ビックマックは紙包み(紙包装)で提供してもらえる事実が発覚!マクドナルドの最強裏技。




スポンサードリンク

マック歴25年の僕が最近まで知らなかった事実がある。

なぜ僕は今までこんな素晴らしい方法を知らずに生きて来たのだろうか。と恥ずかしくなる。

マックのビックマックは頼めば紙で包んでくれるのだ!


スポンサードリンク

ビックマックは頼めば紙包装にしてもらえる事実!

ビックマックは数あるバーガーメニューの中で完璧とも言えるバーガーであると僕は思う。

あの厚み、うまさ、見た目。どれをとっても最高レベルだ。

しかし、あの大きさのためなのかどうしても提供が紙箱。

そのために起こるのは素手でバーガーを掴まなければならないこと。そしてそれは中の具材、特に細切れにされたレタスたちの崩落を意味する。

これには万人が疑問に持つことだと思う。紙包みであれば何の問題もないのに。

でもこれ、実は注文時に頼めば紙包み(お店側ではラップという言葉を使っていた。)での提供が可能なのだ。

実際にドライブスルーで注文してみた。

「すいません。ビックマックって紙で包んでもらうこと可能ですか?」

「はい大丈夫ですよ!」

と言われて出て来たのが、

2016 12 07 13 42 30

すげー!紙包みだ。

実はこの注文時まで紙包みで頼めるのかは全く知らなかった。

ふと、僕の脳裏によぎった頼めばできるんじゃないのかという圧倒的発想。

それが実を結んだ結果なのだ。

開けてみる。

2016 12 07 13 42 46

まぎれもないビックマック。

横から見てみる。

2016 12 07 13 42 56

なぜか渡された時に縦に入れられていた関係で少し具材が寄ってしまっているが、確かに紙包みで包装されたビックマック。

2016 12 07 13 44 36

めちゃくちゃ食べやすい!

最後に言えること。

なぜか少し大きめのバーガーは紙箱にて提供してしまうマクドナルドだが、こういう要望に応えてくれるセンスはあったのだ。

どう考えても紙包みの方が持ちやすく、食べやすい。

ビックマックの特徴でもある細かく切られたレタスも余すことなく食すことができるのはやはり包み紙での包装でしかできない。

さて、ビックマックの紙箱に嫌気がさしている人はぜひ紙包み(ラップ)でお願いしますと頼んでみよう!

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter