タクシー配車アプリ「JapanTaxi」は田舎でも使えて便利!使い方や予約方法をご紹介。




スポンサードリンク

ジャパンタクシーのPR

LINEタクシーやUBERなどのスマホ一つでタクシーが呼べちゃうサービスはありますが、日本でローンチしても結局東京などの大都市圏でしか利用できる機会は少ないです。

特に僕のような熊本県人地方プロブロガーには、聞こえてくるのはネットの便利の声ばかり。

しかし、実は地方でもスマホでタクシーの配車予約ができるアプリがあるのをご存知でしょうか?

Japan Taxi」というアプリなんですが、これだと全国どこでもスマホで配車、清算が可能です!

めちゃくちゃ便利なので地方の皆さん必見です!

今回は「Japan Taxi」の機能やタクシーの配車、予約方法についてご紹介します。

\まずは「JapanTaxi」をダウンロード/


スポンサードリンク

「JapanTaxi」ってどんなアプリ?

JapanTaxi」はタクシーの配車アプリです。

今まで電話をかけて「○○に何時にタクシーお願いします。」と予約していたのを、スマホアプリで簡単にできるようになりました。

別に電話かければいい。

と思うかもしれませんが、「JapanTaxi」では、登録してあるタクシーをすぐに選択可能なので、タクシー会社ごとに電話を掛け直す必要が無くなります。

この辺りがかなり手間がなく便利。もちろん会社名を指定して予約することも可能です。

「JapanTaxi」の決済方法は?

さらに「JapanTaxi」のおすすめできるところは、決済方法にあります。

通常現金決済の多いタクシーですが、「JapanTaxi」の場合はクレジット決済やApple Payの決済に対応しています。

「JapanTaxi」の決済方法一覧

クレジットカード
Apple Pay
Google Pay
yahoo wallet

しかも、最初に決済手続きを取るので、タクシーの中で精算に関する手続きはなく、乗って降りるだけで完結します。

これがとてもスムーズでおすすめなんです。

「JapanTaxi」への登録

アプリのダウンロード

まず初めに、下記ボタンからアプリをダウンロードしましょう。

Japan Taxi」を利用するには、「Apple Pay」での決済の場合はダウンロードと簡単な登録作業ですぐに利用できます。

Apple Payでなく、他のクレジットカード決済をしたい場合は、別に「JapanTaxi」への登録が必要になります。

アカウントの登録

新規登録をタップして、自分の携帯の電話番号を入力します。

JapanTaxi登録画面

タクシーの配車時のやりとりがある場合のため、電話番号の登録は必須となります。

また本人確認のためSMSで確認番号が送られてくるので入力。

SMS認証画面とアカウント情報

アカウント情報を入力しておきます。

利用規約に同意したら、ネット決済の対応エリアかどうかをチェックして【設定する】をタップ。

画像の青い部分をタップすれば自分の現在地から決済が可能かどうかがわかります。

App japantaxi06

熊本で決済可能だったので大抵の地域では大丈夫じゃないかと思います。

クーポンコードを持っている人はここで登録!

初回限定クーポンのコードを持っている人はここで登録。

ちなみに後からは登録できないので注意

クーポンを持っていない人はこちら

クーポンコード:57A818

App japantaxi07

単純にクーポンポイント分割引になるので、ここは絶対登録しておきましょう。

精算方法の決定

次にキャプチャし忘れたのですが、docomoケータイ払いやauウォレット、クレジットカード払いなどの清算方法がいくつか選択できます。

決済設定画面

今回はクレジットカードも登録してみました。

基本的にはApple Payでの決済が楽なので、Apple Payを使いますが、利用していない人は、クレジットカード登録することで利用できます!

これでApplepayかクレジットか両方とも選択できるようになりました。

配車予約方法と決済までの流れ。

アプリを起動するとグーグルマップが出て来ます。

現在位置情報で自分の位置は示されているので、そこを起点にタクシーが停まり安い位置に【ここから乗る】というピンを移動しましょう!

