ノイジーマイノリティの多さに気付いた熊本地震。熊本人はなにも不謹慎だと感じていないのに。




スポンサードリンク

熊本地震に伴いたくさんの方、地域、企業から熊本に支援をいただいている。

本当にありがたいことだ。

美容整形クリニックで知られる高須クリニックの院長は自家用のヘリで支援物資を届けてくれている。

この行動力には感服するしかない。

しかし、残念なことに熊本地震の周りを「不謹慎」という言葉が飛び交っている。

ごく少数の不謹慎狩りというハンターが目を光らせているからだ。そのハンターは必要でもないのに不謹慎をハントして楽しんでいる。


スポンサードリンク

支援なんてどんな形でもいい。

被災地にいながら思うのは支援の形はすごくいっぱいあるんだなと。

募金もそうだし、高須院長のような直接的なボランティア支援、もちろん一般の方でも多くの人がボランティアとして名乗りを上げてくれている。

ふるさと納税もそうだ。

しかし、残念なのは芸能人の募金、企業の募金に関して非難の声が目立った。

いわゆる「不謹慎狩り」というノイジーマイノリティーだ。

紗栄子さんとファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する前沢友作さんがともに高額な寄付をしたところに端を発する。

ネット上では振込受付書の金額を隠さなかったことに「いちいち見せなくていい」「好感度を上げるために利用している」と異論が噴出。なかには「(前夫の)ダルビッシュ有からむしり取った月500万の養育費の一部だろ」といった声もあった。

【熊本地震】紗栄子「500万円寄付」…歪んだ不謹慎狩り

寄付することは良し。しかし、振込用紙をわざわざネット上にアップする必要はない。という所を不謹慎狩りに狩られている。

芸能人だからこそ、こう言った行為が偽善だと取られるのかもしれない。

僕ら被災地からすればどうだっていい話。

熊本は今復興に向け様々に活動している。しかし、それには確実にお金がいる。

僕の知り合いの話だが、傾いている半壊の家を持ち上げ、基礎工事をやり直すだけで400万ほどのお金がかかるそうだ。

ごく一般の家庭から400万をいきなり拠出するのは大変なこと。

そのためやはり支援がどうしても必要になる。

そんな状態の被災地からすればはっきり言って様々な芸能人が名乗りを上げて寄付してくれることは嬉しい。それ以外の感慨はないし、世間のノイズなどに反応することもない。

たとえそれが、芸能人の売名行為にしろ偽善だったにせよ。そのお金は間違うところに行かなければ熊本の復興のために使われるのだから、なんの問題はない。

多分不謹慎狩りをしている人たちの大半は熊本にゆかりも何もない人たちなのだと思う。

全く意味のない行為なのでやめてほしい。

ノイジーマイノリティの怖さ。

佐々木俊尚さんのこのツイートは結構反響が大きかったと思う。

このような不謹慎狩りをしているノイジーマイノリティ発言ってのは全体の0.5%よって行われているということ、素晴らしいぐらい個人の意見がネットでは増幅器になって広がっていくことを示している。

たったこれだけの声が、支援への行動を鈍らせてしまうのは本当に悲しいことだ。

熊本人からすれば「ありがとう」という言葉しかないのに。

月見的(@tuki_mizu)見解

芸能人によっては直接来た人は非難されないが、ツイッターなどでつぶやくだけの人は非難されやすい傾向にあるように思う。

しかし、どんな形にせよ行動を起こしてくれるだけで大きな支援になる。

それがたとえ指の操作だけだったにせよ良いのだ。

芸能人というのはたくさんのフォロワーを抱えているので情報を発信してくれるだけで十分な影響がある。

ありがたいことだ。

最後に言いたいのは直接被害を受けている熊本の人たちはそんな支援してくれている人たちに対して、なんら「不謹慎」だと感じていないということ。

今後もできるだけの支援を願いたい。一熊本人としての願いである。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。