ギターの弦の張り方(交換方法)とあると便利なグッズ紹介!




スポンサードリンク

タイトル画像
この記事では、ギター弦の交換方法と便利な交換グッズ、初心者におすすめの弦をご紹介しています。。
月見 水太郎
ギターがたまらなく弾きたくなったので、久しぶりに弦交換したよ!

ギターを始めたばかりの人が、最初に通る難関がギターの弦交換。

最初は楽器屋さんに習ったけど、いざ1人でやろうと思ったら怖い

ってこともあると思います。

そこで、今回はギター弦の一般的な張り方と、弦と一緒に購入しておくと便利な交換グッズをご紹介します!


スポンサードリンク

ギターの弦の種類と初心者のおすすめ弦

種類=太さ(硬さ)

ギターの弦は大きく分けると、素材、太さに違いがあります。

月見 水太郎
ただ、最初の内に一番気になるのが太さです。
弦の種類

Super Light(スーパーライトゲージ)
Regular Light(ライトゲージ)
medium(ミディアムゲージ)
Heavy(ヘヴィゲージ)

メーカーによって呼び方が変わったり、種類がもっと多くなったりしますが、大抵はこのサイズ感の中から選択することが多いです。

基本的には、スーパーライトゲージ→ヘビーゲージに向かうほど、弦が太くなり、硬さが増します。

もちろん太い方が切れにくくなりますし、音質に厚みが出るので一般的に良い音になりやすいです。

ただ、初心者の間は硬い弦はめちゃくちゃ弾きづらいです。

特にバレーコード(Fなどの人差し指で全ての弦を抑えるコード)は、鬼のごとき難しさです。

月見 水太郎
だから、スーパーライトゲージのような細く柔らかい弦にするのがおすすめ!

最低でもこれがあると便利な交換グッズ

やろうと思えば、何もない状態からでもギターの弦の交換はできます。

月見 水太郎
だけど便利グッズがあった方が良いです。

本格的にギターを練習すると、ギターの弦は結構交換することが多いです。

回数が増えれば、便利グッズがあった方が効率が良いのです!

ペグ回し(ストリングワインダー)

ギターの弦を交換するときにペグを回すアイテム。

手回しでも全然OKなのですが、6個全て回そうと思うと結構な手間。

月見 水太郎
これがあるとめちゃ簡単です。

ピン抜き(ピンプラー)

ピン抜きは弦をホールの下で固定するためのブリッジ部分を抜くために使います。

これは正直無いと結構辛いです。

ギターの弦を固定しておくための部分なので、手で引き抜くのは結構骨が折れます

月見 水太郎
これは絶対あった方が良い!

ニッパー(ストリングスカッター)

これは無いとギターの余った弦が切れないので必須に近いアイテムです。

別に弦専用のカッターじゃなくてもOKです。

ニッパーと呼ばれるものであれば大抵のもので切れます。

1つで3役の優れものグッズ!

これら弦交換の3種の神器がなんと1セットになったアイテムがあります。

これ1個買っておけば、ピン抜き、ペグ回し、弦カットの全てに対応しています。

月見 水太郎
昔はこんなのなかったんだけど、Amazonで探したらこんなに良いグッズを発見!

これは便利ですね。

実際にギターの弦を張り替えてみた!

それでは実際に弦を張り替えてみようと思います。

ギターのホール
月見 水太郎
レッツ弦交換!

まずは弦を緩める。

まずは張ってある弦を緩めます。

もうれつに緩めていきます。

ペグ 緩んだ弦

外れた弦の先は手に刺さったりするので、マジ注意です。

月見 水太郎
まじで注意だぞ。刺さったら痛いぞ。

続いてピンを抜きます!

先ほど紹介したピン抜きを使うと楽なのですが、ピン抜きがない人にも簡単に取れる方法をご紹介!

ブリッジ

コインを使ってテコの原理で外しましょう!

コインでピン抜き

それでも外れない場合は、ホールから手を突っ込むとピンの根っこ触れるので、押して外しましょう。

ホールの中に手を入れている所

フレットや指板を拭きましょう!

弦を張ってる間は、ネックの部分など掃除ができないので弦交換の時にしっかりと拭きましょう。

少し濡れたタオル+乾拭きもしくは、専用の洗浄剤を使いましょう。

ネックを拭く

クリーニング専用のグッズも販売されています。

クリーナーはこんな感じですが、しっかりと拭き取り乾燥するなら中性洗剤でもOKです。

ギターの艶出しやクリーナーとしては「ギターポリッシュ」というものがあります。

created by Rinker
Fender(フェンダー)
¥786 (2019/08/24 07:03:38時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはギターメーカーフェンダーが作っているもので、Amazonで比較的安価で購入できそうだったのでご紹介します。

月見 水太郎
ここぞとばかりにクリーニングしましょう!

弦を取り付けていきます!

月見 水太郎
クリーニングが終わったら弦を取り付けます!
カスタムライトの弦

今回使うのはMartinのカスタムライトというかなり柔らかい弦です。

久しぶりにギターを弾くので、柔らかめの弦をチョイス。

月見 水太郎
これ初心者の人におすすめです。

カスタムライトという柔らかさで、エクストラライトゲージよりも少しだけ硬い弦です。

弦の根元はこのようにピンで固定できるようになっていて、この部分を穴に押し込んでピンを挿します

ブリッジの穴 ピン

強く奥まで押し込みます。

奥まで押し込んだら、先端をペグの穴に通します。

月見 水太郎
このときに、弦をピンピンになるまで入れてしまうと回せなくなるので、ピンピン状態から2.3cmくらい抜いてからペグを回します。
ギターのネック 弦が取り付けられたギター

あとは同じように全てに弦を取り付けていきます。

下の画像で、右上のペグから反時計回りに1弦〜6弦の並びになっています。

ネック
月見 水太郎
間違えないように注意しましょう!
ブリッジ ブリッジ

これで完成!

あとは余った弦を切るだけ。

最後にニッパーで余った弦をカットします。

この時も弦が刺さらないように注意しときましょう。

ニッパー

根元ギリギリで切っても大丈夫です!金属の弦ならほどけてしまうことはないです。

これでギター弦の交換も大丈夫!

これで心置きなくギターを弾くことができます。

くまモンピック
月見 水太郎
勢いで買ったくまモンピックが火を噴くぜ!

ということで、ギターの弦交換の参考になればと思います。

ぜひ一度お試しあれ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

\音楽関連記事はこちら!/

合わせて読みたい

「Bose SoundLink Mini II」レビュー!2万円で買える最高のワイヤレススピーカー。 | つきみず書庫

合わせて読みたい

夏フェスの服装で注意するところはこれだ!フェス前に必ず準備しておこう! | つきみず書庫

合わせて読みたい

熱中症対策!夏フェスに必ず準備しておきたい便利グッズをまとめた記事! | つきみず書庫




スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。 月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。 医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。 お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。
メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com
twitter facebook follow us in feedly RSS twitter