「ディアウォール」で壁を傷つけずに棚作り。1から作り方を解説します。




スポンサードリンク

2016 11 12 16 38 33

家の本棚パンパンになってきたのでそろそろ本棚を買い足そうかなと思っていたら、ネットで面白いものを見つけたので、買ってみた。

ディアウォールというもので、なんと賃貸に住んでいる人には嬉しいことに壁を傷つけずに棚を作成することが可能なのだ。

どうやって?という疑問もあろう。

では早速作り方をご紹介。


スポンサードリンク

先ずはホームセンターへ

ディアウォールを使うにあたってまず買わないといけないものがいくつかある。

2×4材(ツーバイフォー材)

2016 11 03 15 47 15

木材を販売してあるホームセンターならまず間違いなくあると思うが、2×4材とは木の断面が2インチ×4インチの木材の総称だ。

僕の家の最寄りのホームセンターでは木の種類と2×4みたいな感じで丁寧に書かれて売られていた。

僕も木のことはよく分からないけど、問題なく購入することができた。

木の長さについてだけど、棚を作りたいところの地面から天井までの垂直の高さを測ってそれから40mm引いた長さを購入する。

メーカー添付の説明書には45mm引いた長さと書いてあるが、アマゾンレビューで40mmの方が固定力が増すと書いてあったのでその通りにした。

後述するが40mmで問題なく作れた。

ちなみにお店には長短様々なサイズが売ってあるが、短いものを2本買ってもいいし、長いもの1本から2本分を切って買ってもいい。

多分長いものを2分割する方が無駄が少なくなるのでローコストで買えると思う。

レール(棚柱)・棚受

2016 11 03 15 52 39

説明するよりもみてもらった方が早いと思う。

こんな感じで柱にネジで止めて好きな高さに棚を置くことができるもの。

2016 11 03 15 59 48 2016 11 03 15 59 51

こちらは種類がたくさんあって迷うかもしれないが、基本的には柱の長さに合わせて買うしかない。

このとき注意する点があって、柱の両端にはディアウォールがくっつくので両端から15cmくらいは差し引いて余裕を持った長さで購入する必要がある。

木材も棚柱もホームセンターならワンカット数十円で切ってくれるので長さは微調整できる。

2016 11 03 15 47 04

並んでいなければすぐに数分でカットしてくれる。

棚板はこの棚受けの長さを測って購入しよう。

ドライバー・釘

ディアウォールを作る上でネジをどうしても木に打ち付ける作業が必要になる。そんな時にもちろん手回しでもやれるのだけど、これがあったら便利というのが電動ドライバー。

インパクトまではいらないと思うがある程度締め力のあるドライバーが一個あると便利。

僕はBOSCHの「PSB10.8LI-2」を買ったんだけど、結構スマートで使い易い。

棚柱を木にネジで固定するだけなので普通の手回しのドライバーでも問題はないけど、女性の方には少しきついかも。

一応手回しの場合はこういうグリップが掴み易いものがオススメ

2016 11 19 18 52 43

僕も600円ぐらいのものを買っている。ちょっとしたものはこれで十分。

釘は棚柱の釘穴と木にへのアプローチの長さから適当なものを選んで買っておけばいい。

横から見て木材の1/2ぐらいは釘が入るような長さのものを買っておいた方がいい。それだけの長さがあれば十分な本棚が作れる。

さて棚を作ろう!

それぞれのもの早速使って棚を作っていく。

今回僕が家の棚を作りたい場所が、ダイニングのテーブルとキッチンカウンターの隙間と

2016 11 19 18 45 40

キッチン裏手のカウンターのこの上の部分。

2016 11 19 20 35 10

先ずはダイニングテーブルの隙間から。

2016 11 19 18 47 05

ダイニングテーブルの下はこのように入りきらないマンガ本であふれている。ここに棚を作る。

2×4材の中心を測って印をつけていく。

2016 11 19 19 01 12

中心に点をつけて棚柱が中心に来るように中心に点を2点つける。

全体の長さから棚柱の幅を差し引いて2で割る。その長さを両端から測って2点を鉛筆で印をつければ中心になる。

例えば2×4材の89mmの横幅から棚柱8mm分を差し引くと81mmそれを2で割ると40.5mm。

それを両端から測って2点つければいい。

同じように2〜3箇所に点をつければより精度高く中心に棚柱を取り付けることができる。

2016 11 19 18 49 10

棚柱を木材に手でしっかりと固定しながらネジを押し込んでいく。

2016 11 19 19 09 26

固定できたらディアウォールを装着していく。

2016 11 19 19 14 55

40mm短くカットしておけばかなりの固定力があると思うが、固定してグラグラするようであればディアウォール付属の調整板を入れて微調整していく。

2016 11 12 16 40 20

画像左の板を一枚ずつ入れて長さを微調整できる。

さて柱を立てるぞー!

2016 11 19 20 05 28

両サイドに綺麗に柱を立てることに成功。

2016 11 19 20 09 59

自分の置きたい高さに棚受けを設置して棚板を載せていく。

2016 11 19 20 12 30 2016 11 19 20 14 56

僕は一番上には雑誌を置きたかったのでちょっと広めのスペースをとった。写真の雑誌は熊本の有名なタウン雑誌「タンクマ」。

2016 11 19 20 17 21 2016 11 19 20 30 55 2016 11 19 20 31 06

圧巻の棚完成!

2016 11 19 20 32 50

ダイニングテーブル横のデッドスペースに見事な本棚ができた。

続いてキッチン裏の調味料などを置く棚を設置。

2016 11 19 20 45 31 2016 11 19 20 45 08

先ほど同様柱をはめ込んでから、棚を作っていく。

2016 11 19 21 44 29

素晴らしい収納力!

最初はキッチンカウンターと天井にディアウォールを固定しようかと思ったんだけど、固定が甘くなると怖かったので地面から天井に固定した。

2016 11 19 20 46 50

その関係でキッチンカウンターと壁の間に隙間ができるので物が落ちないように注意しておいた方がいい。

しかし、これだけの乱雑においてあった色々な調味料がすごくスッキリした。

2016 11 19 20 35 21 2016 11 19 21 44 29

棚はもう少し拡張できるので、また増えてきたら増やすこともできる。

最後に言えること。

素晴らしいなディアウォール!

賃貸のネックである壁に穴を開けれないという弱みを完全にカバーできる代物。壁を傷つけず棚が作れるという素晴らしい商品だ。

そしてDIY要素もあるので、普通に棚を買うよりも全然安い。多分二つの棚を作って10000円かかってないんじゃないかな。

この手の棚をその辺の家具屋で買っていたら2〜3万ぐらいは余裕でかかるのでコスト面からも優秀というほかない。

しかも見た目を結構綺麗。

賃貸で棚を作りたかったらディアウォールをお試しアレ。

それでは、月見水太郎(@tuki_mizu)でした。

ハンガーラックはディアウォールで作れちゃう!ジャケット掛けも簡単にDIYだ。

2017.02.02

食洗機を狭いキッチンでも設置する方法!食洗機置き台が便利すぎるぞ。

2017.07.08

DIY初心者にオススメBOSCHの電動ドライバーはこれを使え!

2017.01.25

記事内の商品




スポンサードリンク

\心の底からシェアして欲しい。/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

現役看護師ブロガーです。毎日を最適化して自由に生きるための情報発信をしています。

月間10万人以上に読まれるブログ「つきみず書庫」を運営中。

医療・看護師関連の未来の働き方についても情報発信しています。

お仕事のご依頼はメールかTwitterのDMからよろしくお願いします。

メールアドレス:tukimimizutarou@gmail.com

twitter

facebook

follow us in feedly

RSS

twitter