配車指定画面

そのままピンを挿して②のここで乗るでも大丈夫ですが、場所がわかりにくいときは、場所名で検索もできますので、駅名やショップ名で検索。タップすればその住所が選択されます。

さらに、タクシーが来て欲しい位置を微調整します。駅であれば出口がいくつかあると思うので、自分がいる方にピンで位置指定します。

乗車位置設定画面

乗り場を決めたら、次に降車場所を指定します。

降車位置設定画面

これでタクシーの運転手さんとの道のやりとりもなくなります。

乗車場所、降車場所を指定したらおおよその料金が表示されます。

2018 09 30 11 38 21

地図の下部にあるタクシー会社をタップすると、利用できるタクシー会社一覧が表示されるので、そこでタクシー会社を選択します。

乗車位置とタクシー会社選択画面

会社を選択したら、先ほどの画像の下にある【ApplePay】をタップし、【TouchID】もしくは【FaceID】で決済処理をしていきます。

(この時点で決済完了するわけではなく、降車時に料金が請求されます。)

多分先に支払い処理をしておくことで、料金精算の取りこぼしや不備を無くすためだと思います。

予約配車したい場合は?

ここに乗るの横にある予約日時を指定すると、時間や日付を指定してタクシーを呼ぶことができます。

予約画面

後の操作は変わらないので、予約の場合も全然手間ではありません。

タクシー到着までの時間がリアルタイムで表示。

タクシーが無事予約されると、配車されるタクシーの車両番号と距離がマップ上に現れます。

タクシーとの位置関係画面

これすごいですよね!近づいてくる感じがわかります。

実際のタクシーの距離がわかるので配車までの時間がわかります。この間にちょっとトイレを済ませておこうとかができるわけです。

車両番号が記載されているので、乗り間違えることもありません。

支払いは電子決済なので目的地に着いたら降りるだけ。

正直ここが一番素晴らしい点です。

降車時は運賃を告げられるので「はい」と答えて降りるだけ。

そもそもタクシーって電子決済できる会社が少ないので、これはかなり楽です。

あのめんどくさい現金でのやり取り、お釣りの受け渡しなどがないのでストレスフリーです。

「JapanTaxi」を使ってみた感想・評価。

地方でもこんな便利な配車アプリが使えるのか!と驚きを隠せません。

一度登録さえすれば使い方はめちゃくちゃ簡単だし、他のタクシー会社がどんどん参入して来てくれればもっと素早く配車していけるんだろうなと思う。

てか、電子決済できるのが素晴らしすぎるので僕はもうこれしか使いわないと思います。

こういう需要が高まればJapanTaxiに登録していない会社はどんどんお客が離れていくのでは、と思います。

これって地元で使うよりも旅行先とかで使う場合が便利だと思います。

その土地のタクシー会社なんてよくわからないので、調べて電話するよりも、「JapanTaxi」を使って配車をお願いした方がすごく楽ですよね。

また、時間指定、場所指定しての予約も便利ですよね。

田舎でも使える便利配車アプリ。

熊本のような田舎でも対応しているのが素晴らしいと思う。

UBERとかは展開遅いし、LINEなんかは日本の企業のくせにちょっと出遅れているので地方の方はJapanTaxi是非利用してみてください。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

\「Japan Taxi」をダウンロード!/




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

ブログ運営者「月見 水太郎」をチェック!

熊本のプロブロガー月見 水太郎です!<>

看護師でありながら、ブログ運営で副業月収50万達成!さらに、フリーランスとなり、看護師とブロガーの2つの顔も持っている。

さらに初心者向けブロガーサロン(「凡人ブロガーサロン」)を運営中!

個人向け企業向けのコンサルも行なっています。熊本のブロガーや小売のお店でブログで集客したいと考えている方は、ぜひご相談ください!

Twitterでも情報発信していますのでぜひフォローもお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter