熱中症対策!夏フェスに必ず準備しておきたい便利グッズをまとめた記事!




スポンサードリンク

2017 08 02 20 21 51

ロックロールでもヒップホップでもレゲエでも、夏フェスに参戦しようと思っている人に向けて、これだけは持って行って損しないグッズを厳選してまとめておきたいと思います。

夏フェスに参戦して思うのが「あぁ、あれも持ってこればよかった。」という後悔の念。

そんな後悔をしないように夏フェスを楽しむためのグッズをご紹介しておきます!


スポンサードリンク

夏フェスとは?

特に日本ではロックバンド系のフェスが多いですが、有名どころで行くと

「フジロック」

「ロックインジャパン」

「ライジングサン」

「サマーソニック」

です。これらは4大音楽フェスと言ってこれ以上ないぐらい大規模なフェスです。

ステージがいくつもあって同時に何バンドも同時に演奏します。その中で自分の好きなバンドの音楽をタイムテーブルを見ながら聴きまくれるのです。

2017 08 02 1754

タイムテーブルなどは見てるだけで楽しくなりますね。

夏フェスにはなぜ準備を持って臨むべきなのか?

先ほどのタイムテーブルを見てもらうとわかると思うですが、隙間なくライブスケジュールが組まれていて、休憩する時間などもなく熱中する人はノンストップでライブを楽しみます。

そんな中で夏場に行われるだけあって暑さや熱中症というリスクがつきものなのです。

熱中症は安易に考えていると痛い目を見ることになる病気です。

なので今回はその暑さや熱中症対策として持って行きたいグッズを中心にまとめておきます!

夏フェスに持っていきたいグッズ総まとめ!

夏フェスに参加する形態によって様々かとも思いますが、今回は夫婦2人で行く場合や友達と少人数で行く場合を想定してグッズをまとめておきます。

小物入れバック

嫁が小銭やチケットなどを入れて持ち歩くときに便利です。

特にフェスの群衆に入るときは、大きなバックは邪魔ですのでこういう小さめのバックが必要になります。

2017 07 17 07 45 09

アウトドア系のブランドで防水加工がしてあるのが特にオススメです。

2017 07 17 07 45 34

保冷バック

冷たい飲み物を入れるためのものです。

2017 07 17 07 50 27

クーラーボックスでも良いんじゃないの?という思う方もいるでしょうが、フェスによってはクーラーボックス禁止のところもあるのです。

なので、僕ら夫婦は保冷バックを持って行きます。

自分が想像してるよりも多めに持って行くことがコツです。飲み物はフェス内でも購入できるのですが、行列に並ばないといけなかったり最悪売り切れるということもあるので、自分で持って行くことをお勧めします。

冷凍ペッドボトル飲料。

コンビニなどでも売っているのですが、フェス当日の近くのコンビニは全滅していると思って良いです。

なので前もって家の冷蔵庫に確保しておくことをお勧めします。

冷凍ものがいい点は保冷バック内の保冷剤代わりになること。半分ぐらい溶かして中にぬるい飲料を入れて冷たくして飲むということも可能です。

保冷剤別途持って行く必要がなくなるという点もいいところです。

レジャーシート

熱中症対策としては休憩場所の確保は必要です。

フェスによってはキャンプテントが張れるところもありますが、もしそういうスペースがなければレジャーシートをひいて適宜休みましょう。

立ちっぱなしで一日はさすがに危ないのでレジャーシートなどは必須ですよ!

防水系がオススメです。下が土だと汚れやすいので、使い切りのタイプでもいいですが、スペースが取れるなら広めのものがオススメです。

広めのバスタオル

タオルは必須です。

というより肩掛けるタオルは当然のように持って行くとは思いますが、今回オススメしたいのが、広めのバスタオルです。

2017 07 17 07 51 59

特に速乾性のあるタオルがオススメです。

2017 07 17 07 52 10

レジャーシートなどで休んでいるときに日に焼けないように膝にかけたりして使います。

直射日光は本当に体力を奪われるので、広めのタオルは持って行っておくと便利です。

Francfranc(フランフラン)のバスタオルでクイックドライというのがあるんですが、これが結構大判でおすすめです。

汗拭きシート(大きめ)

使い捨ての汗拭きシートは必需品ですが、僕がオススメしたいのが「」

2017 07 17 07 46 37

これかなり大判で一枚で体全体が拭けます。

フェスに一日参戦していると座っているだけでもTシャツ1、2枚は交換したいところです。

そんな時の汗拭きとして使用してください。

すごく便利です。

急冷ヒヤロン

これ、嫁が買ってきてくれて初めて使ったのですが、現場ではかなり助かりました。

2017 07 17 07 47 20

使い方は簡単で真ん中あたりを「ばんっ!」てぶっ叩くだけで、氷枕のような冷たさが実現します。

これを頭、首筋、脇の下などにタオルで巻いて冷やすと熱中症対策になります。

時間的には1、2時間ぐらいしか持ちませんが、炎天下で特に昼過ぎの一番暑いときの急場をしのぎたいときに助かります。

ドリンクホルダー

これは実際に立って行動するときに使えるグッズです。

フェスはごはんなどの調達が難しく、フェス飯エリアなどの屋台などはかなり混雑します。

購入するまでに数十分またなければならないので、その時も水分補給が欠かせません。

2017 07 17 08 08 27

そんなときにパンツのベルトループに引っ掛けてペットボトルが持ち歩けるドリンクホルダーは便利です。

僕のはコロンビア製ですが、似たような奴はAmazonでも沢山ゲットできます。

日焼け止め

これは説明するまでもないですが、必須です。

僕は皮膚が弱く絶対日に焼けたくないので、2、3時間ごとに塗っていました。

2017 07 17 07 49 04

塗るときはスプレータイプが便利ですね。かなり手軽に日焼け止めを塗れます。

まとめ・最後に言えること。

夏フェスに持って行ってよかったと思うグッズを総まとめしました。

夏フェスはすごく面白いのですが、暑さと熱中症対策は本当に気をつけておきたいところです。

今まで紹介してきたものは実際に我々夫婦がフェスに持って行ったものです。全てとは言いませんが飲み物や日焼け止めなどポイントを押さえて準備して行くことをオススメします。

一度お試しあれ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

竹原ピストル「俺のアディダス」が一人の男としてカッコ良すぎる一曲なのだが。

2017.01.31




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

ブログ運営者「月見 水太郎」をチェック!

「看護師」「ブロガー」「ウェブ編集者」「ライター」など様々な仕事を持つ復業師。

一つの仕事はつまんないので、色々とやっています。

よかったらツイッターフォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter