいいです。

振り返ってみて、僕はいらないと感じましたが、壊れた経験や修理した経験がある人にとっては必要なものなのかもしれませんし。

ということで迷われている方の参考になればと思います。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

「無敵の思考」ひろゆきさんの思考を真似ると人生楽に生きれそうだ。

2017.09.18

光の森「Cafe room Ibiza」でゆめタウンからすぐ!ハンバークとチキンの満腹ランチ。

2017.09.16

味の素「Cook Do 青椒肉絲」でお手軽チンジャオロースーレシピを教えるよ!

2017.09.12

ドミノピザ「ピザサンド」は一人前でピザが食べれるぼっちに優しい商品です。

2017.09.11

CBジャパン「スレートプレート」盛り付けがインスタ映えするだけの食器ではない!

2017.09.09




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter